モンテクリスト伯(ドラマ)第4話のネタバレと感想!安藤完治の親は入間公平と神楽留美?

モンテクリスト伯(ドラマ)第4話のネタバレと感想!安藤完治の親は入間公平と神楽留美?

ドラマ『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』4話のネタバレと感想をまとめていきます。

2018年5月10日(木)に放送された内容からモンテクリスト真海の復讐がだんだんと始まりました。真海の手によって神楽夫妻の関係はボロボロになってしまいましたし、神楽と幸男の仲も最悪な状況です^^;

4話で一気に関係が悪くなりましたが、今後の展開もかなり楽しみです。

猫王さん
猫王さん

モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-の4話でマリア像に埋められた赤ちゃんが誰かわかったにゃん

ロボートJr.
ロボートJr.

まさかとは思ったけど、そのまさかだったがしゃん。

あくまる
あくまる

モンテクリスト真海の復讐劇が怖いでび〜。

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』4話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

では、ドラマ『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』4話のネタバレと感想をまとめて紹介していきます。チェックしてみてください!

Sponsored Links

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』4話のあらすじは?

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。これは、ターゲットたちの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない。

とある土地開発プロジェクトの地鎮祭に、神楽清(新井浩文)が留美(稲森いずみ)とともに出席。政治家の木島義国(嶋田久作)とつながりを持つ神楽は次の国有地の取引を有利に運ぼうとしている。木島は神楽に国有地取引に他の建設業者も動いていると神楽に釘を刺した。神楽は留美を残して先に会場を出る。

そこに真海が現れた。入間公平(高橋克典)から真海には近づくなと言われていた留美は驚く。真海は神楽にテナントの相談に来たと言う。そして、店を出すのは自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂完治(葉山奨之)だと、連れてきた青年を留美に紹介。そして、安堂の相談を聞いて欲しいと真海は留美を別荘でのランチに誘った。帰り道、素直で明るい安堂を気に入った様子の留美は、神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。

一方、入間は娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを決めた。戸惑う未蘭は貞吉(伊武雅刀)に相談したいと言う。入間は未蘭、妻の瑛理奈(山口紗弥加)と貞吉の部屋へ。貞吉は会話もままならず、介護が必要な状態になっていた。まだ結婚には早いと言って欲しいと頼む未蘭に貞吉は…。言葉を話せない貞吉をバカにするかのように、入間は結婚準備を進め始める。

引用元:fujitv.co.jp

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』4話のネタバレは?

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』の4話のネタバレを書いていこうと思います。もし、先に4話を観ておきたい!という方は、『Tver』または『FOD』で見逃し動画を観ることができます。

注)Tverで観る場合は5月17日(木) 20時44分までの限定配信になるので気をつけてください!

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』4話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:神楽留美と安藤完治

土地開発プロジェクトの地鎮祭に神楽夫妻は参加した。そこに衆議院の木島義国も参加していた。神楽夫妻と木島は親しい仲だ。木島は神楽の仕事に関わっている。国有地を有利に自分のものにするため、近づいているのだ。

木島から「五蓉不動産」のことを聞かされる。段々と売り上げを上げている不動産会社らしい。留美は木島と元々知り合いで、神楽と留美の結婚のきっかけを作ったのも木島だった。留美は銀座のホステスをしていた頃に、木島が遊びに来て知りあった。

神楽は仕事で先に現場を後にする。留美は他のお偉いさんと知り合いになるために、一人残される。仕事とお金しか考えていない神楽らしい選択だった。

留美の電話が鳴る。相手は入間公平。真海について、一年前にシンガポールで投資会社を始めて運用資金は3000億円。それまでの経歴が全然わからない。その男がなぜあの別荘に誘ったのか?そのことについて入間公平は気になっていた。そこに真海が顔を出す。

驚く留美に真海は3話で行われたパーティー(モンテクリスト伯(ドラマ)第3話のネタバレと感想!真海と江田愛理の関係は?)で話していたので来たとのこと。真海はテナントを探していて、相談をするためにやってきた。テナントは青年実業家の安藤完治がアパレルショップを出すためにテナントを探していたのだ。留美の印象は良さそうだった。

