2019年冬ドラマ

トレース(ドラマ)3話のネタバレと感想|8歳女児の真実は?

トレースのネタバレと感想

トレース 科捜研の男の第3話では、8歳女児の死の真実のカケラを探します。

どうして、幼い女児が亡くならなければならなかったのか。

そして、ある驚きの真実が証明されることになってしまいます。

それでは、トレース科捜研の男の第3話をご紹介していきたいと思います。

トレースの無料動画無料
トレース(ドラマ)3話|フル動画を無料で視聴する方法【1月21日放送】ドラマ『トレース~科捜研の男~』の第3話の動画をフルで視聴する方法を紹介していきます。 放送日は2019年1月21日のドラマなので...
Sponsored Links

トレース 科捜研の男3話のネタバレ

トレースのネタバレと感想

行方不明になっていた女児を捜索していた所、遺体となり発見されてしまいましたが、遺体になって幼い8歳の女児が発見されました。

殺害されたと思っているのだが、真野さんは何か納得がいっていないような感じだったけど、不審な点は見当たらないというのはどういう事なのでしょうか。

靴下には土は点いていないけど、ズボンのお尻部分と背中には土がついていた。

遺品は出来るだけキレイな状態で遺族に返してあげたいという思い。

殺しそのものが快感ってそんな事あり得るのでしょうか。

連続幼女殺人事件と殺害方法が似ている事もあるので、今回もそうなのではないかと思っているのですが、今までは決定的な証拠はなかったのですが、逮捕出来ると思って捜査に乗り出そうという事なのですね。

でも、そんなに簡単に犯人が逮捕出来るとは思っていないと思いますが、児童館のボランティアが犯人だと決めつけていますが、虎丸さんと真野さんはいつまで対立しているのでしょうか。

どうして、旦那さんは奥さんの事ばかり責め立てるのか分かりませんが、二人ともに責任はあると思います。

でも、旦那さんは娘さんのお世話を奥さんだけに任せていたのなら、責め立てるのはおかしいと思いますし、普通は苦しまないように支えてあげるべきだと思います。

虎丸さんの息子さんは、もうすぐ成人になるという事ですが、5年前に出て行ってしまったきり何も連絡はないという事です。

遊んでいた現場を見ると木の枝が折れたのが目につきましたが、たばこが一本落ちていました。

犯人なら、今まで捕まらないように準備万端にしていたはずなのに、どうしてこの事件だけこんな初歩的なミスを犯してしまうのでしょうか。

DNAは一致しましたが、これが物的証拠にはなりますが、犯行を犯したという証拠にはなりませんし、犯人は他にいる気がします。

そして、木の枝が折れている事にも納得が出来ないので、そこももう少し調べる必要があるのではないでしょうか。

この人の態度もどうなのかと思いますが、公園にはいっていないというのは本当なのでしょうか。

こんな時だったら時間を都合つけられるけど、生きている間に少しでも時間を作って会おうと思えば会えたはず。

子供は、亡くなってもお父さんとお母さんの喧嘩を聞くと悲しくなると思いますけど、もう少し奥さんの気持ちを考えてあげるべきですし、共働きなのであれば協力しあうべきです。

