コーヒーが人間の脳に与えるダメージとは?

コーヒーが人間の脳に与えるダメージとは?

毎朝コーヒーを飲んでいますでしょうか。単純にコーヒーが好きだから飲んでいる方もいると思いますが、飲むと眠気が消えて気分がすっきりして仕事に取り組むことができます。

しかし気分を変えるコーヒーですが、人間の脳にダメージを与えてしまうと聞いたことがありませんか?本当に脳にダメージを与えるなら控えた方がいいですが、脳では一体どのような変化が起きているのでしょうか。

この記事ではコーヒーが人間の脳に与える影響を紹介していきます。

では、チェックしてみてくださいね!

→ 寿命が79年だとすると自由な時間は何年あるの?

→ スーパーマリオ雑学まとめ

→ あなたのスマホの電池が危ない?バッテリー持ちが悪くない行動まとめ

Sponsored Links

コーヒーで眠気解消?

人間の脳はアデノシンとアデノシン受容体の2つの物質があります。この2つの物質がくっつくことによって脳の働きを鈍くし疲れや眠気を効果をもたらします。

夜遅くまで起きていればいるほど頭が回らなくなるのは、アデノシンの効果によるものです。

では、このような状態の時にコーヒーを飲むと脳はどうなるのでしょうか?

コーヒーに含まれているカフェインはアデノシンと構造が似ており脳内に入るとあアデノシンよりも優先的にアデノシン受容体にくっつこうとします。

しかもカフェインとアデノシン受容体がくっついても疲れや眠気を感じることがないのです。つまり疲れや眠気が感じないので脳はそれらを感知することができず、働きすぎという問題も出てきてしまいます。

これがコーヒーを飲んだ時に眠気が覚める現象です。

カフェインがアデノシン受容体にくっついて疲れや眠気を感じず行動ができる時間は約8時間とされています。この8時間の間に増えたアデノシンが急激にアデノシン受容体とくっつきますので、急に眠くなったり体がだるくなったりします。

ちなみにアデノシンは寝ている間に減ってきますので、睡眠が効果的です。

つまりコーヒーを飲むと約8時間効果が持続しますので、寝る8時間前コーヒーを飲んでしまうと眠気が飛んでしまい、朝になると寝不足になってしまう可能性があるので注意が必要です。

カフェインはコーヒー以外にもお茶やコーラなどに含まれているので、寝る前に飲むのは控えた方がいいですね^^

このように疲れや眠気を感じなくなるので、コーヒーって実は体によくないのでは?と思われてしまいますが、そんなことはないのです。

カフェインは幸福感を味わえる

コーヒーは心拍数を上げて脳や体を活発に働かせて集中力を上げ、仕事を取り組むことができる覚醒効果があります。

さらにカフェインによってやる気やモチベーションの素となるドーパミンを出すことで人間は幸せを感じることができます。

コーヒーは寝る前は避けて仕事の前に飲むことで効率的に仕事をができることがわかりましたが、カフェインには致死量があります。これも聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

1kgあたりおよそ150mgが致死量とされており成人の方で体重が60kgの方だと約12kgが致死量となります。

コーヒー1杯にカフェインが約150mg含まれているので、1日に80杯飲むと体がヤバイ・・・という計算になります。

ですが、これはただ計算すると1日に80杯飲むと体がヤバイことになるというだけで、人間の体はコーヒーはを80杯飲めるような体をしてません。

大量にコーヒーを飲むことによって体が拒否反応を起こして吐いてしまいます。

まとめ

コーヒーが人間の脳に与えるダメージについて紹介していきました。なんでもそうですが、大量に摂取するのは良くないですね。コーヒーも例外ではなく、適量を摂取することによって眠気や疲れを感じず仕事に取り組むことができます。

しかし寝る前は避けましょう^^

トップ画出典:imgur.com

こちらも読まれています♪

東海オンエアまとめ

CTA-IMAGE 東海オンエアのメンバーの気になることをまとめています。

読んでためになる話カテゴリの最新記事