安藤は留美に力になって欲しいと頼む。真海はミーティングがあるからと別荘に誘った。真海は安藤に投資をするための契約をしていた。その間、留美は入間との子供をマリア像の下に埋めたことを思い出してボーっとしていた。

留美は安藤の対応に笑みを浮かべる。安藤の力になろうと留美は思った。留美と安藤は一緒に帰り、話をする。安藤は両親がおらず施設で育った。出資者を探してして全然軌道に乗っていないことを伝える。

留美は安藤の夢が叶ったら嬉しいという。

安藤はある男の元に向かう。その男に借金の返済に大金を渡す。このある男は3話で神楽夫妻と同じマンションに住んでいて、留美と不倫をしている男だった。(なんの借金なのだろうか?)

安藤は男に「半端ない金ヅルを見つけたんで必ず返します」という。元々、留美のことを騙すために近づいたのだろう。その安藤と留美を近づけたのは真海だから、深海は神楽夫妻をお金関係で関係を壊す計画を立てていると思われる。

Sponsored Links

真海は安藤のことを「私のために生まれてきた人間だ」といい、マリア像が映されたので、おそらく入間公平と留美との間に生まれた子が安藤なのだと思われる(後々ネタバレします。)

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:入間未蘭の結婚相手は出口文矢

入間未蘭は出口くんという男性と婚約する予定のようだ。しかし未蘭は前向きではなく、公平が勝手に仕組んだことだった。研究をしている未蘭は博士課程をとったばかりで、研究をしたいと、結婚について否定的な態度をとる。

未蘭のおじいさんである、入間貞吉は病気で寝たきりになっていた。結婚相手は外務省の出口文矢。貞吉の反応ではイマイチ結婚に反対なのかわからない。しかし未蘭は「お爺様は反対していると言っている」と言った。

未蘭は勝手な事を言ってごめんと貞吉に言う。しかし反応は薄い。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:南条幸男に五蓉不動産のCMの話が・・・

真海は公園にいた南条明日香に声をかける。また絵を描いていた。そこに江田愛理が声をかけてきた。南条幸男は近くでドラマの撮影をしているから、マネージャーである江田が明日香を公園に連れてきていた。

幸男はファックスで届いた「杀人犯」という紙を見ていた。過去に香港で何かの事件に巻き込まれたシーンがあった。誰かが被害にあっていたが、今の所わからない。(5話以降にわかるはず。)

江田は幸男に五蓉不動産のCMの仕事の話を持ちかけた。夫婦で出演依頼があった。幸男は前向きに検討すると応えた。神楽との関係も悪くなる予感がする・・・。

幸男は江田に「バンパって知ってる。香港のマフィアみたいなもの」と質問する。幸男は過去に香港に住んでいた事があり、そこでバンパという香港マフィアと繋がっていたと思われる。(おそらく5話以降のネタバレで記載)江田はバンパについて知らないと答える。(多分知ってる。)

3話で届いた「杀人犯」と書かれたファックスは香港にいる時の人物からだと思い込んでいるはず。しかし送ったのは3話のネタバレでもまとめたように、江田愛理だ。

江田はすみれの仕事終わりに会いにいった。すみれは明日香の事を尋ねると真海と一緒にいると伝えた。すみれは明日香を探しに公園へ。しかし真海の姿はなく、明日香一人で絵を描いていた。すみれはパーティーを欠席した事を詫びようと思っていた。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:神楽の会社、危うい

神楽の元に南条幸男が五蓉不動産のCMに出演するという情報が入った。やはり良くは思っていない。神楽も五蓉不動産も国有地が欲しいと戦略を練る。神楽は衆議院を仲間につけているが、五蓉不動産は幸男をCMに起用した。財務大臣の奥さんが幸男の大ファンらしく、すでに大臣の秘書は幸男と会食の日程を立てていた

この時点で五蓉不動産が有利になる。

神楽は湾岸プロジェクトで国有地を獲得しないと銀行からの融資を受けられなくなる。そうなれば神楽の会社もかなり厳しくなる。五蓉不動産に土地を取られたら、ほぼ負けになる。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:幸男・・・CM降りてくれ・・・

