コンフィデンスマンJP(ドラマ)あらすじとキャスト!放送はいつまで?

コンフィデンスマンJP(ドラマ)あらすじとキャスト!放送はいつまで?
Sponsored Links

コンフィデンスマンJPのあらすじとキャストについてまとめています。

コンフィデンスマンJPは4月9日からフジテレビで放送されるドラマですね。月9といことで、注目されています。

このドラマは「リーガルハイ」などの大人気ドラマを手がけた古沢良太さんという作家さんが脚本を担当しています。

僕はリーガルハイが大好きで何回観たかわからないくらいなので、コンフィデンスマンJPは個人的にも期待しているドラマです^^

そんなコンフィデンスマンJPのあらすじやキャスト、そしていつまで方法されるのか?について調べてまとめていきたいと思います。

では、チェックしてみてください!

Sponsored Links

2018年春月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』のあらすじは?

@maka_dayoがシェアした投稿

コンフィデンスマンJPのメインキャストは三人。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)です。

なかなか絡むことのなさそうな三人がメインのキャストということで、楽しみなのですが、この三人が独特な詐欺師ということです。

三人の主人公も悪いのですが、詐欺をする相手もまた悪い人です。悪い者対悪い者という面白い内容になっていますが、バラエティーに富んでるクロサギのような印象を受けました。

リーガルハイを手がけた古沢良太さんが脚本を担当した、クロサギをもっとバラエティー感を強めたような作品になっていると思います。

ますます楽しみになってきましたが、コンフィデンスマンJPのあらすじを簡単に説明すると、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が日本にいる悪者との頭脳戦になります。

コンフィデンスマンJPのネタバレと内容!

この物語の主人公・ダー子(長澤まさみ)は年齢不詳、正体不明、とにかく規格外で無軌道なコンフィデンスウーマン。お金とファッションとおいしい食べ物に目がない、やや天然な女性。

都内の高級ホテルのスイートルームに居を構え、業界を牛耳る悪徳大富豪たちをターゲットに日夜、詐欺の計画を練っています。

彼女の目的は、彼らのばく大な財産を根こそぎだまし取ること。行動を共にするのは真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出昌大)と、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)。

このチームが、悪徳企業のドンやマフィアのボスなど欲望にまみれた金の亡者たちから、あらゆる手段を使って金を巻き上げようとチームとして動きます。

武器は、ダー子の天才的知能と抜群の集中力。彼女は、あらゆる職業の専門知識を短期間でマスターし、さまざまな職業人になりすまします。彼らは、抜群のチームワークで常識外れの作戦を仕掛け、一度狙ったターゲットは絶対に逃しません。

だまし、だまされ、時には味方さえ欺くことも。彼らが、どんな奇想天外なトリックでターゲットから巧妙に金を奪うのか。予想もつかないだまし合いの始まりです!

引用元:fujitv.co.jp

コンフィデンスマンJPの見どころは?

コンフィデンスマンJPの見どころはやはり、ダー子が率いる詐欺師との頭脳戦でしょうか。騙し合いをするとのことで、いろんな職業や服装に変装して相手を騙したり、ダー子役の長澤まさみさんがいろんなコスプレをすることでしょうかね。

ファンには堪らないですよね^^

卓球少女?やセレブ、キャビンアテンダントなどなど、いろんなコスプレをしているので、コンフィデンスマンJPの話の内容だけではなく、長澤まさみさんのコスプレ姿も注目してみてください。

さらに、リーガルハイのように一話完結のドラマになっているので、1つの話を見逃しても途中から完全に話についていけない!という状況にはならないですね。

コンフィデンスマンJPのキャスト紹介!

では、コンフィデンスマンJPに出演してるキャストをまとめていきたいと思います。ドラマでは毎回ゲスト出演があり、楽しみな作品になっていますね。

ゲスト出演する方も見逃せませんね^^

ダー子:長澤まさみ

長澤まさみさん(@masami_nagasawa)がシェアした投稿

猫王さん
猫王さん

長澤まさみさんはどんな役なのかな?

あくまる
あくまる

俺みたいな悪党役か?

Sponsored Links
ロボートJr.
ロボートJr.

