FODで好きな動画を今すぐ無料で視聴!モンテクリスト伯やコンフィデンスマンJPも今すぐ観れる!

モンテクリスト伯(ドラマ)第3話のネタバレと感想!真海と江田愛理の関係は?

モンテクリスト伯(ドラマ)第3話のネタバレと感想!真海と江田愛理の関係は?
Sponsored Links

ドラマ『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』3話のネタバレと感想をまとめていきます。

2018年5月3日(木)に放送が開始された内容からモンテクリスト真海(柴門暖)の復讐が始まりますね。個人的に牢獄に入れられた時と見た目がほとんど変わらないのに、なんで地元の仲間や、元社長、元婚約者が気づかないのかな〜って疑問に思いました。

暖が消えて数年も経っていますし、全員この世にいないと思っているから、暖だとは気づかないのだと思います。

猫王さん
猫王さん

モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-の3話で元婚約者や地元の仲間と普通に会話するシーンが少しだけ不自然に見えたにゃん。

ロボートJr.
ロボートJr.

まだ今の段階だとわからないけど、元婚約者のすみれは暖のことをいつ気づくんだがしゃん。

あくまる
あくまる

2話で地元に戻った暖は、誰からも気づかれずショックを受けていたでび〜。

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』3話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

では、ドラマ『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』3話のネタバレと感想をまとめて紹介していきます。チェックしてみてください!

Sponsored Links

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』3話のあらすじは?

柴門暖(ディーン・フジオカ)はファリア真海(田中泯)の莫大な隠し資産を譲り受けた。素性を知られぬため暖はモンテ・クリスト・真海と改名し、世界屈指の投資家となる。しかし、大金持ちとなった暖=真海の心は満たされることはなく、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されていた。

ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると誤ってパドルを落としてしまう。手で漕いで浜に帰ろうとするのだが、潮の流れが悪くなかなか戻れない。その時、クルーザーが近くを通り過ぎた。愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻ってくる。クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)は愛梨たちを助けた。

港に戻ると、愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので家に寄って欲しいと頼む。真海は愛梨たちと明日花の家へ行くと幸男(大倉忠義)が帰って来た。明日花は幸男とすみれ(山本美月)の娘。愛梨は幸男のマネージャーだった。ほどなくすみれも帰宅。幸男は有名な俳優、すみれはやはり著名な料理研究家になっている。帰り際、真海は自分の別荘でホームパーティーをしたいと、幸男とすみれを招待した。

真海が別荘に戻ると神楽清(新井浩文)が秘書とともに現れる。真海はこの別荘を神楽から買っていた。神楽にも夫婦でパーティーに来て欲しいと招待状を渡す真海。さらに、真海は入間公平(高橋克典)にも接近する。

引用元:fujitv.co.jp

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』3話のネタバレは?

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』の3話のネタバレを書いていこうと思います。もし、先に3話を観ておきたい!という方は、『Tver』または『FOD』で見逃し動画を観ることができます。

注)Tverで観る場合は5月10日(木) 20時44分までの限定配信になるので気をつけてください!

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』3話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

モンテクリスト伯(ドラマ)3話ネタバレ:すみれと幸男との出会い

南条幸男のマネージャーの江田愛理(モンテクリスト伯3話登場(モンクリ)|江田愛理役(南条のマネージャー)は桜井ユキ?)と娘の明日香が湖でカヤックにんって遊んでいた。しかし明日香が使っていたパドルが波に流されてカヤックが転覆してしまう。

自力でカヤックを戻すが、パドルが流されてしまい、手で漕ぐしかない。飲み水も残り少ない状況に明日香は江田愛理にあげようとする。優しい一面を見せ、海で遭難したら星を見ると、港の場所がわかることを教えた。これはモンテクリスト1話で柴門暖が自分が働いていた会社の船で遭難した時に、港に戻ってきた方法だった。ということは、暖の元婚約者であるすみれは南条幸男と結婚して娘も授かっても、暖のことは忘れてはいなかったということになる。

