生活を変えた偉大な発明まとめ

生活を変えた偉大な発明まとめ
Sponsored Links

僕たちの身の回りにあるものは誰かの発明によって生み出されたものです。多くの方が使っているiPhoneもスティーブジョブズの発明によって生み出されました。

今回は生活に影響を与えた偉大な発明をまとめていきたいと思います。

では、チェックしてみてください!

Sponsored Links

血液型(1897年)

オーストリア、ハンガリーの病理学者であるカール・ラントシュタイナーは世界で初めて血液型を発見した人です。20世紀の初めまでは血液型という概念そのものがなく、輸血は運任せで行われていたようです。

それにより血液型不適合によって亡くなる方が多かったのですが、1901年にカールが血液型の分類法を発見すると劇的に被害者を減らすことに成功しています。

ちなみにA型・B型・C型の3種類の血液型でしたが、C型はO型になり、1902年にAB型がプラスされました。

人間の脳に良いこと悪いことまとめ
脳は人間にとって一番大事なところです。しかし普段の生活で脳に良いことをしよう!とか悪いことは避けよう・・・というように意識して...

ペニシリン(1928年)

イギリスのアレクサンダー・フレミングが軍医として負傷した兵士の治療にあたっていた時に消毒液があまりにも役に立っていないことに気がつきました。

その時から殺菌作用のある物質についての研究を始めました。

多くの細菌を培養し実験を繰り返していたフレミングはある日、細菌を培養していたビンの中でカビが繁殖していることに気がつきました。このカビの繁殖は瓶の蓋を開けっ放しにしたという、単なるミスなのですが、カビの周りだけ最近が消えていることに気づきました。

そのアオカビから発見されたのがペニシリンです。

ペニシリンは世界初の抗生物質として知られ、多くの人を救うことになりました。

お金持ちになるには?貧乏人の行動まとめ
人間誰しもお金持ちになりたいと思っているはずです。この世の中のお金持ちと貧乏人を研究した人は両者の行動の違いに気付いたそうです...

麻酔(1801年)

イギリスのハンフリー・デービーは自分の研究室で笑気ガスを吸入していた時に軽く酔った感覚になりました。この時は普通に笑気ガスを楽しんでいたようです^^

そしてこの笑気ガスを吸入していた時が痛覚を取り除く効果があることに気づき1795年に麻酔効果を証明しました。

笑気ガスが医療用として使用されたのはハンフリー・デービーが亡くなって40年経ってからです。

コーヒーが人間の脳に与えるダメージコーヒーが人間の脳に与えるダメージとは?
毎朝コーヒーを飲んでいますでしょうか。単純にコーヒーが好きだから飲んでいる方もいると思いますが、飲むと眠気が消えて気分がすっき...

飛行機(1903年)

アメリカのライト兄弟は自転車屋をやりながら飛行機の研究をしていました。グライダーを参考にして科学的視点から飛行のメカニズムを解明し構築をしていきました。

そして1903年に飛行機による有人動力飛行に世界で初めて成功しました。

しかし当時はありえないことをしているとしてライト兄弟は反発されていました。

世界で最も高いIQを持つ天才まとめ
IQは知能指数を指す数字で一般的な人で100と言われています。東大生の人の平均で120だとも言われていますが、世界を探せば脅威的なIQを...

読んでためになる話カテゴリの最新記事