ブラックペアン1話あらすじネタバレや感想!容体急変で渡海が登場!

ブラックペアン1話あらすじネタバレや感想!容体急変で渡海が登場!
Sponsored Links

2018年の4月22日の21時から放送が開始されるブラックペアンの1話のあらすじネタバレをまとめていきたいと思います。

医療ドラマということで、個人的にかなり楽しみなのですが、二宮和也さんが演じる渡海征司郎が一匹狼で、周りと合わせようとしないなんともとっつきにくい性格の持ち主です。

そんな渡海征司郎がドラマの中でどのように変化していくのかも見どころですが、1話のあらすじやネタバレも気になります。

では、チェックしてみてください!

Sponsored Links

ブラックペアン1話あらすじネタバレ!

TBS日曜劇場「ブラックペアン」💉 📺4月から放送開始📺さん(@blackpean_tbs)がシェアした投稿

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。

三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永(加藤浩次)も注目する手術だ。

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。

医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。

そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

引用元:tbs.co.jp/

ブラックペアン1話のあらすじはこのようになっていますね。

1話で早速大変な手術が待っているのですね。そこで腕のある佐伯清剛教授が手術を担当し、日本外科学会理事長選が控えているということで、西崎教授、木下香織、池永も注目しています。

しかしなんと患者の容体が急変していまいます。心臓の手術なので、急変すると大変なことになってしまいます。そこにオペ室の悪魔、渡海征司郎が登場です!

鮮やかな手術をするが・・・というところであらすじは途切れていますが、この先の個人的なネタバレ予想は渡海征司郎が評価されるもなんとも感じず、佐伯清剛教授の反感を食らう〜なんて流れのような気がします。

ブラックペアンの1話がかなり気になりますが、放送は4月22日の21時です。

→ ブラックペアン(ドラマ)あらすじとキャスト!放送はいつまで?

ブラックペアン1話の感想

ブラックペアン1話の感想は4月22日の放送後に執筆致しますお待ちください!

まとめ

ブラックペアン1話のあらすじネタバレと感想についてまとめてみました。

1話以外のあらすじネタバレはこちらです!(準備中)

2018年春ドラマ

CTA-IMAGE 2018年春ドラマのあらすじやキャスト、ネタバレについてまとめています。さらに見逃してしまった話を無料で観る方法も紹介しているので、チェックしてみてください!

2018年春ドラマカテゴリの最新記事