3人の中でもリーダー的な存在だがしゃん。ダー子という役名だがしゃん。悪党をターゲットに詐欺をするがしゃん。

長澤まさみさんが演じるダー子は年齢不詳で、正体が全然わからないコンフィデンスウーマンです。ちなみにコンフィデンスというのは「信用」という意味があるので、信頼を勝ち取って詐欺をするということでしょうか。

ドラマの中で様々な衣装を着て、いろんな人に変装します。天才的な知能を持っていて、専門知識も兼ね備えています。しかも美人なので、詐欺をするという意味では、最高の人材ですね。

主に悪徳企業やマフィアのボスなど、欲望にまみれた人物を目標として、いろんな知識とスキルで計画を立てていきます。

ダー子が思いつく計画は非常識なものが多いが、リーダーとしては慕われている人物。しかし少し天然なのが完璧の中にも可愛らしさがあり、憎めないですね^^

古沢脚本ドラマは初出演となりますが、脚本を読んだ印象は?

テンポがあり、生きたセリフに、登場人物の動きがコミカルで・・・と、すぐにのめり込みました。読めば読むほど、その良さを感じられる脚本で、そういった脚本を作り続けていらっしゃる古沢さんのすごさを感じました。

『プロポーズ大作戦』以来、およそ11年ぶりの「月9ドラマ」主演となりますが?

まさか、また“月9ドラマ”に出演させていただけるとは思っていませんでした。“月9ドラマ”はフジテレビさんの看板ドラマという印象で、個人的には、『ラブジェネレーション』(1997年10月クール)が印象に残っています。

東出昌大さんとは初共演、小日向文世さんとは大河ドラマ『真田丸』(2016年/NHK)以来の共演です。3人のチームワークが、この作品にとって重要になりそうですが?

まだ撮影が始まって間もないのですが、お二人はもちろん、このドラマに関わっているスタッフの皆さんからも勢いを感じています。私自身、肝が据わっているように見えて、据わっていないタイプで、そんな自分の性格を考えると、(“月9ドラマ”主演という)こんな大役は、とてもじゃないですが一人では乗り切れないので、新しい風を感じる、今をときめく東出さん、役者には輝く瞬間が幾度となく訪れるということを確信させてくれる存在の小日向さんのお二人と一緒に頑張りたいです。私自身も、今が女優として重要な時期にさしかかっていると感じていますので、“今を頑張らなくして、この先はない”という覚悟で挑みます。過去より、未来より、今を頑張りたいです。

劇中で、さまざまなコスプレを披露することになりますが?

例えば、方言をしゃべる女性であったり、オタクっぽい雰囲気の女性だったり、今までキャラクター的に特徴のある役を演じてみたいと思っていたので、その願いが一気にかなってしまいそうです(笑)。そういう意味でも、このドラマの脚本には夢がいっぱい詰まっていて、私にとってもエンターテインメント作品だなと思います。

演じられる「ダー子」を、どのように捉えていますか?

常に、ふざけてしまうんですが、芯のしっかりとした女性です。強い思いや意思はあるものの、自分が真剣になることが恥ずかしいと思っている所があって、そこに乙女心的なものが見え隠れしているのかなと。シリアスな状況に耐えきれずに、思わず笑っちゃうみたいな感じが、きっとダー子なんだと思います。とにかく、一筋縄ではいかない性格というのが、ダー子の魅力ですし、彼女らしさなのかなと感じています。もし、私のそばにダー子がいても、つかみ所やスキがなさすぎて、友だちにはなれないかもしれません(笑)。話しかけようと思っていたのに、いつの間にか、いなくなっちゃってるみたいな(笑)。
ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ
今回、(“月9ドラマ主演という)とっても重大な責任を背負ってしまいましたが(苦笑)、その期待に応えられるように丁寧にお芝居できれば、この作品は面白いものになると思います。そのためには、3人のチームワークがとても重要です。皆さん、とっても柔軟で優しい方ばかりなので、良い意見交換をしつつ、とにかく笑って楽しんでグッときてもらえるような、見て下さる方々の心を動かせる作品にできるよう頑張ります。

引用元:fujitv

ボクちゃん:東出昌大

Masahiro Higashide ID 🇮🇩さん(@masahiro.higashide.id)がシェアした投稿

猫王さん
猫王さん

東出昌大さんはどんな役柄なのかにゃ?

Sponsored Links
あくまる
あくまる

高身長でイケメンで羨ましいでび。

ロボートJr.
ロボートJr.

