FODで好きな動画を今すぐ無料で視聴!モンテクリスト伯やコンフィデンスマンJPも今すぐ観れる!

コンフィデンスマンJP(ドラマ)第4話のネタバレと感想!映画制作に莫大の費用が!

コンフィデンスマンJP(ドラマ)第4話のネタバレと感想!映画制作に莫大の費用が!
Sponsored Links

2018年4月30日(月)の21時からコンフィデンスマンJPの第4話が放送開始されましたね。食品偽装をしている会社の社長を映画制作で騙すという、なんとも斬新なアイディアなのでしょう。

猫王さん
猫王さん

コンフィデンスマンJPの4話は佐野史郎さんが演じる「俵屋勤」を騙すにゃん。

ロボートJr.
ロボートJr.

横暴な社長で食品偽造をしてる酷い人だがしゃん。

あくまる
あくまる

まさかの映画で騙すでび〜。映画の撮影地は日光江戸村みたいでび〜。

こちらのページでは、ドラマコンフィデンスマンJPの第4話のあらすじネタバレ、そして感想をまとめて紹介していきます。

Sponsored Links

コンフィデンスマンJP第4話のあらすじは?

ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さず……。

引用元:fujitv.co.jp

コンフィデンスマンJP第4話のネタバレは?

4月30日の21時からコンフィデンスマンJPの4話が放送されましたね。今回ダー子達は無類の映画好きである俵屋勤社長を映画制作で騙す作戦を考えます。

実際に映画を作ったり、映画好きの人が集まる喫茶店を作ったり、ダー子が女優になったり。4話はわりと内容が盛りだくさんで、展開も結構面白いです^^

そんなコンフィデンスマンJPの4話のネタバレをまとめていきます。

もしコンフィデンスマンJPの4話のネタバレより先に、見逃し動画を観ておきたい!という方は、Tverまたは、FOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することができます。

※Tverは放送日から1週間限定で視聴できるサービスです。コンフィデンスマンJP4話は5月7日まで視聴可能です。期限が過ぎてしまうと観ることができませんのでご注意ください。

長澤まさみが読んだ冒頭の名言は淀川長治?

映画とは国と国の垣根をなくすこと。
映画とは世界の言葉を持っていること。
映画とはみんなが見るもの。
映画とは人間を知ること。

by 淀川長治

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:俵屋フーズの食品偽装発覚

宮下正也が工場長になった3ヶ月後に、自社製品の産地偽装が明らかになった。看板商品である「うなぎのカレー煮」は実は外国産のものを国産と偽っていたのだ。

そのことを家族に打ち明けたいが、家族では立派な父親で通っているため、そのような会社で働いていることを言えなかった。

社長の俵屋勤に相談するが、映画の話で例えて嘘なんていくらでもある!と横暴な態度をとる。マンションのローンなどで脅し告発をさせないようにする。

宮下は社員寮の管理人に降格させられた。そこで告発文をポストに入れるところで悩んでいた。こんなことをしたら会社をクビになってしまうからだ。

ダー子は映画を観ている時、めっちゃ喋る。しかも一人で。その帰りに泥酔の宮下に遭遇する。宮下はダー子から去る前に、1つの封筒を破り捨てていった。その封筒をダー子は持ち帰り、セロテープで貼り付ける。内容は俵屋フーズのうなぎの産地偽装に関する報告書だった。

結局、宮下はポストに封筒を入れなかった。

宮下は社員寮の管理人から工場長に復帰していた。今までより元気に働いている。社長に忠誠を誓って魂を売ったのだ。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:俵屋勤に出資の話を持ちかける

俵屋勤は典型的なお坊っちゃま社長。二度の離婚を経て独身。公私共にやりたい放題。会社に出社するとセクハラをする。部下に対する態度もものすごくでかい。異常な映画好き。学生の頃を映画を作り俳優もしていた。月刊シネマ新報を定期購読している。

数日後、俵屋勤の家に届いた月刊シネマ新報を別のものに変更。ダー子とボクチャンは映画のストーリーを作成している。時代劇。タイトルは「用心棒大集合」

映画好きが集まる喫茶店を準備している。先ほど俵屋勤の家に届けた月刊シネマ新報にはダー子が準備した喫茶店が特集されていた。名前は「スワンソン」

中は薄暗く昔の映画の写真やポスターが複数飾られている。もちろん俵屋勤はテンションが上がり、一人でニヤついている。

俵屋勤が頼んだカツサンドはなんと、ブランデーをかけて食べるもの。さすがにダー子はふざけすぎていると思うが、俵屋勤は素直に食べる。以外と純粋な男だ。パンを濡らす時点で僕は良くわからん^^;

俵屋勤とダー子が話をしていると、変装をしたボクチャンとリチャードが来店してきた。二人は映画の話をしている。ボクチャンは新人監督リチャードは東進映画のプロデューサー

俵屋勤は聞き耳を立てている話の中に入りたがっていた。

俵屋勤は二人が落としていった映画の脚本を見て目を見開く。誰も見ていない隙に脚本を手に取り、背広に隠す。そこに二人は喫茶店に戻ってきた。リチャードはボクチャンを怒る。

その様子を見て俵屋勤は二人に脚本を渡す。

Sponsored Links

ボクチャン、リチャードは俵屋勤と名刺交換をし、一緒の席で映画の話をする。俵屋勤に映画の脚本を渡して、映画制作の一員にしようという作戦。ここで出資してもらえば作戦成功