幸男のドラマ撮影の現場に神楽がやってきた。神楽は幸男に五蓉不動産のCMを断るように頼む。しかし幸男は「無理」と答える。さらに幸男は反発的な態度をとる。

神楽も反撃に出る。幸男に「親友を牢獄に送ったという事がバレたら・・・」と脅す。警察に匿名で連絡した事も。

幸男は神楽のCMを降りる事は承諾しなかった。二人の仲はかなり悪くなったように思える。

幸男にすみれからメールが来る。夕飯の連絡だった。明日香は絵を描いていたすみれは幸男の絵を描いていると思ったが、その人物は真海だった。

留美と安藤は真海の別荘にいた。神楽にテナントの件で相談をするためだ。神楽は力になれないと即答する。幸男の件もあってか、余裕がなさそうに見える。真海は神楽の耳元で「南条幸男さんの件ですか?」と質問する。真海は神楽エステートと五蓉不動産が争っているという情報を神楽に伝えた。神楽は投資家だから情報が早いと思っている。

神楽は幸男は平気で人を騙すと真海に伝える。それを聞いて真海は「あの噂もあながち嘘ではないのかもしれない」と意味深な事を言う。幸男は香港で活躍しているときに、とある組織と関わりを持っていたという噂を伝える。

Sponsored Links

その時の神楽の顔は「これ・・・使える!」という感じだった。

留美は同じマンションの違う部屋で男と不倫をしている。安藤からお金を受け取った男もそこにいた。もう一人の男が仮想通貨について留美に話す。その間、安藤からお金を受け取った男は留美のスマホにウィルス(?)を仕込んだ。留美は仮想通貨に興味を持っているようだった。

二人の男はマンションから出ると、真っ黒の服にヘルメット姿の人物からお金を受け取っていた。この人物は3話も神楽への盗聴と入間公平の妻へのアレルギー攻撃と同じ江田愛理のはずだ。という事は、安藤からお金を受け取った男も真海の仲間ということになりそうだ

留美は部屋で一人仮想通貨ベルを購入していた。安藤のビジネスに投資するためだろう。その額1000万円以上。真海は仮想通貨ベルを段階的に全部売る計画を立てていた。真海が相当な数の仮想通貨を持っていて、それを売るとなると、仮想通貨の値段は下がる。それが真海の狙いだ。

次の日、留美はスマホでベルをチェックすると300万円近くも下がっていた。ベルの急激な大暴落についてニュースサイトでも取り上げられていた。真海の仕業だろう。それに落胆する留美。まんまと罠にはまったのだ。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:遺産か未蘭か

未蘭は一人で市場に。信一朗が働いている売り場でダボハゼの雄を買った。理由は誰にも相手にされていない感じが好きなようだ。それとダボハゼの雌を家で飼っているため、雄が欲しいようだ。

未蘭は唐突に結婚の話題を出す。おめでとうと言われるも嬉しくない様子。結婚はしたくないようだ。

未蘭は家に帰ると貞吉の部屋に。そこには弁護士の人がいた。貞吉の遺言書の変更があったようだ。内容は貞吉の30億円の資産を均等に配分すること。ただし未蘭と出口が結婚した場合、世界文化振興財団に全額を寄付することとする。と変更されていた。

入間公平は判断能力がないため遺言書の変更は無効というが、貞吉判断能力があった。つまり遺言書は有効となる。

「私の遺産か、未蘭の結婚か、どちらか選べ、公平」

貞吉が公平に質問した。入間公平はどっちを選ぶのだろう。(5話以降のネタバレ)

【関連ページ】モンテクリスト伯(ドラマ)第5話のネタバレと感想!瑛理奈の本性が怖い!

