知恵袋

沐浴は洗面台でやって大丈夫?衛生面が心配ならマットを使うべし!

投稿日:

Sponsored Links

生まれてすぐの赤ちゃんは抵抗力が弱いので菌に感染しやすいです。なので赤ちゃんは大人と同じお風呂に入ることは難しいです一緒に入りたい気持ちもわかりますが、やはり抵抗力の弱い赤ちゃんは沐浴がいいです。

沐浴でもお風呂でする方や洗面台でする方もいます。正直なところ、沐浴は洗面台でやる方がいいという方が多いようなのですが、どうしても衛生面が気になります。洗面台で沐浴をするためには赤ちゃんの衛生面を考えてあげるのが一番なので、洗面台でそのまま沐浴をするのは良くないです。

大人とお風呂に一緒に入らない理由は菌の感染を防ぐためなので、洗面台で沐浴をするときも菌の感染を防ぐ対策が必要です。

そのために洗面台にマットを敷いて洗面台に直接お湯を入れずに沐浴するケースが殆どです。洗面台で赤ちゃんの沐浴をするときのおすすめマットを紹介します。

Sponsored Links

赤ちゃんの沐浴は1日に1回

赤ちゃんは汗の他にもおしっこなどの汚れもあります。ムレや湿疹、汗をかくとあせもになることもあるので、1日に1回は最低でも沐浴をしてあげましょう。

私たち大人も1日に1回はお風呂に入りますよね。赤ちゃんは先ほどもお伝えしたように、抵抗力が低いので菌が感染しやすいので清潔に保ちましょう。

沐浴はいつまで?

赤ちゃんの沐浴は生後1ヶ月ほどで大丈夫です。なので沐浴のために大金を使う必要はありません。最低でも赤ちゃんの体を考えて清潔に沐浴できる環境を整えてあげましょう。

生後1ヶ月以降は大人と一緒にお風呂に入ることも可能ですが、少し心配だ!という方は生後3ヶ月程度まで沐浴することもあるようです。

なので沐浴は生後1ヶ月〜3ヶ月間するのが一般的ということになります。

沐浴を洗面台でするメリットは?

沐浴をするときはベビーバスというものを使う方も多くいます。ですが、一人目はベビーバスを使って二人目は洗面台で沐浴をするというケースが多くいます。ベビーバスを使って沐浴するときに例えば洗面台から少し離れたところだと、お湯を運ぶのに苦労します。そして沐浴は普段大人が入るお風呂の温度よりもさげるので、沐浴の準備中に温度が下がってしまう場合があるので、ベビーバスを購入して使うのはあまりお勧めではありません。

その点洗面台で沐浴をするときはお湯の温度を調節して洗面台にマットをセットして赤ちゃんを乗せます。そして沐浴専用のボディーソープで綺麗に清潔に洗ってあげればいいので、やはり沐浴は洗面台にマットを敷いて洗ってあげるのが赤ちゃんに取っても準備する時間や手間を考えるといいのかなと思います。

洗面台で沐浴をするときのマットの選び方は?

洗面台で沐浴をするときに、どんな基準でマットを選べばいいのか?というところが悩みどころです。沐浴のマットを購入するときに、

  • どこに片付けるのか?
  • 洗面台の大きさは?

こちらの2つを考えていきます。ベビーバスだと大きさがありますので、片付ける場所に悩む人が多いです。さらに洗面台付近でやろうとも、そのままお湯を注げるホースなどがないとやはりお湯を運ぶ手間がかかります。その間にお湯が冷めてしまっては赤ちゃんが可哀想ですし、冷める前提でお湯の温度を上げて結局熱かったなんてことがあっても嫌ですよね。

その点を考えて沐浴のマットを購入してみてください。

オススメのマット紹介!

サマー インファント コンフィ バススポンジ

Sponsored Links

商品名:サマー インファント コンフィ バススポンジ

値段:999円(送料別)

公式サイトを見てみる

こちらのマットは赤ちゃんの形にスポンジが凹んでいる作りになっているので、首や背中をしっかりサポートしてくれます。さらに素材がスポンジなので洗いやすく乾きやすいので、沐浴をした後の処理が簡単にできます。

リトルプリンセス

商品名:リトルプリンセス

値段:4071円(送料無料)

公式サイトを見てみる

花柄の可愛らしいデザインなのが特徴。色もピンク、イエロー、ブルー、グリーンの4種類があるので好みのカラーを選んでみてください。先ほどのスポンジのマットよりも値段が上がりますが、赤ちゃんが沐浴中に落ちないように花びらでガードすることができます。

Blooming Bath ブルーミングバス バススポンジ

商品名:Blooming Bath ブルーミングバス バススポンジ

値段:1404円(送料別)

公式サイトを見てみる

上の沐浴のマットと同じ柄のスポンジです。沐浴の時間が楽しくなります^^プレゼント用でもいいかもしれませんね。

まとめ

洗面台で沐浴をするときのオススメのマットを紹介しました。他にも店舗などでいいデザインのものや素材のものがあったら使ってみてください。

Sponsored Links

関連記事

o157の潜伏期間は?小児や赤ちゃんは治るまで時間がかかる?

Sponsored Links o157の感染のニュースは毎年全国各地で起こりますよね。注意をしていても起きてしまうo157は小児や赤ちゃんに大きな影響を与えます。 特に保育園や幼稚園、小学校などの大 …

スタンプネイルを100均(キャンドゥ,セリア,ダイソー)で!やり方やコツは?デザインの種類まとめ!

Sponsored Links スタンプネイルというものをご存じでしょうか。ネイルというとネイルサロンで爪を綺麗なデザインにしてもらうのが一般的のように思われますが、今やあの100均でネイルの材料が購 …

ウェルシュ菌,食中毒,症状,潜伏期間

ウェルシュ菌による食中毒の症状は?潜伏期間はどのくらい?

Sponsored Links ウェルシュ菌による食中毒はニュースでも取り上げられますよね。 一人暮らしても家族と一緒に暮している方でもカレーを作る時どうしても作り過ぎてしまう!なんてことがあるかと思 …

お小遣い

子供のお小遣いは何歳から?平均や相場はいくらくらい?

Sponsored Links 子供が大きくなるとお小遣いをどうするのか迷いますよね。多く金額を与えるといいことなさそうですし、少なすぎてもお小遣いの意味がないように思えます。では、子供のお小遣いは何 …

赤ちゃんの沐浴は何度が適正?温度計がない時の対処法とは?

Sponsored Links 赤ちゃんの沐浴は何度が適正なのか最初はわからないですよね。赤ちゃんがお湯の温度が熱かったり温かったりしても言葉でその思いを伝えることはできません。 赤ちゃんを沐浴するの …