東出さんはイケメンを武器にして女性を落とす詐欺師だがしゃん。1話目からイケメンをフルに使ってたがしゃん。

東出昌大さん演じるボクチャンは、3人の中だと少し頼りない詐欺師ですね。1話目から3人の計画を伝えられなかったり、なんだか残念イケメン役ですね^^;

もちろん騙すのも得意だが、詐欺が終わるごとに足を洗う宣言しますね。しかし結局は戻ってきてしまう、ブレブレな性格ですね。

古沢脚本ドラマは、『リーガルハイ・スペシャル』(2014年11月放送)以来の出演となりますが、脚本を読んだ印象は?

とにかく面白かったです。この台本でお芝居ができるのが、本当にうれしかったのと、俳優になってよかったなと思えるような台本に出会えたことに感謝しています。声に出さずに、黙読しているだけでこんなに面白いので、素晴らしい機会をいただけたと感じる一方で、頑張って演じなければなと前向きな気持ちになりました。

「月9ドラマ」初出演となりますが、「月9ドラマ」に対するイメージはありますか?

物心ついたころから、“月9ドラマ”は王道ドラマという印象です。これまで数々の名作ドラマを生み出してきた枠ですので、先人の方々の偉大さというものをひしひしと感じますが、僕自身は自分のできる精いっぱいでお応えするしかないなと思っています。『東京ラブストーリー』(1991年1月クール)、『101回目のプロポーズ』(1991年7月クール)、『ロングバケーション』(1996年4月クール)、小日向さんがご出演されていた『HERO』(2001年1月クール)は、特に印象深いです。

長澤まさみさん、小日向文世さん、共に初共演となりますが?

お二方とも、すごく背骨がしっかりされている俳優さんです。長澤さんは、若いころからずっと第一線で活躍されている方で、共演させていただくのは本当に光栄で、とても同学年とは思えないです。現場で実際にご一緒させていただいて、長澤さんがものすごく細かい所から妥協なく、お芝居をされている姿に触れて、改めてすごい女優さんだなと痛感しました。小日向さんは、愛くるしいお人柄がそのまま画面に出ていらっしゃいます。普段から、本当に優しくて、現場のムードメーカーなのですが、お芝居に入った瞬間に、コロッと豹変される所が少し怖くもあります(笑)。お二人とも偉大な俳優さんですので、そんなお二人と渡り合えるような芝居ができればと思っています。

演じられる「ボクちゃん」を、どのように捉えていますか?

詐欺に関わることを嫌がりながらも、実際に詐欺を働く時には、誰よりも本気になるので、いい意味で俗物と言いますか、“お前(ボクちゃん)の本性は、一体どこにあるんだ”と(笑)。もしかしたら、ボクちゃん本人も気づいていないところで、底知れぬ闇を抱えているのかもしれませんね(笑)。とにかく振り幅の大きいキャラクターで、常識的なようで、実は三人の中で一番ぶっ飛んでいるようにも思います(笑)。

ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

脚本の段階でこれだけ面白いので、後はもう頑張るしかないなと。ある意味、役者にとってはプレッシャーでもありますが、臆することや、それを不安に思うようなことはなく、皆さまに素晴らしい作品をお届けできるという希望だけを持っています。とは言え、“コンフィデンスマンJP”は、来年4月期のドラマですので、その前には1月期の“海月姫”もあります。ですので、“海月姫”とセットでお楽しみいただけたらと思います。

引用元:fujitv

リチャード:小日向文世

xxxcszさん(@dching717)がシェアした投稿

猫王さん
猫王さん

小日向文世さんはどんな役柄なのかにゃ?

あくまる
あくまる

紳士的な詐欺師役っぽいでび。

ロボートJr.
ロボートJr.

あくまるの言う通り、小日向文世さんは紳士的でベテランの詐欺師を演じるがしゃん。

小日向文世さん演じるリチャードはベテランの詐欺師です。1話目では味方のボクチャンも騙していましたもんね^^味方もを騙す実力者。

ダー子とリチャードのコンビは最強ですね^^

古沢脚本作品は、映画「ミックス」(2017年10月公開)以来の出演となりますが、脚本を読んだ印象は?

