2019年冬ドラマ

    イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)2話のネタバレと感想|コンビニ強盗を無罪に・・・

    「イノセンス 冤罪弁護士」2話が放送になります。

    今回は、やっていないコンビニ強盗の罪を着せられてしまった男性の無罪を証明するというものです。

    そして、拓と秋保先生の実証実験も見どころの一つです。

    それでは、「イノセンス 冤罪弁護士」2話をご紹介していきたいと思います。

    イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)2話のネタバレ

    コンビに強盗容疑で逮捕されたのは、十勝岳雄21歳。

    報道は慎重に行うべきというのは正しいです。

    記者クラブを出禁になりましたが、自分の思っている事を貫き通している方がかっこいいと思いますが、今回は拓が必死にお金を増やそうとしていましたが、増えるわけがありません。

    興味があったとしても、お父さんの事については聞いてはいけないと思いますが、布袋の中には一体何が沢山入っているのでしょうか。

    お昼ご飯が、お菓子って変だけど、拓の場合は成立しそうなんだけど、お弁当を貰って拓は嬉しそうです。

    黒川さんの机の資料が倒れて、楓ちゃんのお弁当が台無しになってしまいましたが、楓ちゃんは拓が貰ったお弁当を取っていきました。

    まず、事件の概要です。

    事件が発生したのは、24時間営業のコンビニ「三津屋」

    事件が発生した時刻は、平成31年1月16日午前7時に黒い服の男がスタッフルームから出てきて、スタッフに怪我を負わせた。

    その事で、十勝さんが逮捕されましたが、十勝さんは昔から何度も連行されていて有名な人だという事が分かりましたが、その態度でここから出られるわけがありません。

    やってないってそんな言い方で、アリバイがあるのかをきちんと話さないといけないですし、親指の傷はアルバイトでおった怪我ですか。

    アリバイは、前の日の夜に友達の家に行き、帰りにガソリンスタンドにより、帰ったのは7時過ぎ。

    警察には、早く自供しろと言われていますし、目撃者がいないのでアリバイを証明できませんが、楓ちゃんの態度が気に入らないという事でした。

    岳雄さんのお母さんが来ていましたが、面会できない事を言っているようでしたが、岳雄さんの事を詳しく聞きたいと部屋を見せてもらう事にしました。

    そこには料理のレシピや、昔の写真がありました。

    母子家庭で育っていると何かと言われますが、関係ありません。

    お母さんは土下座してまで息子の事を助けてほしいと言っていますが、徹底的に拓は調べて弁護をするとお母さんに話しました。

    指紋まで検出されてしまっているのが驚きですが、どこに指紋があったのかも大事です。

    防犯カメラの映像には、何も顔が写っていませんし、一度働いていたので、判断したみたいですけど、目撃証言は確信的なものではないけど、それでも証言として警察は受け入れた。