真野さんが、何かに気付きもう一度現場に行ってみるといったのは、木の枝がなぜ折れているのかという事と、たばこがどうして落ちていたのかを確かめる為。

桃ちゃんのお友達がお供えをしているみたいでしたが、怖がっているようにも思いました。

何かを隠していると思いますが、一体どうして「ごめんなさい」なのでしょうか。

あの子が何かしたとは思えないですし、鑑定結果である事が証明されたようなのですが、やはりあの人物は犯人ではない事が判明されました。

どうして塩素が混じっていたのかというと、きちんと消火した後にそこから持ち出して、たばこを置いた可能性があるという事です。

証拠をねつ造してまで、あの男性を逮捕させたかったのでしょうか。

警察が一番してはいけない事を、したんです。

真野さんは、こんなことよくある話とお兄さんの事件から警察の事を恨んでいる様子です。

あの遺書は本当にお兄さんが書いたものなんかを調べてほしかったはずなのに、調べてくれなかった。

定年の前に、幼女殺人の結末を見届けたかったけど、それは出来ずに最終手段をとってしまった。

時効前に明らかにしたかった事があるけど、明らかに出来ないところがあるからねつ造してまで証拠を見つけさせたかった。

真野さんにじきじきに虎丸さんが話しに来るのは珍しいと思いましたが、どうして塚越さんはため息をついているのでしょうか。

虎丸さんが謝るというのは、驚きでしたが執念は晴らしてあげたいという思いも、分かります。

20年前に自分が話を聞けなかった事が無念で仕方なかったので、犯人をちゃんと逮捕しようと思った。

真野さんは、この思いを分かってくれたのと、手帳を見ていて気付いたことがあるので、ツルさんに話を聞きに来ました。

画像であれば何かわかる可能性もあるという事なのでしょうか。

動画も鮮明に残っていましたが、ジーンズは指紋のような形で一緒のものはない。

一致しました。

西内が殺害現場にいたことが判明しました。

これで話を聞く事が出来ますが、逃げるとは往生際が悪い男の人です。

一つの事件が解決したと思ったら、桃ちゃんの事もちゃんと真実を見つけてあげたいと思ったから服を汚すしかない。

この事件は西内ではなく、血液は女性であるという事が判明しました。

足を持っていたら動かす事が簡単にできますが、両脇に手を入れて動かす事が出来なかった子供なのであれば、足を引きづった可能性がある。

事情を聴く事が出来ましたが、暗くなる前に帰ろうといったのですが、桃ちゃんは帰らないといいました。

そして、両親を仲直りさせる方法を思いついたといい、自分が自殺のフリをすることで心配をかけて仲直りさせると、そこまで桃ちゃんに心配をかけていた。

練習のつもりで枝にひもをかけたのですが、枝が折れ硬く首にひもが食い込んでしまい、動かなくなってしまいました。

必死にゆいちゃんはひもをほどきましたが、桃ちゃんは亡くなってしまいましたが、自分が捕まってしまうと考えて怖くなり遺体を隠そうとしてしまい足を持ち移動させた為背中に土がいっぱいついてしまいました。

ゆいちゃんは、何も悪いわけではありません。

子供の最期の願いくらいはかなえてあげてほしいですし、もう少し子供の気持ちを考えて旦那さんも奥さんに接してあげてほしいです。

真相を聞くと、悲しい想いになるのかもしれないけど、最後の想いを聞く事も大事な事。

このタイミングで、ご飯に誘うのはどうかと思いましたが、気を遣ったのでしょうか。

トレース~科捜研の男~を視聴する
  1. 初回1ヶ月無料お試しキャンペーン中
  2. お持ちのスマホやタブレット、パソコンで今すぐ視聴可能

今すぐ視聴する

※トレース~科捜研の男~の放送済みの回を全話配信中

トレース 科捜研の男3話の感想

今回は2つの事件を解決する事が出来ましたが、どちらも悲しい結末でした。

連続幼女殺害事件では本当はツルさんが手錠をかけたかったはずなのに、手錠をかける事が出来なかった。

だけど、定年前に逮捕する事が出来て、本当に良かった。

そして、ゆいちゃん、ももちゃん。

ゆいちゃんは、助けたい、やめておいたほうがいいと言っても、ももちゃんはその方法でしか仲直りさせる事は出来ないと思ってしまった。

だから、わざわざ練習しようとしましたが事故で急に何が起こるか分からない。

本当は死にたくなくても、ふとした時に何が起こるか分からないので、こんなことはするべきではありません。

ご両親に仲直りしてほしい。

その想いは、大きくなるほど気持ちが持って行けなくなり、お母さんも仕事をして疲れているので余計な事は言いたくないという子供なりの想いがあったように思います。

だけど、ゆいちゃんは目の前で大切にしている友達が練習といっても目の前で亡くなってしまうと幼い子供にはどうしたらいいのかも分かりません。

そして、怖くなってしまい、本当はやってはいけない事をしてしまい、謝罪の念だけが募っていった。

誰を責める事も出来ない悲しい事故死になってしまいました。

少しずつ真野さんが追い求めている事も判明してきましたが、お兄さんの事件が最後には解明されるのでしょうか。

トレース3話の感想を聞いてみた!

トレースの3話をみた人に感想を聞いてみました!

みみずく
みみずく

少女の連続殺人かと思いきや、刑事による証拠のねつ造を真野(錦戸亮)が見つけてしまいます。

虎丸(船越英一郎)の性格だと内々にもみ消すかと思いきや、激怒したところはちょっと見直しました。

事実、目をつけられていた男が昔の事件の犯人だったわけですが、さっさと昔の資料を最新技術で再検討していればそんなことにならなかったのにね。

発端となった事件の結末は、なんともいえない内容でした。死んだほうも残ったほうも可哀想です。

ペンネーム:みみずく(20代・男性)

ピーマン
ピーマン

一人の少女の命を救う事が出来なかった刑事の苦悩。犯人を逮捕する為に今まで頑張ってきたのに、定年退職間近だという焦りから証拠品を捏造してしまうという犯罪行為をしてしまった点が、とても残念に感じました。

最後は自らの手で犯人に手錠を掛けて欲しかったです。

そうしてこそ、殺された少女への償いになったのではと思いました。

今回の事件の被害者の少女の死に隠された真実に、とても涙が溢れました。

喧嘩ばかりする両親を幼いながらに何とかしようと必死に考えた行動により、悲劇が生まれるとは。少女に仲直りした両親の姿を見せてあげたかったです。

ペンネーム:ピーマン(30代・女性)

一太
一太

警察が犯人を捕まえるために以前からマークしていた人物の証拠を捏造したことが分かり、その捏造した人物が虎丸の先輩刑事で、彼の執念を虎丸が真野に話していたところが神妙な面持ちで良く表れていて良かったと思います。

