年金入力を中国業者に委託する理由は?危険性や問題の可能性は?

NO IMAGE
Sponsored Links

日本年金機構から年金のデータ入力を委託されていた東京の会社が違反を犯してしまって、中国の会社に再委託を考えているようです。しかしこの委託問題に対して、少し疑問に思う方も多いようです。

まず最初に思ったのが「中国!?」だと思います。確かに僕もなんで中国の会社に委託をするのか気になったので、その理由について調べてみたいと思います。

そもそも日本年金機構は東京の会社に委託をしたが、違反を犯して500万人分の個人情報を中国に渡して年金のデータ入力を任せる方針だそうです。

過去にも東京の会社は130万人分の年金のデータの問題を起こしていたそうです。なんと年金のデータ入力を放置していたみたいです。

では、なんで年金のデータ入力を中国の業者に任せたのか、その理由についてと、危険性や問題点について調べてみたいと思います。

Sponsored Links

年金入力を中国業者に委託する理由は?

まずは年金のデータ入力をなんで中国の業者に委託するのか?その理由について調べてみたいと思います。

そもそも日本年金機構は年金のデータ入力を情報処理会社に委託していました。膨大な人数のデータを入力してまとめると考えると、情報処理会社に任せた方がいいと判断して委託したようです。しかしその情報処理会社は違反を犯してしまいました。

データの入力にミスがあったり、放置したりと、契約違反をしてしまったようですね。

大事な国民の情報なので、しっかりしてほしいと思ったりもしますが、このようなことが起きたため、他の業者に委託を考えていた日本年金機構。なんと中国の業者へ再委託が明らかになりましたね。

そこで疑問に思ったのが、なんで中国の業者に委託をするのだろうかという理由です。日本の他の情報処理会社に再委託でもいいと思ったのですが、なぜでしょうか。

最初に委託した情報処理会社に仕事のミスが多かったのは、人数不足問題があったからのようです。人数が不足していて、約500万人分の年金の個人情報を他の業者に委託するという流れになったみたいですね。

では、なぜ中国の業者なのでしょうか?

その理由については、現段階では明らかにされていません。しかしまだ個人情報の流出はされていないという情報はありました。

中国の業者に委託する理由についてわかり次第、追記していきたいと思います。

年金入力を中国業者に委託する危険性や問題の可能性は?

やはり気になるのが、中国の業者に委託して危険性や問題点はないのかどうか。中国となると不安に思ってしまう方も多いと思いますが、問題になるのが個人情報が漏れてしまうのではないか?ということです。

しかし先ほどもお伝えしたように、まだ個人情報は漏れていないようです。500万人分の年金の個人情報が外に漏れてしまうってかなり危険だと思います。

他にも危険性や問題点があると思いますが、もう少し進展してからまとめていきたいと思います。

まとめ

年金入力を中国業者に委託する理由や危険性について調べてみました。まだ情報が薄いので、もう少し詳しくわかり次第追記していきます。

2018年春ドラマ

CTA-IMAGE 2018年春ドラマのあらすじやキャスト、ネタバレについてまとめています。さらに見逃してしまった話を無料で観る方法も紹介しているので、チェックしてみてください!

気になる話題カテゴリの最新記事