シグナル(ドラマ)第1話のネタバレと感想!真犯人は長谷川京子演じる吉本圭子?

シグナル(ドラマ)第1話のネタバレと感想!真犯人は長谷川京子演じる吉本圭子?

2018年4月10日(火)にドラマ『シグナル』が放送されましたね。15年前に起きた事件を現代で解決するという、冒頭だけでも面白そうな作品ですが、1話のネタバレと感想をまとめていきたいと思います。

猫王さん
猫王さん

2018年のフジテレビの春ドラマはかなり面白そうな作品が多いにゃ〜。

あくまる
あくまる

日本でもこう視聴率が取れるか?と話題になってるドラマだでび。

ロボートJr.
ロボートJr.

シグナルは元々韓国原作の作品でもので、韓国で12.5%という視聴率があったようだがしゃん。

では、ドラマ『シグナル』1話のネタバレと感想をまとめて紹介していきます。チェックしてみてください!

Sponsored Links

シグナル(ドラマ)第1話のあらすじは?

ある日つながった謎の無線。
声の主・大山剛志(北村一輝)から聞いた手がかりを元に、
警察官の三枝健人(坂口健太郎)が見つけたのは、
15年前に起きた誘拐殺人事件の犯人の遺体!?
無線機からの“シグナル”で、時効目前の未解決事件が今、
再び動き出す――!

15年前、一人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)は被害者の女の子が連れ去られる様子を目撃。
ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるものの相手にしてもらえない。

数日後、女子児童が遺体で発見され、管理官の中本慎之助(渡部篤郎)のもと、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅裕)らは懸命に捜査を続けるが、犯人の手掛かりは得られず、結局、事件は未解決のまま15年の月日が経っていた――。

女児誘拐殺人事件の時効が近づくなか、健人は独学でプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。
しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、そのせいで、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目をつけられてしまう。

そんなある日の夜、健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。
声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。
さらに、健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したという。

情報提供どころか大山とは面識もない健人。
にわかには信じがたい話だったが、「彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいます」という大山の言葉が気になった健人は、ためらいながらも無線越しに聞いた病院へと向かう。
すると、そこに大山の姿はなかったものの、聞いたとおりの場所で白骨遺体を発見して……。

引用元:ktv

 

シグナル(ドラマ)第1話のネタバレは?

シグナルを実際に観ましたが、かなり意外な展開になっていましたね。早速ネタバレですが、15年前の未解決事件の犯人が見つかりましたね。

しかしこれからが大変な感じです。時効まで40分のところでどうなるのか?というのが、。シグナルの1話の見どころでした。

シグナルの最終話あたりで犯人が見つかると思ったのですが、まさかの1話で見つかるという。今後の展開がさっぱりわからないのも魅力的でワクワクしますね^^

では、ここからシグナル1話のネタバレを書いていくので、先に見逃し動画を観たい!という方は『Tver』または『FOD』でドラマを楽しんでください。

Tver 見逃し動画を視聴する
FOD 見逃し動画を視聴する 

注)Tverで観る場合は2018年4月17日17時45分までの限定配信になるので気をつけてください!

女児誘拐事件、時効間近

坂口健太郎さんが演じる三枝健人が小学校の頃のシーンから物語が始まります。1995年4月10日。赤い服を着た可愛い女の子が下校時に傘を忘れて帰れない状態です。三枝健人が傘を貸してあげれば一緒に帰ることができたがそれができず。これが三枝健人の一生の後悔となってしまいます。

近くにいた怪しい女性が女の子に近づいてきます。その様子をただ見守る三枝健人。その日の夜のテレビで女の子が誘拐にあったとニュースが流れる。女の子の名前は『田代綾香』ちゃん。

誘拐したしたとして男性の顔と名前がニュースで流れます。名前は『橋本啓介(25)』。だが三枝健人が小学校で見たのは男性ではなく女性だった。不審に思い、警察に行き事情を話すが、子供の三枝健人を相手にする警察はいません。

メモを残して帰ったが、何も起こらず。そこで北村一輝さん演じる大山剛志と出会います。

遺体が発見されました。誘拐された田代綾香ちゃんの遺体でした。身代金5000万円を要求され母親もパニック状態です。

指名手配の写真が公開されるも犯人は捕まらず。三枝健人の兄が警察に捕まってしまいます。

2010年4月7日。時効まで残り4日となった日。三枝健人は警察官になっていた。同じ警察官に警察は向いていないと言われるが、かなりナメた態度で返します。

1995年4月13日。事件が起きて3日後のシーンに戻ります。橋本の行方を追っていますが、全然見つからず苛立つ警察官たち。女性もののアクセサリーやバックを頻繁に買っていることがわかります。女性に貢いでいると考えます。

橋本の身柄を抑えることを優先に警察は動きますが、一部の警察官は橋本は証拠が不十分すぎて、別に犯人がいると言います。しかし立場が上の警察官はこのようなことは面倒なので、橋本が犯人ということでカタをつけようとしています。

三枝健人が過去の大山剛志と無線機で話す

大山剛志は谷原記念病院へと向かいます。1994年12月に閉鎖された病院で、中はかなり荒れている様子。その頃、三枝健人は警察から出ようとするが、トラックにあった無線機から声が聞こえることに気づきます。

その声は谷原記念病院に向かった2000年の大山剛志でした。そこで谷原記念病院で首吊り遺体があったと話します。大山剛志は誰かに利用されてヤられたことを話した後に、後ろから誰かに襲われてしまいます。