そこに1台のクルーザーがやってきた。そのクルーザーに乗っていたのは柴門暖こと、モンテクリスト真海。(3話から柴門暖はモンテクリスト真海に名前が変わった。)

※以下、柴門暖はモンテクリスト真海に。

江田愛理と明日香を助けた真海は明日香に似顔絵を描いてもらっていた。クレヨンで子供らしい絵を描いてくれた。真海は明日香に海で遭難したことを教えた。明日香は真海に渡した絵を返してもらう。自分の家に飾るからだ。

真海は二人から立ち去る時に、明日香の両親が挨拶したいということで、家に向かう。かなり大きな家で豪邸と言っても過言ではない家。明日香の父親は南条幸男。母親は南条すみれ。幸男は真海の顔を見ても覚えていなかった。

モンテクリスト真海となって2話でも幸男と会っているが、それすらも覚えていなかった。ちなみに神楽も会っているが覚えていない。

真海は自分のことを話し始める。

モンテクリスト真海という人物

改めて、モンテクリスト真海とは元々柴門団。暖は牢獄へ陥れた、南条幸男、神楽清、入間公平を地獄に落とすために、名前を変え資産と地位を手に入れ、戻ってきた。

今は投資家として活動している。間座で偉大な投資家としても有名で、シンガポールで活動する41歳。国政はシンガポールで日本語、英語、スペイン語、イタリア語、中国語を話す日系人。

2017年にシンガポールに投資会社F&D Investment Co.Ltdを設立している。

設立から1年間で海運、衣料品、食品、外食などの分野で成功し有力企業を次々に傘下に収めている。

カンボジアやフィリピンで学校を作るなど、事前活動も行なっている人物。

モンテクリスト伯(ドラマ)3話ネタバレ:自宅のパーティーに誘う

すみれが帰ってきた。

Sponsored Links

真海とすみれが再開する。元婚約者だが顔を覚えていなかった。初めましてという真海の顔が切なく見える。すみれはシフォンケーキを作っていた。現在は料理研究家として活躍している。すみれの子育ては少し厳しめに見える。

お茶とシフォンケーキをいただく真海。すみれと二人っきりだが、やはり覚えてはいなかった。江田愛理は明日香の宿題を見に部屋を出る。幸男とすみれと真海の3人でお茶が始まる。幸男は真海に日本に来た理由を聞いた。

真海はある夢があるから日本に来たという。どんな夢か聞かれるが、それは叶ってからだと。ということは復讐が成功した後に全てを打ち明けるのだろう。

真海は自宅でのパーティーに誘った。

モンテクリスト伯(ドラマ)3話ネタバレ:入間公平と再開

真海は別荘で秘書と話す。別荘は前から購入しようと思ってたという。

「ここは嫌いか?」

庭のマリア像の前で秘書に質問すると秘書の土屋は何か隠している様子だった。

真海の別荘に神楽清と秘書が挨拶にやってきた。真海は神楽に会いたがっていた。それは不動産投資をするためだった。話の流れで神楽もパーティーに誘う。結婚していることを聞き、奥さんも誘った。奥さんの名前は神楽留美。(モンテクリスト伯3話登場(モンクリ)|神楽留美役(神楽清の妻)は誰?稲森いずみ?

【関連ページ】稲森いずみは誰と結婚してる?過去の彼氏は反町隆史でフライデー掲載も?

神楽はスケジュールを確認してから返事をすると返した。帰り際真海は神楽にロッドをプレゼントした。なんでも富を釣り上げられるそう。

神楽の秘書は真海について調べていた。しかし過去のことは全然情報が出てこなかった。神楽は真海にもらったロッドでゴルフの素振りをした。おそらくロッドに入れる袋か何かに盗聴器が仕込まれていた。神楽の会社の前まで盗聴にきた全身黒の服装でバイクに乗っているのは、南条幸男のマネージャーの江田愛理だった。後々分かるが、江田愛理と真海は裏で繋がっている。