みんなで一人をだまし合う感じが、映画『スティング』のようで面白かったです。その世界観が、連続ドラマとして何本も続くわけですから、今までの連続ドラマとしては見たことがないものになると思います。一話完結なのですが、一話ごとの完成度が非常に高くて驚きました。連続ドラマですので、二話以降は、僕たちが詐欺師であることを視聴者の皆さまが分かっている前提となりますので、演じる立場からすると、正直、ハードルは高いですね。

「月9ドラマ」は、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年1月クール)以来の出演となりますが、「月9ドラマ」に対するイメージはありますか?

初めて出演させていただいた、フジテレビさんの連続ドラマが『HERO』(2001年1月クール)です。やっぱり、“月9ドラマ”は、僕にとっては、特別な枠という印象があります。今回、2年ぶりの“月9ドラマ”出演となりますが、また、呼んでいただけたので、少しでも力になれればと思っています。

長澤まさみさんとは大河ドラマ『真田丸』(2016年/NHK)以来の共演、東出昌大さんとは初共演となりますが?

まさみちゃんは天真爛漫で、今回のダー子はぴったりだと思います。東出くんは、とにかく背の大きさにびっくりしました(笑)。二人は同学年なので、僕はもう親みたいなものですよ(笑)。

演じられる「リチャード」を、どのように捉えていますか?

衣装合わせの際に、リチャードは私服でも常に蝶ネクタイをしているというお話が出て、最初にイメージしたのは柔らかいジェントルマンで、藤村俊二さんを思い出しました。藤村さんは、おしゃれで人当たりも柔らかくて、タップなんかもできてと、脚本のリチャード像に近いと思いますが、演じるのは本当に難しいですね。僕が、一生懸命、藤村さんのような方をイメージしてマネしようとすると、どうしても“小日向が無理してマネしている”ということになってしまうんですよね。リチャードは相手をだますために、さまざまな職業になりすますのですが、それらを演じるより、素のリチャードを演じることが一番難しいので、これからの撮影の中で、つかんでいきたいです。

ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

まさみちゃんと東出くんと僕が、詐欺師として、とにかくたくさんの役を演じるところが、一番の見どころなので、是非楽しんでいただけたらと思います。役者にとっては、たくさんの役を演じることこそ、一番のプレッシャーでもあるのですが(笑)。

引用元:fujitv

コンフィデンスマンJPのスペシャルゲスト!

月9ドラマであるコンフィデンスマンJPは話ごとにスペシャルゲストが出演しますね。そこで1話から最終話に出演するゲストを紹介していきます。

第1話:江口洋介/赤星栄介役(公益財団会長)

表と裏の顔の差が激しい。小さい頃から孤独に生きていたせいか家族に憧れを持つ。しかし大人になり周りに出来たのは家族的な存在ではなく。力と金でガチガチに固めた家来のような人たちだった。

1話を見た赤星栄介の感想は可哀想な人げだな〜と思いました。人一倍家族に憧れを持っていたため、部下も力と金で信頼関係を結んでいるように見えているだけで、赤星栄介自身も部下のことを信頼していませんでした。

信頼していない相手に信頼されることはできないですよね^^;

最後の飛行機のシーンでも、誰も赤星栄介を助けなかったですし、なんだかあのシーンは悪党とわかっていても悲しかったですね。

第2話:吉瀬美智子/桜田しず子役(リゾート会社社長)
第3話:石黒賢/城ヶ崎善三役(有名美術評論家)
第4話:佐野史郎/俵屋勤役(食品加工会社 社長)
第5話:かたせ梨乃/野々宮ナンシー(病院 女理事長)
第6話:内村光良/斑井満(悪徳コンサルタント)

猫王さん
猫王さん

ゲストはわかり次第追記していくにゃん。

あくまる
あくまる

一人一人ゲストが濃いでび。

ロボートJr.
ロボートJr.

ダー子達にやられたゲストの復習編なんかあると面白そうだがしゃん。

コンフィデンスマンJPはいつまで放送される?

コンフィデンスマンJPは4月9日の21時から放送が始まります。そこでいつまで放送されるのか?も気になったので調べてみました。

コンフィデンスマンJPが10話なら6月11日が最終回になります。ですが、現在何話まで放送されるかはわかっていないので、多少前後するかと思います。

わかり次第追記します。

まとめ

コンフィデンスマンJPのあらすじとキャストを紹介しました。まだ情報が不十分なとこがあるので、わかり次第追記していきます。

少々お待ちください!

トップ画出典:fujitv.co.jp

2018年春ドラマカテゴリの最新記事