寺尾玄(バルミューダ)の経歴や高校を調査!結婚やバンド活動の過去も!

寺尾玄(バルミューダ)の経歴や高校を調査!結婚やバンド活動の過去も!

寺尾玄さんがカンブリア宮殿に出演するということで経歴や出身高校、結婚しているのかやバンド活動をしていた過去について調べていきます。

高くても売れる家電を販売するバルミューダ株式会社の社長、寺尾玄(てらおげん)さんは過去に高校中退しバンドを活動をしていた過去があります。

そこから会社の社長をしているわけです。作られた家電製品はグッドデザイン性を受賞するなど機能だけではなくデザインも評価されるなど、高校を中退してバンド活動をしていた方が寺尾玄さんの会社バミューダはキッチンやリビングのインテリアとしても活躍します。

では、寺尾玄さんの経歴や中退した高校がどこなのか、結婚して子供もいるのか、バンド活動をしていた過去について紹介していきます。

では、チェックしてみてください!

Sponsored Links

寺尾玄のプロフィール

出典:bizcompass.jp

まずは寺尾玄さんのプロフィールを紹介します。

名前 寺尾玄(てらお げん)
出身地 茨城県龍ケ崎市
生年月日 1973年7月25日
血液型 A型

寺尾玄さんのプロフィールはこのようになっています。

寺尾玄の経歴がすごい・・・!

出典:worksight.jp

寺尾玄さんの母親はフラワーコーディネーターで父親が洋ランの栽培農家をしていたそうです。その両親から「人とは違うことをしなさい」と教えて育てられてきたようです。なかなかそのようなことを言える親はいないですよね。周りの人と違うことをすれば怒られてしまう家庭がほとんどなのではないでしょうか。

そんな中、両親に人とは違うことをするようにと教育された寺尾玄さんは高校に進学をするも中退します。そのあとはスペインやイタリアなどヨーロッパを中心に放浪の旅に出ています。中退した年齢が17歳とのことなので、放浪の旅をしたのも17歳18歳の頃だと思われます。

この年齢でヨーロッパに放浪の旅に行けるのは普通の生き方を要求しなかった両親の元で育った寺尾玄さんだから出来たことなのかと思います。このような経験もいいですよね^^

ヨーロッパから帰国した寺尾玄さんはバンドを始めます。ギターを購入し弾き方など独学で取得していきます。この独学でスキルを取得していく姿は後のバルミューダを設立する前のものづくりに繋がります。ものづくりに関しても寺尾玄さんは独学で学んでいたようですね。

ギターを独学で弾けるようになり曲を録音して音楽の事務所に自ら送り契約まで漕ぎ着けたみたいです。これだけでもすごいのになんとレーベルとメジャーデビューの契約までしたようです。

ここまでで分かるのは寺尾玄さんの行動力は普通の人よりも何十倍もあるということです。行動力があれば失敗も増えますが成功も増えますよね。何か行動しないと失敗もしませんが成功もしない寺尾玄さんの生き方は学ぶ必要がありそうです。

1999年に寺尾玄さんは「Beach Fighters」というバンド名で活動していましたが残念ながら解散になってしまいメジャーデビューの道を断たれました。

1999年に音楽の道が絶たれたということは、この時の寺尾玄さんの年齢は26歳です。26歳で音楽の道を断たれて次に何をするかと考えたときに普通は何を考えるでしょう。ぼくなら普通にそこらへんの会社に就職するか音楽関係のお仕事に就くか、安定的な道を選びそうなものです。

しかし寺尾玄さんはオランダのデザイン雑誌を読み「自分もやってみたい」とさらに行動されます。バルミューダの元になるものづくりを勉強されたのです。

工場に自分が作った図面を持ち寄り機械を借りて使い方を独学でマスターしていったようです。このものづくりも音楽の時同様に何もない所からのスタートだったはずです。デザイン等については母親がフラワーコーディネーターをやっていたこともあり多少は力になってもらえたかと思います。