無線機で話していた谷原記念病院が気になり、三枝健人は病院へ向かいます。そこで大山剛志が襲われたところと同じところから白骨した遺体を見つけます。

Sponsored Links

この遺体が橋本啓介だったのです。

橋本は自殺だったと公表することにします。しかし他に犯人がいると、三枝健人は実際に見ているので、別の犯人を捜すことにします。ここでかなり反発されましたね^^;

マスコミには別に犯人がいる可能性は言わず、橋本が犯人だったと公表します。しかし三枝健人はマスコミに大声で別の犯人の特徴を言います。これで警察も動かざるおえなくなります。三枝健人はめっちゃ怒られます。

この時点で時効まで22時間です。

会見のテレビを見た犯人は動き出します。

事件が動き出す、真犯人は?

三枝健人のプロファイリンが始まります。本当の犯人の身長は165cm20代前半、派手なアクセサリーに原色の靴、服装が派手なのに爪が地味なのは看護師の職業柄、自己顕示欲が強く、共犯はいない

テレビを見た女性が着替えて動き出します。ここでテレビを見た人たちから情報提供が来始めます。有力だと思われる情報がいくつも来ますが、どれも犯人に結びつきません。

そこで情報提供があった病院に行き、ロッカーに時効まで数えているカレンダーを見つけます。犯人だと断定し、行方を追います。

名前は『前川穂波』。北海道函館のホテルで見つかります。前川を見つけ事情聴取しますが、実は本当の犯人ではないことがわかります。これは本当の犯人が仕組んだ罠だったのです。前川はただ嵌められただけでした。

先ほど時効まで数えていたカレンダーは前川のものではなく、吉本のロッカーだったのです。テレビを見て咄嗟に、吉本は前川のロッカーのネームプレートを入れ替え、警察を騙したのです。これに引っかかり北海道まで行く羽目に。犯人はかなり頭がいいですね。

警察の前にマスコミが集まっています。前川を誤認逮捕したことで騒いでいるのです。この騒動を本当の犯人は群衆の中から見ていました。

このことを三枝健人はプロファイリングし、吉本の見事身柄を抑えるのです。

シグナル(ドラマ)第1話の感想は?

個人的に期待していたドラマだったのですが、期待以上に面白いドラマでした。シリアスな感じで、ハラハラしますし、今後どのような展開になるのか?が本当に楽しみですね。

犯人の頭の良さと三枝健人のプロファイリング力がいい感じに拮抗しているので、めちゃくちゃ面白いです。僕的に今回の2018年の春ドラマで一番観ていて楽しいです^^

あと、長谷川京子さんがかなり可愛いですし綺麗です。調べてみると、2018年4月現在の年齢は39歳でした。ものすごく綺麗でビックリしたのですが、犯人役も個人的に素敵に見えます^^

やはり2話以降の展開がどうなるのかがかなり気になりますね。「過去は変えられる」ということなので、どこまで過去が変わるのかが、今後未解決事件を解決する上で鍵になっているのだと思います。

時効の日にちを変えるなんてこともできるんですかね??

シグナル(ドラマ)第2話のあらすじは?

時効目前でついに姿を現した真犯人!
かつて自分が目撃した女を追い詰めた健人(坂口健太郎)は、15年前の事件に終止符を打つことができるのか!?
一方、無線機の向こうの大山(北村一輝)は意味深な言葉を残し…。

三枝健人(坂口健太郎)は、幼い頃に起きた女児誘拐殺人事件で、被害者の女子児童を連れ去った謎の女を目撃。
そのことを警察に訴えるものの相手にされず、15年後、事件は間もなく時効を迎えようとしていた。

Sponsored Links

警察官になった健人は、ある日、廃棄予定の無線機から声がすることに気付く。
声の主は刑事の大山剛志(北村一輝)。大山は、15年前の事件で指名手配された男の遺体を発見したと話し、半信半疑の健人が現場へ向かうと、そこには確かに男の白骨遺体があった。
時効成立を前に、事件は犯人の自殺で終わるかに見えた。

しかし、犯人が女だと断言する健人は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)とともに、犯人逮捕に向けて捜査を再開。
すると、吉本圭子(長谷川京子)という看護師が捜査線上に浮上し、その風貌から、健人は彼女こそが真犯人だと確信する。

やがて、圭子は警察で取り調べを受けるが、美咲の尋問に淡々と答えるだけで、なかなか口を割らない。

時効成立が刻一刻と迫るなか、健人たちには焦りの色が見え始めて……。
やがて、日本で時効の撤廃が決まり、警視庁内には長期未解決事件捜査班が発足された。
美咲は班長に任命され、刑事の山田勉(木村祐一)と鑑識官の小島信也(池田鉄洋)が配属される。

一方、健人は女児誘拐殺人事件の後、一度だけ無線機で大山と交信していた。「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」と、謎の言葉を残す大山――。

8年後、アメリカでプロファイリングを学んだ健人は、プロファイラーとして長期未解決事件捜査班に配属される。
そして早速、未解決のまま捜査が終了した過去の連続女性殺人事件と対峙することになり…。

引用元:ktv

まとめ

ドラマ『シグナル』1話のネタバレと感想をまとめていました。

東海オンエアまとめ

CTA-IMAGE 東海オンエアのメンバーの気になることをまとめています。

2018年春ドラマカテゴリの最新記事