FODで好きな動画を今すぐ無料で視聴!モンテクリスト伯やコンフィデンスマンJPも今すぐ観れる!

赤ちゃんの沐浴は何度が適正?温度計がない時の対処法とは?

赤ちゃんの沐浴は何度が適正?温度計がない時の対処法とは?
Sponsored Links

赤ちゃんの沐浴は何度が適正なのか最初はわからないですよね。赤ちゃんがお湯の温度が熱かったり温かったりしても言葉でその思いを伝えることはできません。

赤ちゃんを沐浴するのは始めは緊張しますし、しっかり適性の温度で洗ってあげたいですよね。沐浴で一番気をつけたいのはやはりお湯の温度です。

洗い方なども大事ですが、赤ちゃんが不快にならないようにお湯の温度は気をつけて下さい。できれば温度計でお湯の温度を測ってあげるのが一番いいのですが、必ずしも手元に温度計があるわけではありません。

そして沐浴をする際にベビーベットを購入する方もいますが、ベビーベットをでやる場合、お湯を運ぶ作業があるので、沐浴をするまで時間がかかりますし、何より沐浴の準備をするまでにお湯の温度が変わってきてしまいます。それを見越してお湯の温度を少し高くして準備するのも怖いですよね。

今回は沐浴をするときの正しいお湯の温度と温度計がないときはどうすればいいのかについて紹介していきます。

Sponsored Links

沐浴をするときの温度は何度が一番いいの?

私たち大人になればお湯を浴びている時に熱かったら温度を下げて、温かったら温度を簡単に上げることができますよね。しかし赤ちゃんはできませんので、沐浴のときの温度はズバリ、夏場は38〜39度がいいです。そして冬場は寒いので40度がいいです。

少しお湯の温度が低くないかな?と思われますが、赤ちゃんを沐浴するときの温度は少し温めがいいのです。

沐浴のお湯がぬるい理由とは?

夏場で38〜39度、冬場で40度となると普段私たちがお風呂に入るときよりも温度が低いかと思います。温いお風呂も好きですが^^

しかし赤ちゃんの沐浴のときのお湯の温度が低い理由はまだ赤ちゃんの肌が弱いため、高い温度のお湯だと肌トラブルの原因になってしまうのです。

なので、熱いお湯ではなく少し温い温度で沐浴をするが赤ちゃんの肌を守ることにつながるのです。

温度計がない!そもそも必要なの?

沐浴をするときのお湯の温度が夏と冬で変わるということをお伝えしました。お湯がそれらの温度になるようするには温度計が必要なのではないか?と思われますが、家に給湯器がついているなら温度計は必要がないです。

夏場なら給湯器を39度に設定してお湯を入れてください。冬は40度に設定してお湯を入れれば温度計がなくても大丈夫です。

沐浴のお湯を自分で測る方法

測る方法と言っても難しくないです。肘の内側が温度に敏感なので、一度手を清潔にしてから貯めたお湯に手を入れて肘の内側で熱く感じなかったら沐浴OKです。

沐浴の温度を測るときは正直そこまで神経質にならなくてもいいです。給湯器があれば温度計は必要ないですが、もしどちらもない場合は自分の肘の内側に当てて熱くなったら大丈夫です。

沐浴は洗面台でやって大丈夫?衛生面が心配ならマットを使うべし!
生まれてすぐの赤ちゃんは抵抗力が弱いので菌に感染しやすいです。なので赤ちゃんは大人と同じお風呂に入ることは難しいです一緒に入り...

沐浴は短時間で!

沐浴は短時間でサッ!と終わらせましょう。というのもお湯を適性の温度で準備しても沐浴の時間が長いとお湯の温度はだんだん下がっていきます。そうなると赤ちゃんに悪影響になるので、沐浴は短時間で終わらせましょう。

沐浴の時間は5分程度が好ましいです。5分あれば赤ちゃんの体を綺麗に清潔にできますし、お湯の温度もそこまで下がらないです。

何か5分程度で終わる音楽を流しながら沐浴をするといいかもしれません。

このようなオルゴール系の音楽は赤ちゃんが喜ぶので沐浴中に流るのもいいかもしれません♪

知恵袋カテゴリの最新記事