モンテクリスト伯(ドラマ)第2話のネタバレと感想!神楽と幸男に復讐開始?

モンテクリスト伯(ドラマ)第2話のネタバレと感想!神楽と幸男に復讐開始?

ドラマ『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』2話のネタバレと感想をまとめていきます。

2018年4月26日(木)に放送が開始され、わりと反響があったようですね。1話で柴門暖が無実の罪で捕まりました。そして2話で自分の故郷に帰り、いろんな変化に驚きます。母が亡くなっていたり、元婚約者が結婚していたり。会社が潰れかけていたり。

暖が牢獄にいる間、いろんな変化があり、その内容が2話で確認できます。

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』2話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

猫王さん
猫王さん

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』2話は牢獄から脱出して地元の街に帰ってくるにゃん。

ロボートJr.
ロボートJr.

牢獄に入っていた間、本当に様々なことが変わっているがしゃん。

あくまる
あくまる

仲間だった神楽は社長になって、幸男は有名俳優になってるでび〜。

では、ドラマ『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』2話のネタバレと感想をまとめて紹介していきます。チェックしてみてください!

Sponsored Links

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』2話のあらすじは?

無実の罪を着せられ異国の地に投獄されてしまった柴門暖(ディーン・フジオカ)。テロリストとのつながりを白状するよう激しく拷問されるが、暖は身に覚えがあるはずもなく答えようがなかった。しかし、暖は潔白を証明することも出来ず、そのまま地下の独房に幽閉されてしまう。与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦う8年の月日が流れる。だが、暖にも限界ついに生命の限界が訪れようとしていた…。

そんな時、地下牢の床から1人の男が顔を出す。暖を脅し、看守への告げ口を封じる闖入者は日本語を話した。男が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。穴は男の独房に通じていた。

暖が出会った男の名は、ファリア真海(田中泯)。投獄されている国の元大統領だった。暖は自分が投獄された理由をファリアに尋ね、入間公平(高橋克典)や神楽清(新井浩文)たちにハメられたことを知る。手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖は永遠とも感じられる作業の中、ファリアから様々な知識と教養を得る。生かされているだけでなく、目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。暖の目的とは日本に帰ること、そして何より自分を陥れた人間たちへの復讐だった。

暖がファリアとトンネル堀を続けて数年後。ついに脱獄可能な場所にたどり着く。だが、暖よりも年長で長い年月を戦い続けたファリアは力尽きようとしていた。暖はファリアからあるものを託される。

引用元:fujitv.co.jp

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』2話のネタバレは?

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』の2話のネタバレを書いていこうと思います。もし、先に2話を観ておきたい!という方は、『Tver』または『FOD』で見逃し動画を観ることができます。

注)Tverで観る場合は5月3日(木) 20時44分までの限定配信になるので気をつけてください!

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』2話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

モンテクリスト伯(ドラマ)2話ネタバレ:暖が地元に帰ってきた

2017年春、守尾漁業の社長になった守尾信一朗は銀行に融資を受けに行った。しかし回収の見込みがないため、融資を受けられない。社員の給料を払うこともできず、信一朗は悩む。車から聞こえてくるラジオからは、何者かが密入国したというニュースが流れた。

それは髪も髭も伸びきっていた柴門暖だった。暖は家の近くの家の果物を食べ、柴門恵(幻想)に怒られ、母が見える実家に走っていくが、工事中になっていた。壁をよじ登って中を見ると、家が壊され、更地になっていた。

