コンフィデンスマンJP(ドラマ)第3話のネタバレと感想!悪徳美術評論家と対決!

コンフィデンスマンJP(ドラマ)第3話のネタバレと感想!悪徳美術評論家と対決!

2018年4月23日(月)の21時からコンフィデンスマンJPの第3話が放送開始されましたね。美術商編で、城ヶ崎善三役に石黒賢さんが出演しますね。

個人的に美術関係の話があると予想していましたが、やっぱりありましたね。詐欺関係のドラマにはつきものです。

猫王さん
猫王さん

とうとう3話が放送されたにゃん。

ロボートJr.
ロボートJr.

3話でもダー子の勉強量がすご過ぎるがしゃん。

あくまる
あくまる

女子学生の須藤ユキ役の馬場ふみかちゃんが可愛いでび〜。

こちらのページでは、ドラマコンフィデンスマンJPの第3話のあらすじネタバレ、そして感想をまとめて紹介していきます。

Sponsored Links

コンフィデンスマンJP第3話のあらすじは?

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合う。だが、ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことを知ったボクちゃんは、城ケ崎から金を奪おうと決意。

ダー子(長澤まさみ)には内緒でリチャード(小日向文世)に協力を依頼した。するとリチャードは、大物相手だからダー子を加えた方が良いと判断して、勝手に彼女にも話してしまう。

城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。

しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。

引用元:fujitv.co.jp

コンフィデンスマンJP第3話のネタバレは?

4月23日21時からコンフィデンスマンJPの3話が放送されましたね。今回は悪徳美術評論家の城ケ崎善三との対決になるのですが、毎回どんな展開になるのか、本当に楽しみなのですが、3話のネタバレをまとめていきたいと思います。

もしコンフィデンスマンJPの3話のネタバレより先に、見逃し動画を観ておきたい!という方は、Tverまたは、FOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができます。

Tverは放送日から1週間限定で視聴できるサービスです。コンフィデンスマンJP3話は4月30日まで視聴可能です。期限が過ぎてしまうと観ることができませんのでご注意ください。

長澤まさみが読んだ冒頭の名言はポール ゴーギャン?

芸術は盗作であるか、革命であるか、
そのいずれかであるか。

by ポール ゴーギャン

1話と2話では本編の前に別の短編ドラマみたいなのがあったのですが、3話ではそれがなくいきなり本編に入りましたね。僕は個人的冒頭の短編ドラマが楽しみだったのですが、本編が長くなったので、それはそれでいいのかな?と思います。

では、コンフィデンスJP3話のネタバレを書いていきたいと思います。

コンフィデンスマンJPの3話ネタバレ:美大生須藤ユキの個展中止

ボクチャンが喫茶店に一人でいると可愛らしい店員さがコーヒーを持ってくる。店員さんの名前は『須藤ユキ』。美大生で喫茶店でアルバイトをしている。

ボクチャンは喫茶店に飾ってある絵を見て須藤ユキと会話が始まる。『はじまりの詩』という須藤ユキ初作品展を開催することを伝えられる。そして個展に行くことに。

しかし個展会場の扉が開かず、「須藤ユキ作品展は事情により中止ちなりました」と書かれていた。気になりボクチャンは須藤ユキの家に向かいインターホンを鳴らす。家の中では元気をなくした姿。なんと自ら命を絶とうとしていたのだ。さらにいきなり泣き出す始末。

事情を聞いたボクチャンはリチャードだけに助けを求める。ダー子に助けを求めると、後々面倒くさくなるからだ。しかしダー子は事情を知っていた。

【関連ページ】コンフィデンスマンJP第3話|須藤ユキ役(美大生)女優は馬場ふみか!

コンフィデンスマンJPの3話ネタバレ:須藤ユミと城ヶ崎善三の出会い

美術評論家である城ヶ崎善三はテレビ番組の司会を務めるほど有名な人だ。「なんでも鑑定団」のような番組だろうな。

美大生である須藤ユキの大学に城ヶ崎善三が特別講師として訪れる。ここで須藤ユキと城ヶ崎善三が出会った。絵を褒められ。二人は親密な中になった。そして大人の関係になっていった。

二人が付き合いだして3ヶ月、城ヶ崎善三は個展を開く須藤ユミに冷たい言葉で責める。絵にコメントが欲しいという須藤ユキに対して城ヶ崎善三は「絵を推薦したら私の名に傷がつく」とあしらう。

須藤ユミは絵を評価されたと思っていたが、容姿がいいから絵が売れると言われてしまった。それが原因で個展を中止したのだ。

これに対して純粋なボクチャンが怒り、須藤ユミを助けるために城ヶ崎善三に詐欺をしかけるのだ。

Sponsored Links

コンフィデンスマンJPの3話ネタバレ:ダー子と城ヶ崎善三が接触

城ヶ崎善三の父は画家だったが、才能がなく家族が貧しい思いをしていた。そのような経験から才能のない画家に対してかなり批判的だ。独学で学んだ城ヶ崎善三の実力は確かなもの。そして女癖が悪く、高い美術品を安く手に入れ裏顧客に脱税やマネーロンダリングのために売っていた。