真野が虎丸の先輩刑事の以前扱った事件の写真に写っているジーンズを調べ、犯人がそこに居たことを立証に至ったところは緊迫感があったと感じます。

そして以前からマークしていた人物に虎丸が手錠をかけたシーンでは、先輩刑事を想う気持ちが印象深くて良かったと思います。

しかし少女が殺されたと思われた今回の事件では、別の真相が分かり、両親を想う少女が離婚を止めるためにとった行動が引き金だったのが健気だと思いました。

そして真相を虎丸が伝え、それを知った両親が泣きながら後悔していて、その様子は悲しみ溢れていたと感じました。

ペンネーム:一太(30代・女性)

イノマル
イノマル

虎丸が刑事の勘に頼るのは、今回登場した先輩刑事の鶴見の指導を受けた影響かなと見ていました。

しかし、鶴見は虎丸とは違い地道に捜査を重ねて調べ上げているのが捜査手帳からわかったので、一体誰の影響で虎丸があやふやな刑事の勘を使い出したのか気になりました。

歩き回り調べに調べて地道な捜査で犯人と思われる人物までたどり着いた鶴見は凄い刑事だったのに、たった一回の捏造をした事で逮捕されるのはもったいなく、心を鬼にして逮捕した虎丸は法を守る刑事のあるべき姿で対照的な構図と思いました。

鶴見の過去の事件の見立ては間違ってはいなかっただけに、目の前に科学捜査のプロの真野がいたのにと悔しくてなりませんでした。

亡くなった少女は殺されていなかったとわかったものの、亡くなる原因を作ったのが両親の不仲とはやりきれず、虎丸の事件の真相を語っていた時には涙が止まりませんでした。

ペンネーム:イノマル(30代・男性)

ラン。
ラン。

犯人は、西内智幸か?ひょっとしたら刑事の鶴見 茂か?はたまた第3者が1話の時の様に見つかるのか?と、アレコレ悩みながら見ていました。

脆くも予想は大きく外れてしまいましたが、鶴見が追い続けた西内だけはジーンズの縫い目と凹凸の指紋から真野が10年前と20年前の事件の犯人と分かり逮捕に至った経緯はさすが、真野礼二は凄い鑑定力の持ち主と感心しきりで、ドラマとして楽しく見られました。

松戸 桃という被害者と思われた女の子と、その死に関わってしまった三島 唯という少女の悲しい今回の真相は心が痛みましたが、親を思う気持ちは共感出来て、見ているコチラに切なさがよく伝わってきた物語だったと思います。

ペンネーム:ラン。(50代・男性)

トレースの4話の展開の予想を聞いてみた!

トレースの4話の展開の予想を聞いてみました。

みみずく
みみずく

科捜研の同僚てある相楽(山崎樹範)の兄貴が殺されてしまうようです。

ふたりはあまり仲が良くなかったみたいで、いろいろ思うところもありそうです。

まさか相楽が犯人ではないでしょうし、犯人探しの他に、彼ら兄弟の葛藤と思いが見どころになりそうです。

ペンネーム:みみずく(20代・男性)

ピーマン
ピーマン

殺害の重要参考人として任意同行されたのは科捜研の男。取調べを受けるが、犯行を否定する。

事件現場からも犯人逮捕へと繋がる証拠品が見つからず。

焦りを感じていた虎丸刑事だったが、科捜研の真野の賢明な捜査により重要な証拠が見つかり事件が解決するのではと思います。

ペンネーム:ピーマン(30代・女性)

一太
一太

真野の同僚の相楽が重要参考人として任意同行されるらしく、虎丸が科捜研の人間なら完全犯罪が可能だと疑うようで、その疑いを真野が晴らし解決へと導いていく展開になると思いました。

真野が相楽に殴られるところでは、相楽に何か厳しいことを言ったのだと考えられると思いました。

ペンネーム:一太(30代・女性)

イノマル
イノマル

調べる側にいた科捜研の相楽が、兄が亡くなった事で一転して調べられる側へと変わる苦痛を知る展開に、相楽も知らなかった家族内の兄への感情が露骨に出てくる事に驚き、事件が解決するまではずっと容疑者として扱われてしまい笑顔が出せなくなる心境が見られると考えました。

ペンネーム:イノマル(30代・男性)

ラン。
ラン。

事件とも事故とも思われる男の死体が見つかるが、現場には争った形跡もなく指紋も見つからない謎めいた事態に被害者が事件前に科捜研の相楽と掴み合いの揉め事を起こしていた事が分かり任意同行を求められる。容疑は否認するが、殺されても仕方ないと話す。

その後その男が相楽の兄と分かり、憎しみ合う関係にあった事から虎丸は相楽が完全犯罪に見せかけ兄を殺したと刑事の勘を働かすのだった。

ペンネーム:ラン。(50代・男性)

トレース~科捜研の男~を視聴する
  1. 初回1ヶ月無料お試しキャンペーン中
  2. お持ちのスマホやタブレット、パソコンで今すぐ視聴可能

今すぐ視聴する

※トレース~科捜研の男~の放送済みの回を全話配信中

まとめ

トレース 科捜研の男3話のネタバレと感想をまとめました。