暖は倒れこみ、そこを通りかかった信一朗に助けられる。

家に住んでいた人を訪ねると

「柴門さんのおばさんのことですか?」

と、返ってくる。

しかし随分前に亡くなったと聞かされる。柴門団の母は亡くなってから2ヶ月経ったことに見つかった。暖が捕まった頃から人と関わることを辞め、結果的に餓死していた。

ここで暖は気を失った。

モンテクリスト伯(ドラマ)2話ネタバレ:牢獄の床から老人が

暖が捕まっている牢獄の床から老人が出てきた。老人は地面の下を掘って外に逃げようとしていた。しかし出てきたのは暖の部屋。失敗だった。

老人はまた穴に入り戻っていった。足から入ればいいものを・・・。

Sponsored Links

暖は穴に入り道を辿ると老人の部屋にたどり着いた。老人は窓の外を見て太陽の動きを観測てして日にちを数えていた。この時、2011年

捕まったのが2003年だから、牢獄に来て暖は8年も経っていた。老人はすでに20年近くも牢獄で暮らしていた。

暖は老人に声を荒げて、なぜ捕まったのか質問する。

老人は「入間」のことを知っていた。手紙を届けようとしていたことも知っていた。入間貞吉のことも知っていて、テロ組織との関係も知っていた。さらに警察官の入間公平と入間貞吉は親子だとも教えてくれた

暖は手紙を入間貞吉に渡すことを警察に匿名で連絡が入ったことを老人に話すと、「誰かに喋りでもしたんだろう。」と返ってくる。思い返すと、船の上で暖は神楽に手紙のことを話していた

暖は看守の来る時間だからと部屋に返される。暖は仲間にハメられたと気づき、絶望する。窓の外を見ようとかべをよじ登るが落ちてしまう。

暖は老人にまた会いに行った。一緒に脱獄しようと暖は提案する。生きる意味を見つけて暖は今までよりも生き生きとしている。一緒に穴を掘っていると、老人は元大統領だと知る。ラデル共和国の元大統領「ファリア真海」という名前だった。学校の教科書にも名前が載るくらい有名な人だった。

暖とファリア真海は数年間、穴を掘り続けた。ファリア真海はだんだんと力がなくなり、衰えていくのが目にみえる。暖は壁をよじ登り、窓の外を見ると綺麗な星が輝いていた。すみれと一緒に星を見ていたことを思い出し、さらに穴を掘り元気が出てくる。

すると、外が見えた。

暖はファリア真海の部屋に戻り、海が見えたことを伝えると、力尽きる寸前だった。一緒に外に出ようと話していると、力尽きてしまった。ファリア真海は袋に詰められ、看守に海に棄てられるところだった。しかし看守の目を盗んで暖はファリア真海を地下に移動し、自分が袋に入った。

看守に海に投げ捨てられ暖は袋から脱出し、脱獄に成功した。

モンテクリスト伯(ドラマ)2話ネタバレ:暖をハメた人物の正体

暖は漁業会社の一室に運ばれ助けてもらっていた。そこの会社はもともと暖が働いていた会社。社長の信一朗はまだ小さい頃に暖と毎日会っていた。しかし暖の姿を見ても暖だとは気づかなかった。

暖はご飯をもらうと着替えも準備してもらった。暖が働いていた頃の社長である「守尾英一朗」のことを訪ねると、病気で入院していると知らされる。

暖はすみれの喫茶店を見つけ窓から中を見る。すると女性が働いていた。後ろ姿はすみれそっくりだ。中に入ってみると、全然違う女性が働いていた。名前を聞くと「ひなこ」という女性だった。

暖は「良かった・・・。」と声が漏れる。その気持ちはわかる。

暖はすみれのことについてひなこに質問する。暖はすみれのファンだと思われる。すみれは料理研究家になっていた。東京に引っ越し、南条幸男と結婚し、娘も一人いた

暖が牢獄に入る前は幸男はまだ売れない役者だった。しかし14年の間に幸男はかなり売れてテレビやCMに出まくっていた。

店の裏の方で寝ていた男性は暖と知り合いの寺角類だった。地上げ屋だったが無職になっていた。暖は類に過去のことを聞こうと海で強引に問いただした。

柴門家の土地は神楽が奪い金にして成り上り、東京で社長をしていた。そして神楽が怪しい手紙を持っている暖を警察に通報しようと提案したと言われる。しかし警察に通報したのは神楽ではなく、南条幸男だった。幸男は暖をハメてすみれを奪ったのだ。

