子供が10歳までに学んでおくべきこと

子供が10歳までに学んでおくべきこと
Sponsored Links

10歳までの子供はマナーや分別、その子自身の性格や価値観などの人間の基礎的部分が出来上がると言われています。そのためこの時期の子供の教育はしっかりとやらないといけないのです。

なので小学校の頃の教育がかなり大事ということになりますね。

もちろん誰もが自分の子供にはしっかりとした大人になって欲しいですし、いい子に育って欲しいと思う気持ちはあります。しかしそのような子供に育たない教育をしている親がかなり多いということをご存知でしょうか?

今回は子供が10歳まで学んでおくべきこと5つを紹介していきます。

では、チェックしてみてください。

Sponsored Links

いつでも子供の味方でいること

子を持つ親の中には自分の子供よりも先生や友達の言っていることを信じてしまう人もいます。確かに仕方がないことなのかもしれませんが子供の教育という意味では正しくはありません。

このように子供の言うことを信用せず周りの人のことを信じてしまうことが続くと、子供は将来、自分自身を信じることが出来ず不安に思うことが多くなってしまいます

もちろん子供の言うことを全て信じるのではありません。子供が悪い時もありますが、そのような時は怒ったりはせず何が間違っているのかを冷静に教えることが重要です。

子供が間違っているかと言って怒って突き放すのではなく、親はいつでも子供の味方だ!ということを理解してもらうことです。

何か子供に問題が起きた時に一緒に解決をする姿勢が見られれば、子供は自然と親に心を開いてくれるでしょう。

わからない時は質問する

質問をするのは子供の頃に学ぶのが一番です。質問が出来ると学校で学ぶことが出来ますね。知らないことをそのままにするよりもわからないことはしっかり理解する方が子供の将来に役に立つことを教えてあげましょう。

大人になってから質問が出来ないと社会で孤立するどころか仕事ができないと見られクビになる可能性だってあるのです。わからないことをそのままにするのはものすごくデメリットです。

好成績よりも理解することの重要性

子供がテストや成績が良くない結果だと怒ってしまう親も少なくはありません。このような時は成績に目がいきがちですが大事なのは勉強をして得た知識です。

成績やテストの点を上げることも大事だとは思いますが、親の役目は学ぶことによって得た知識が成績よりも将来的に役に立つということを教えてあげることです。そして子供に対して「よく頑張ったね!」と褒めてあげることです。

子供は子供なりに頑張っています。その結果、テストの点数が100点の子もいれば50点の子もいるのです。しかしどちらの子も頑張っているし、ただ理解が足りなかっただけなので、まずは子供の頑張りを褒めてあげることから始めましょう。

テストでいい点を取ることを期待すると子供は疲れてしまい勉強が嫌いになってしまいます。そうなると自発的に勉強をしなくてなるので子供的に親的にもメリットはありません。

子供のお手本になる

親は子供にとて人生のお手本になる必要があります。もし子供が思いやりのある子に育って欲しいのであれば、親がそれを明確に示さなければなりません。そのためにはまず親が思いやりの有る人間になり、年齢や性別、社会的地位に関係なく他人と接するところを示すことです。

それと親でも間違ってしまったら素直に謝ることをが大事です。

子供に対して理不尽に怒るのではなく、しっかり謝ることができれば将来心の問題に発展することがなくなります。

間違うこと(失敗)を恐れない

親なら誰でも子供にには才能に恵まれ幸せに育って欲しいと思うものです。確かにわかりますが成功だけを求めて失敗を避けるのは間違っています

大事なサッカーの試合で子供がゴールを決めれずに「なんであそこで外したの?もう少しで勝てたのに!」と罵倒してはいけません。こんなことを言ってしまったら子供は親のことを嫌いになりますし、サッカーも嫌いになるでしょう。

親が言った何気ない一言で子供自身の才能を潰していることなんて良くあると思います。

大事な試合でゴールを決められなかったとしても、そのような時もあるということを教えてあげることが大事です。そうすればやり直して改善するということを学び新たなステップへと行くことができるようになるのです。

10代で大富豪になった人まとめ
ネット社会になった現代でインターネットを使って誰でも素晴らしいアイディアや物を作り広めることで多くの収益を生み出すことが簡単に...

子供が10歳になる前に読んでおきたいオススメの本

読解力というのは学校で勉強する時に必須のスキルです。どのようなことを質問されているのかが分からなければ答えることもできません。これは私生活でも同じことが言えません。

その子供の読解力を育てるためには読書の量で決まるのです。読書することによってたくさんのストーリーを体験できますし、そこで起きる試練や困難を解決することが出来ます。

そこでオススメする本が『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』です。

東大生になる人も子供の頃にたくさんの本を読んでいます。本を読めば東大に行ける子供になるというわけではないの注意してくださいね。これもまた子供にプレッシャーを与え苦痛に感じ本を読まなくなってしまいます。

子供を変える前に、まずは自分が変わるべきです。

Sponsored Links

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!【電子書籍】[ 松永暢史 ]

2018年春ドラマ

CTA-IMAGE 2018年春ドラマのあらすじやキャスト、ネタバレについてまとめています。さらに見逃してしまった話を無料で観る方法も紹介しているので、チェックしてみてください!

読んでためになる話カテゴリの最新記事