その頃ダー子は芸術の勉強をしていた。

城ヶ崎善三が開催する美術品のオークション会場にダー子が参加した。次々と美術品を高い値段で購入していった。城ヶ崎善三の顔はニヤニヤが止まらない。

ダー子は『ワンショーフー』という名前で接触した中国で美術品を売っている会社を運営している。

贋作を売ってお金を騙し取ろうという作戦に出るが、ダー子は絶望的に絵が下手だった。そこでバンちゃんに絵を頼むことにした。

贋作以来から1ヶ月後・・・

バンちゃんが贋作を完成させた。この絵をボクチャンが城ヶ崎善三に売りに行く。鑑定してる最中にダー子が城ヶ崎善三に会いに行く。ダー子が絵が欲しい!というが城ヶ崎善三は譲らなかった。「警察の証拠品になる」贋作だと見破られていたのだ。

バンちゃんはあっさり逮捕された。

残念ながら城ヶ崎善三は騙されなかった。実力は本物らしい。贋作を見破ったことで、城ヶ崎善三の知名度はさらに上がった。有名画家のデータは全部頭に入ってるため、どのように騙すのか作戦を練るダー子。

バンちゃんの仇を取るために一体どうやって騙すのか。

ここでおいしい卵が家に届く。そこには卵を作った人の顔が載った紙もあった。その顔を見たダー子はあることを思いつく。

コンフィデンスマンJPの3話ネタバレ:ダー子の作戦開始

ボクチャンは城ヶ崎善三に数々の美術品を鑑定に出す。絵には「iwa y」と書かれていた。全部の美術品を持ってボクチャンは帰ったが、城ヶ崎善三はあることを思いつく。美術作品オークションにボクチャンが持ってきた作品を売ったのだ。

そこでダー子が1000万円の値をつける。「ヤマモトイワオ」という誰かわからない人の絵を高額で購入したことによって、オークションに参加した人が「ヤマモトイワオ」について興味を持ち始めた。全くの無名画家の作品を高額で購入するのがダー子の作戦だった。

城ヶ崎善三はヤマモトイワオの作品が欲しくてたまらなくなる。鑑定に来た男性がヤマモトイワオの絵を持ってきて、入手経路は茨城の親戚からと教えてもらい、すぐに向かった。

そこにはリチャードが待っていた。ヤマモトという表札がかけてある家に城ヶ崎善三を招いた。リチャードの叔父さんがヤマモトイワオという設定。

そこから3ヶ月後・・・

バンちゃんの贋作工房でダー子たちは絵を作る作戦に出る。しかし城ヶ崎善三は贋作を見破ることができるため、ボクチャンは作戦をダー子に聞いた。本物の作品を作る作戦だった。

ヤマモトイワオという架空の人物の作品を贋作工房で大量に作って城ヶ崎善三に売るというのが作戦。架空の人物の作品なら贋作にならないという考えだった。

リチャードが城ヶ崎善三に見せたヤマモトイワオの写真は、卵を作って販売している「山本巌」だった。

Sponsored Links

ダー子たちが作ったヤマモトイワオ作の絵に1000万円の値がついた。城ヶ崎善三が買い取るつもりだ。そこでダー子とボクチャンが登場する。ダー子は絵に3億の値をつける。手放したくない城ヶ崎善三は3億5000万円の値をつけて買い取った。

コンフィデンスマンJPの3話ネタバレ:最後のオークション

城ヶ崎善三はオークションでヤマモトイワオを写真付きて説明する。すると参加者はざわめき始める。

城ヶ崎善三の口が止まる。参加者の後方に卵を作っている山本巌が座っていたのだ。そりゃ会場はざわめきます。ダー子は山本巌にオークションの招待状を送っていたのだ。

このオークションがきっかけで城ヶ崎善三の名声がガタ落ちに。

コンフィデンスマンJPの3話ネタバレ:ボクチャン、須藤ユキの個展に行く

花束を持って須藤ユキの個展に行った。そこにある社長が個展に。以前絵を買ってくれたということで、かなり優しくしていた。ボクチャンは眼中になかった。

コンフィデンスマンJP第3話の感想は?

コンフィデンスマンJPの3話も個人的にかなり面白かったですね。やはり展開がものすごすぎて、全然現実味がないですが、出演者の馬場ふみかさんもかなり可愛かったですね。ふみかさんは最初と最後しか出ていなかったので、もっと出演して欲しかったですが、ボクチャンはまた散りましたね^^

2話も旅館の女将さんと仲良くなりましたが、別の男性と結婚しましたし、今回は絵を買ってくれた社長優先の対応で、コンフィデンスマンJPの話が進むごとにボクチャンが可哀想になっちゃいます。

毎回仲間から抜ける!と言ってどっか行くボクチャンですが、今回は抜けませんでしたね。

なんだかんだ仲のいい3人の物語は観ていて面白いです。

こちらも読まれています♪

東海オンエアまとめ

CTA-IMAGE 東海オンエアのメンバーの気になることをまとめています。

2018年春ドラマカテゴリの最新記事