Sponsored Links

暖をハメた人物は神楽と幸男だった。

元社長の信一朗に暖は会いに行った。しかし暖のことは覚えていなかった。

モンテクリスト伯(ドラマ)2話ネタバレ:ファリア真海から託されたもの

暖はファリア真海にシンガポールの銀行を教えられる。資産を隠していたのだ。バンク・オブ・スウィッツランドというシンガポールに暖は向かった。一見ホームレスの暖はロビーで止められる。

ファリア真海に教えられた暗証番号を伝えると奥まで通され資産を受け取った。そこには45,912,654,038ドル(日本円で4兆円以上)入っていた。

モンテクリスト伯(ドラマ)2話ネタバレ:漁業会社元社長、英一朗の葬儀

葬儀には神楽、幸男、すみれ、入間が参加していた。幸男は有名人だからか葬儀に来ていたおばさま方に写真を撮られていた。

すみれは神楽のことを少し嫌っている様子。暖の母親が一人で住んでいた家の土地を奪ったからだろう。

漁業会社は潰れてしまった。しかも借金は1億円にも昇る。

信一朗は会社に戻ると、暖に貸した服がクリーニングされた状態で戻されていた。そこには手紙も入っており「その節はありがとうございました」と書かれていた。さらに小切手で1億円が入っていた。

幸男と神楽は港で話をしている。そこに暖が現れる。しかし二人は暖のことに気づいていない。正直、気づかないのは少し不自然だと思ってしまった。

暖はクルーザーで去っていった。

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』2話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』2話の感想は?

モンテクリスト伯の2話も面白かったですね^^1話で酷い拷問を受けて2話では何もないところで何もしない生活を数年続けている様子でした。そこにファリア真海が床から現れて、添えがなかったら暖も力尽きていましたね。

ファリア真海と話したことによって、神楽と幸男、入間に復讐をしようと決意してからの暖の行動力はすごいです。

無事に地元に戻ってきたら、いろんなことが変わっていましたね。母親がなくなり、すみれは仲間だった幸男と結婚し、神楽は自分の家の土地を奪われ。働いていた会社は潰れ。

散々ですね^^;

4兆円近い資産を手にした暖はこれから3人に復讐していくのですが、どんな復讐をしていくのかが楽しみですね^^

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』3話のあらすじは?

柴門暖(ディーン・フジオカ)はファリア真海(田中泯)の莫大な隠し資産を譲り受けた。素性を知られぬため暖はモンテ・クリスト・真海と改名し、世界屈指の投資家となる。しかし、大金持ちとなった暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されていた。

ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると誤ってパドルを落としてしまう。手で漕いで浜に帰ろうとするのだが、潮の流れが悪くなかなか戻れない。その時、クルーザーが近くを通り過ぎた。愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻ってくる。クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)は愛梨たちを助けた。

港に戻ると、愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので家に寄って欲しいと頼む。真海は愛梨たちと明日花の家へ行くと幸男(大倉忠義)が帰って来た。明日花は幸男とすみれ(山本美月)の娘。愛梨は幸男のマネージャーだった。ほどなくすみれも帰宅。幸男は有名な俳優、すみれはやはり著名な料理研究家になっている。帰り際、真海は自分の別荘でホームパーティーをしたいと、幸男とすみれを招待した。

真海が別荘に戻ると神楽清(新井浩文)が秘書とともに現れる。真海はこの別荘を神楽から買っていた。神楽にも夫婦でパーティーに来て欲しいと招待状を渡す真海。さらに、真海は入間公平(高橋克典)にも接近する。

引用元:fujitv.co.jp

モンテクリスト伯のネタバレ感想ページまとめ!

まとめ

モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-2話のネタバレと感想をまとめてみました。個人的に楽しみにしていたドラマで、実際に見てみるとかなり面白いですね^^

3話から暖の復讐が始まるのでお楽しみ♪

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』2話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

こちらも読まれています♪

東海オンエアまとめ

CTA-IMAGE 東海オンエアのメンバーの気になることをまとめています。

2018年春ドラマカテゴリの最新記事