と思ったのですが、寺尾玄さんの両親は小学5年生の頃に離婚されています。父親に引き取られた寺尾玄さんは母親と月に一度は会っていたそうです。

その後母親は仕事でアメリカに行き半年間アメリカの大学の聴講生になり帰りのハワイでシュノーケリングの最中に溺死してしまったようです。

父親も離婚後洋ラン栽培農家を辞めて陶芸家の道に進まれたりと色々なことをしているようです。

寺尾玄さんもそうですが、両親もかなりの自由人だったようです。「人と違うことをしなさい」という教育はこの両親だったら説得力があり寺尾玄さんの今を作っているのでしょう。

そして寺尾玄さんは2003年にバルミューダを設立されます。ちなみにヨーロッパ帰国後に組んだバンド「Beach Fighters」はドラムの奥村さんという方が脱退したことで解散になったようです。その奥村さんは現在バルミューダで働いているようです笑。

バルミューダでは様々な機能面とデザイン面が秀でている家電製品がありますが、2010年に発売された「Green Fan」という扇風機があります。少ない電力で静音性能がありコードがないのに長時間稼働する扇風機です。

Sponsored Links

電力が少ないと家庭的に嬉しいですし静音性能があれば夜もタイマーを設定しておけば静かに寝ることもできます。コードもないのでペットを飼っている家庭でも安心して使うことができます。赤ちゃんがいる家庭も安心ですよね。

しかもデザインも素敵なのでお部屋のインテリアにもなりますね。プレゼントなどで送るとかなり喜ばれるのではないでしょうか。

グリーンファン 2017年モデル はこちら

他にも素敵なデザインのトースターも販売されています。

寺尾玄の高校はどこ?

中退しヨーロッパへ旅に出かけた寺尾玄さんはどこの高校に通っていたのでしょう。調べてみましたがどこの高校に通っていたかは情報がなく分かりませんでした。おそらく公表されていないのでしょう。

しかし寺尾玄さんの出身地は茨城県龍ヶ崎市なので市内の高校に通っていたとすると「竜ヶ崎第一高等学校」「竜ケ崎第二高等学校」「竜ケ崎南高等学校」「愛国学園」があります。この中の高校に通っていた可能性がありますね。

もちろん市外の高校に通っていた可能性もあります。

寺尾玄は結婚して子供がいる?

寺尾玄さんが結婚して子供がいるという確かな情報はないものの、過去にインタビューで「ウチの小学生の子供・・・」と話している部分がありました。なので子供がいるので結婚経験はあるようです。

しかし奥さんや子供についての詳しい情報はありませんでした。どのような方なのでしょう。寺尾玄さん同様に自由な方なのでしょうか^^

まとめ

バルミューダ株式会社の社長、寺尾玄さんの経歴や高校、結婚やバンド活動の過去について紹介しました。

個人的には寺尾玄さんの経歴というか生き方がものすごい読んでいて面白かったですしワクワクしました。そんな寺尾玄さんが本を出していたら是非読みたいと思い探してみると2017年4月21日に「行こう、どこにもなかった方法で」という本を出版されていました。

扇風機やトースターで大注目の「バルミューダ」、心躍る創業ストーリー! 自然に近い風を生みだす夢の扇風機。世界一おいしいパンが焼ける感動のトースター。斬新な発想で家電を再発明し、卓抜したデザインで人々を魅了し続けるバルミューダは、いかにして生まれたか。ロックスターになりたかった若者が、ものづくりに新たな夢を見いだし、大ヒット商品を生みだすまでの興奮と驚きに満ちた道のり。

ロックスターになりたかった若者が、創業。夢の扇風機や感動のトースターを生み出し、人々を魅了し続けるバルミューダの原点。ワイルドサイドを疾走する男の波乱に満ちたストーリー!

Sponsored Links

引用元:行こう、どこにもなかった方法で

興味がある方は読んでみてください^^

行こう、どこにもなかった方法で [ 寺尾 玄 ]

こちらも読まれています♪

東海オンエアまとめ

CTA-IMAGE 東海オンエアのメンバーの気になることをまとめています。

起業家カテゴリの最新記事