神楽は帰宅し奥さんの留美が料理をしていた。秘書からパーティーのことをつたえられると、二人とも参加する流れになった。

留美は作った料理を床にこぼしてしまい、布巾でかなり念入りに拭く。汚れは落ちているのに念入りに拭く。秘書が止めに入りようやく辞めた。異常なほどのキレイ好きだ。キレイ好きというよりも過去の出来事が原因だった。

神楽が寝ている隙に留美は起き、一人家を出た。同じマンションの一室に向かうと男性二人がいた。そこで大人の関係になる。不倫をしていたのだ。

すみれは自宅の庭で幸男とパーティーのことについて話す。結局参加することになり、現在の参加者は神楽夫妻と南条夫妻の4人になった。真海曰く、もう二人参加するという。

入間公平が奥さんの瑛理奈に見送られる。夫婦関係はよそさう。瑛理奈はトレーニングのために自分の車でジムへ向かった。そこに先ほど神楽と秘書の盗聴を行った南条幸男のマネージャーの江田愛理がいた。

ジムでトレーニングしている瑛理奈のロッカーをピッキングし、飲み物にアレルギーであるそば粉を入れた。トレーニングから戻るとロッカーに入れておいた飲み物を飲んだ。

瑛理奈は帰り道、体がだんだんと痒くなってきた。車まで急いで向かうが症状が酷く自分で薬を投与することもできなかった。そこに真海が登場。薬を投与し、自宅まで送ってあげた。

瑛理奈は無事体調が戻った。お茶をいただいている時に自己紹介が始まった。娘の入間未蘭と息子の瑛人。息子が自己紹介をした時に、「本物の息子」と言っていたので、娘は瑛理奈と入間公平と血が繋がっていないことがわかる。

そこに入間公平が早めの帰宅していた。真海と公平は再開する。

入間公平もやはり真海の顔を全然覚えていない。瑛理奈の異変に真海に尋問のようなことを始める職業病だ。

真海は入間公平にパーティーを誘うが、職業柄誰が来るかわからないパーティーには参加できないと言われてしまう。しかしパーティーに参加する神楽の名前を挙げると、変な反応を見せる。

真海は一応パーティーの招待状を渡した。真海が帰った後に招待状を見ると、見たことがある住所が書かれていた。そこの住所(真海の別荘)で入間公平が神楽留美と不倫をし子供をおろしていたのだ。(後のネタバレ)

真海はカツオを買いに市場に向かう。そこには守尾信一朗が働いていた。やはり真海の顔は覚えていない。

モンテクリスト伯(ドラマ)3話ネタバレ:パーティー当日

すみれと幸男がパーティーに向かう前に、江田愛理の仕事のミスですみれが参加できなくなってしまった。幸男も参加しないつまりだったが、すみれが作ったケーキを届けるということで、一人で参加することに。

先に神楽夫妻が真海の別荘に到着。しかし奥さんの留美が車から降りてこない。先ほどもお伝えしたように、入間公平と神楽留美は不倫関係にあって、真海の別荘で子供を産んでおろしている。しかも庭のマリア像の前に子供を埋めていた

このような出来事があり留美は帰ろうとするが、神楽が無理矢理連れていく。神楽は以前プレゼントしてもあっらロッドの代わりに、リールをプレゼントした。

パーティー会場にはすでに人が集まっており、神楽夫妻、入間夫妻、南条幸男の5人が集まった。南条幸男は神楽に「初めまして」と挨拶をした。神楽もそれに乗る。神楽留美は入間公平の顔を見ると、ものすごい驚いた顔をした。土屋も驚いた顔をしていた。

真海はなぜこの5人を招待したのか?と尋ねられると「私がご友人になりたいと思う方」と答えた。

キッチンで真海と土屋は料理の準備をしていた。土屋は過去に別荘で起きたことを話し始めた。実は22年前に土屋は別荘に来ていた。生活に苦しくて空き巣に入っていた。誰もいないと思って侵入したが、実は人がいた。女性がすすり泣く声が聞こえ、逃げようと思ったが、男が箱を持ち出しマリア像の下に埋めている姿を見た。二人が帰った後に穴を掘り返すと、生まれたての赤ちゃんが出てきた。しかしまだ生きていた。赤ちゃんを持ち出した土屋は動かなくなり電話ボックスに放置した。