住んでいる家は貞吉名義になっているため、もし未蘭を結婚させれば家を出て行くことになる。かなり重大な決断になる。そこに入間公平に電話が来た。相手は留美だった。仮想通貨で作ったマイナス分の300万円が必要なことを伝えた。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話ネタバレ:神楽夫妻の崩壊目前

留美が帰宅する。すでに神楽は帰ってきていた。神楽は1000万円出金したことを伝える。そして負けたことも知っていた。神楽は留美のカバンから300万円入った封筒を取り出す。しかも入間公平からお金を借りたことも、昔の愛人だということも知っていた。

さらに同じマンションの別の部屋に若い男を呼んで不倫していることも神楽は知っていた。しかもそれは秘書の牛山に頼んだことだった。ということは牛山と真海も繋がっている?のかな。

留美は家を飛び出した。神楽はスマホで幸男とすみれが五蓉不動産のCMに出演するというニュース記事を見つけた。その記事を見ながら牛山に香港に行って欲しいと頼んだ。香港で幸男の過去を徹底的に調べて欲しいと頼んだ。

留美は入間公平から受け取った300万円を安藤に渡した。安藤は留美の手を握った。その様子を江田は見ていた。

真海は江田にマリア像の下に埋めた赤ちゃんの話を始めた。入間公平は留美との間にできた赤ちゃんを庭に埋め、その後本妻との間に娘ができた。全てを失った留美は銀座のホステスになった。そこで大物政治家の口利きで神楽を紹介され、結婚した。

留美と安藤はホテルで大人の関係になる。

真海は留美と安藤のDNA検査をしたら、留美と安藤は親子だということがわかった

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』4話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

モンテクリスト伯(ドラマ)4話の感想

3話から真海の復讐劇が始まりましたが、4話の復讐も結構エゲツないですね^^;まず神楽夫妻の関係がすでに崩壊状態になりましたね。借金を作ってしまいましたし、安藤という若い青年実業家とも最後の方で不倫をしています。しかもそれが、入間公平との間に生まれた子供という、ドラマでしかありえない展開になってますね^^;

もともと神楽夫妻には愛がないように見えたので、これ以上崩壊することはないような気もします。

気になるのは神楽と幸男の関係ですね。幸男は過去に香港に住んでいた時に香港マフィアと関係を持っていたようで、しかも何かの事件を起こしたのか巻き込まれたのか、いずれにせよ、何かヤバイことに足を突っ込んでいることは間違いないですよね。それを神楽は秘書の牛山に調べさせるという。これは5話で何かものすごい展開がありそうですね。そうなると、幸男とすみれの関係も悪くなりと思われます。

さらに真海は留美と安藤のDNAが一致している情報を持っていますから、入間夫婦もヤバイことになりますね。留美と入間公平の間に出来た赤ちゃんを別荘の庭に埋めてすぐに本妻との間に娘が生まれているわけですから、留美とは不倫関係だったことは確定ですよね。

入間公平の奥さんの瑛理奈は純粋そうで天然そうな感じなので、不倫を知った時の豹変はかなり怖いでしょうね。

ですが、5話でこれらの展開は一気に来ないと思うのですが、どんな展開になるでしょうか?

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』5話のあらすじは?

実の母子に肉体関係を持たせる…。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森 いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安藤 完治(葉山 奨之)と結びつけた。

真海の次なる一手は、入間 公平(高橋 克典)に向けられる。真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。出口は入間が自ら選んだ、娘、未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。それは入間の父、貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。

一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。守尾 信一朗(高杉 真宙)からダボハゼを渡された未蘭の顔が輝いた。ランチに出ると未蘭は貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが…。

未蘭が帰宅すると出口が来ていた。入間は出口に貞吉の遺言書の件を話す。未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。入間はそれでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。

出口は真海に成り行きを報告。すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。逡巡する出口に真海は、貞吉はかつて人を殺していると話し出した。

引用元:fujitv.co.jp

モンテクリスト伯のネタバレ感想ページまとめ!

まとめ

『モンテクリスト伯 -華麗なる復讐-』4話のネタバレと感想をまとめてみました個人的に一番楽しみにしていたドラマで、まだ4話しか放送していませんが、かなり満足ですね。今の所は!

今後の展開もかなり楽しみですね^^

モンテクリスト伯の放送済みの回を全話配信中

『モンテクリスト伯』4話を今すぐ無料で視聴する

※登録から31日間無料でドラマや映画、アニメを観ることができます。

こちらも読まれています♪

東海オンエアまとめ

CTA-IMAGE 東海オンエアのメンバーの気になることをまとめています。

2018年春ドラマカテゴリの最新記事