出資の話をするが、俵屋勤は全く乗る気ではない。4人でお酒を飲んで、みんな泥酔。ダー子が俵屋勤に注ぐウイスキーの量は天に召される量。全員顔が真っ赤っか。

泥酔するも、俵屋勤は出資の話に乗らない

なぜ俵屋勤が出資しないのかダー子、ボクチャン、リチャード、五十嵐の4人で話す。俵屋勤は映画が好きすぎて憧れのものだから出資をしないと話がつく。

俵屋勤を映画撮影場所に招待する。ちなみにロケ地は日光江戸村。エキストラやセットが本格的だ。

そこには伊吹吾郎がいた。リチャードは話をする。しかし伊吹吾郎はリチャードのことを知らない。この撮影場所は伊吹吾郎が主演の映画「鬼吉犯科帳」のロケ地だった。

食堂でリチャードとボクチャンは撮影する映画の主演女優が妊娠しておりたこと、さらに出資者が主演女優を目当てに出資していることを伝える。俵屋勤に3億必要だと伝えるが出してくれなかった

ボクチャンは伊吹吾郎に映画の脚本を渡す。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:マギー・リン作戦で出資を!

主演女優はダー子に決まった。名前は「マギー・リン」。月刊シネマ新報にマギーリンの特集を組むと、俵屋勤は興味を持った。後日、喫茶店でボクチャンとリチャードが映画について話していると、そこに俵屋勤がやってきた。

主演女優にマギー・リン起用すると伝えると、俵屋勤はめっちゃいい反応する。

ダー子と五十嵐は昔の映画業界の話をする。女優は売れるために出資者と仲良くすることを俵屋勤に聞こえる声で話す。俵屋勤の顔がニヤニヤする。(マギー・リンと俺が・・・^^)そんな妄想だろう。

後日、空港にマギー・リンが到着。ものすごい人が来ているが、全員エキストラ。もちろん俵屋勤も空港へ。

俵屋勤から電話があり、3億円出資するとのこと。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:俵屋勤の出資の条件

喫茶店で俵屋勤と出資の話をする。3億振り込む前に条件を提示する。その条件は映画について自分が口出しをするというもの。さすが映画好きである。脚本に駄目出しが58箇所。

  • タイトルがありえない
  • 時代考証がおかしい
  • 展開に無理がある。
  • キャラクターの多くがパクリにあたる。

ダー子はボクチャンに脚本の変更を頼む。がしかし、出来上がった脚本も駄目出しされる。

エキストラなどでものすごい金額になっていく。俵屋勤の要求がすごい。俵屋フーズの社員もエキストラで参加することになった。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:映画撮影開始!

嘘の映画なのに本当の映画を撮影しているかのようなセットやエキストラ。俵屋勤は監督気取り。一応okが出る。さらにマギー・リンと俵屋勤のシーンを要求してくる。

別の撮影日。

俵屋勤も映画の撮影に参加する。演技がうまい。(当たり前か)衣装的にかなり大事なポジションの役柄のような気もするが、一応クランクアップ。映画が完成した。

俵屋勤から3億円の振り込みしたことを伝えられ、一安心。

エキストラで来ていた宮下にダー子が

「台詞のある役やってみない?」

と、台詞が書かれている紙を渡す。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:3億円振り込み確認後・・・

ホテルでダーことボクチャンが話している時に、俵屋勤が部屋を訪れる。これから映画にドンドン出資していくから仲良くしたほうがいいと誘い始めた。

「二人で飲もう。僕が言っている意味わかるよね?」

ダー子は着替えに行く。

「君じゃない!」

俵屋勤はボクチャンを見つめる。お目当はなんとボクチャンだった。ダー子は部屋を出て行く。まさかの俵屋勤は男好きだった。二度も結婚しているのに。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:完成した映画の試写会

2ヶ月後、俵屋勤は完成した映画の試写会に呼ばれた。多くのファンの方が訪れているが、これもエキストラ。試写会でも出しゃ張る俵屋勤。

始まった映画は俵屋フーズで宮下主演の食品偽装の告発動画だった。(撮影した映像と告発動画を面白く編集しているので、これは実際に見て欲しい^^結構面白い笑。)

映画(?)が終わるとダー子たちの姿はなかった。

コンフィデンスマンJPの4話ネタバレ:3億騙し取ったのに、−2815円の赤字

エキストラやセット、試写会の経費が異常なほどかかったようだ。

テレビを見ていると食品偽造で俵屋勤が逮捕されたニュースが流れた。さらに伊吹吾郎主演の映画の情報が流れていた。その映画の名前は「用心棒大集合」。ボクチャンが伊吹吾郎に渡した脚本が、そのまま映画化されたのだった。

コンフィデンスマンJPの4話を視聴する

『コンフィデンスマンJP』見逃し動画を今すぐ無料で視聴したい方はこちら

宮下主演の食品偽装の告発動画も観れます。(コンフィデンスマンJPの4話の41分50秒からです♪)

コンフィデンスマンJP第4話の感想は?

今回も個人的に見ていて面白かったです^^内容も良かったですし、展開はなかなかぶっ飛んでいますよね。食品偽造の社長を映画制作で騙すというアイディアも良かったですし、ダー子、ボクチャン、リチャードのコンビネーションも最高です。

そして今回の長澤まさみさんの衣装は喫茶店の店長と女優でしたね。女優の時の衣装も可愛かったですが、僕は空港に着いた時の衣装が可愛かったです^^

毎回展開が読めないですし、少し目を離すと内容がわからなくなりますね。それだけ1つの内容が濃いと思いますし、コンフィデンスマンJPは1話完結というのも、魅力的です。

2018年春ドラマカテゴリの最新記事