土屋が空き巣に入った時にいた人物は神楽留美と入間公平だった。二人は不倫関係。

真海はカツオをみんなの前でさばき始めた。血が飛び散ると留美の顔に異変が。別荘で赤ちゃんを産んだトラウマなのだろう。自宅のキッチンで床をキレイに磨いたのも、赤ちゃんを出産した時のトラウマだろう。

料理の後にすみれが作ったケーキをみんなで食べている。しかし真海は全然食べない。

真海は庭が見えるベランダに出て外の空気を吸おうと提案する。景色がキレイだと。すると入間公平と留美は顔を見合わせる。そこからはマリア像が見えるからだ。

みんなで外に出ると、マリア像に花が飾ってあった。それを入間瑛理奈は真海に質問する。庭の手入れをした時に土を掘り返し、小さな骨が出てきたと教える。小型犬の骨だというが、留美は動揺を隠せない。

留美は倒れる寸前だった。

ここでパーティーはお開きになった。

モンテクリスト伯(ドラマ)3話ネタバレ:南条幸男の黒い過去

入間公平と留美は二人で会った。留美は怖くて呼んだようだ。留美は「公平」と呼んで、入間公平は「留美」と呼んでいる。(もしかしたら、今後呼び間違いでトラブルが起きるかもしれない。)

すみれが帰宅すると、幸男はすでにパーティーから帰っていた。電話がなり幸男が出るとファックスだった。そこには中国語で「杀人犯(=人殺し)」と書かれた紙が出てきた。幸男も過去に何かがあったようだ

真海は別荘でハンマーで神楽からもらったリールをぶっ壊していた。そこに江田愛理がやってくる。真海は「愛理」と呼んでいる。幸男にファックスを送ったのは江田愛理だった。

江田愛理と真海は親密な仲になっているようだ。これも今後の展開で明らかになってくる。

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』3話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

モンテクリスト伯(ドラマ)3話の感想

モンテクリスト伯も3話まできましたね。個人的に2018年の春ドラマで一番楽しみだったのですが、期待通り面白いですね。真海の復讐は3話からになりますね。1話と2話は牢獄に入って脱出するところなので、見所は3話からということになりますね。

しかも登場人物も一気に増えました。今まで真海の地元の仲間や元婚約者くらいしか出ていませんでしたが、すみれと幸男が結婚して娘ができて、入間公平の奥さんや神楽の奥さんが出てきました。

ですが、この二人の奥さんも裏がありそうですね。神楽留美は3話を見ればわかる通り、入間公平と不倫関係にあったですし、同じマンションで若い男性と不倫をしているシーンが出てきました。今後4話以降でさらにトラブルに巻き込まれるのは確定ですよね^^;

僕的に怖いのが入間公平の奥さんの瑛理奈です。普段ニコニコしていて少し天然な所が逆に裏がありそうで怖いです。まだ本性は出ていませんが、もしかしたら留美以上に黒い過去があるのかもしれません。

でも真海のことを気に入っているので、仲間的な存在になる可能性もありますよね。

やっぱり気になるのは、真海とすみれはどうなるのか?ということですね。結婚することはないと思いますが、どこで柴門暖だと気づくのか?など、見どころ満載のドラマですね^^

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』4話のあらすじは?

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。これは、ターゲットたちの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない。

とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席。政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は次の国有地の取引を有利に運ぼうとしている。木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると神楽に釘を刺した。神楽は留美を残して先に会場を出る。

そこに真海が現れた。入間公平(高橋克典)から真海には近づくなと言われていた留美は驚く。真海は神楽にテナントの相談に来たと言う。そして、店を出すのは自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)だと、連れてきた青年を留美に紹介。そして、安堂の相談を聞いて欲しいと真海は留美を別荘でのランチに誘った。帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。

一方、入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めた。戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言う。入間は未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ。貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていた。まだ結婚には早いと言って欲しいと頼む未蘭に貞吉は…。言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始める。

引用元:fujitv.co.jp

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』3話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

2018年春ドラマカテゴリの最新記事