    ガソリンスタンドに行きましたが、黒川先生は何をしているのでしょうか。

    とある家に置かれているものが気になったみたいですが、今回対決する相手も指宿先生という事ですね。

    十勝さんの持っていた写真に写っていた人がガソリンスタンドに居ましたが、どうして検察の人が防犯カメラを見に来たのかが不思議です。

    ちゃんとここに来ているのが証明されましたが、指宿さんはこの動画だけを見てこの後の行動は確信がありません。

    間に合ったのかもしれませんが、本当にやったのか判断するのには証拠があれだけでは問題があると思います。

    拓は、気になったモニュメントについて調べているけど、太陽がちゃんと反射するようにつくられているみたいです。

    十勝さんの家の前には明らかな嫌がらせ行為がありましたが、拓が発見したのはどういう事なのでしょうか。

    6時45分が日の出の時間なんだけど、光が一定ではなく光が動いているみたいで拓が凄く不思議がっていました。

    岳雄さんのお母さんがコンビニに来てほしいといいましたが、監視カメラを確認させてほしいとの意見でした。

    買い物をしたときにスタッフルームの扉に触れている事が分かりましたが、血が繋がっていないというのは遠縁の家の子供だったんですね。

    虐待されていた岳雄君を引き取って頑張って育てていた。

    岳雄くんは自暴自棄になって、柵に頭をぶつけていますが、ここまで追い込んだのは警察です。

    もう、楽になりたいと思ってこんな行動をしてしまい、お母さんに恩返しをしたいと思って頑張ってきたけど、それも叶えられない。

    検察も起訴する事を決めましたが、光の反射で光が揺れていた。

    ガソリンスタンドに鏡が落ちていましたが、何が起こるという事なのでしょう。

    十勝さんのアリバイが証明できるのはいいのですが、秋保先生も拓も一体何に気がついたのでしょうか。

    光の屈折により、起こった現象なのかもしれませんが一体どんな実験をするのでしょう。

    光の照明を使って、水をビニールハウスに放水して溜まった水に光が反射して、下に落ちている鏡に光が反射しました。

    その事で、モニュメントに光が写り、揺れていた。

    一定の光ではない上に、ガソリンスタンドの防犯カメラの時間が15分間遅れていた。

    その為、この監視カメラは時刻は7時で、十勝さんのアリバイは実証実験で明確にされましたが、指宿さんはどうしても起訴したかったみたいです。

    でも、できずにまた拓にしてやられてしまったので、悔しくて仕方ないみたいですが、弁護士の方が証拠をきちんと掴んでいる事が驚きです。

    以上の事を踏まえて、十勝さんは今回の事件を起こしていない無実という事が分かりました。

    一度疑われてしまった事により、お店がこれ以上続けていけるのかが心配みたいです。

    人間は変われるけど、過去は誰にも代えられないので、未来をどのように過ごしていくのかが大切です。

    お母さんの手料理は何にも勝る特効薬ですし、どれだけ血が繋がっていなかったとしてもここまで大きくするのには大変という言葉だけでは言い表せない努力があったはずです。

    なので、これからは2人で、一生懸命頑張ってほしいです。

    結局、コンビニエンスストアを強盗したのはガソリンスタンドで働いていた十勝さんの元友達。

    秋保先生との過去に色々あって、3年生から急に弁護士になろうと努力し始めた。

    イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)2話の感想

    1話では見事に秋保先生との実証実験で法廷で勝ちを奪い取りましたが、今回は法廷ではなく指宿先生との話し合いで解決する事が出来ました。

    数々の経験や不思議とした感触で、どんな可能性でも考える。

    やれるべき事は最後まで、一生懸命やってから結果を話して、無罪なのか有罪なのかを判断します。

    そして、今回は驚きの事実が最後に分かりました。

    元々、一緒に遊んでいた友達が十勝さんの夢に嫉妬して、はめようとした。

    ですが、そんな行動はいつか分かってしまうものです。

    最後には、ちゃんと今回も実証実験やほころびがでて十勝さんの無実も証明されて良かったです。

    今回の最後には秋保先生との話が出てきましたが、3話では拓と秋保先生の過去について少し知る事が出来そうなので、とても興味津々です。

    イノセンス冤罪弁護士を視聴する
    1. 登録から2週間は無料でお使いいただけます
    2. お持ちのスマホやパソコンで今すぐ視聴可能

    今すぐ視聴する

    ※イノセンス冤罪弁護士の放送済みの回を全話配信中

    イノセンス(ドラマ)冤罪弁護士2話の感想を聞いてみた!

    イノセンス冤罪弁護士の2話を視聴した方に感想を聞いていました!

    ゆーき
    ゆーき

    第2話では、コンビニ強盗をしたと疑われてしまった青年をメインに話が進みます。

    もちろん冤罪なのですが、昔の素行の悪さや態度の悪さが原因で疑われてしまったということなのです。

    今回の話では、人は変われるというのをわかせてくれる内容になっているかなと個人的には思っています。

    どれだけ昔に悪さをしていようが、現在もしているとは限らないですし、そこだけで判断してはいけないのだと改めて思いました。

    今回の話では、警察から近所の住人から全員が疑っていました。しまいには片親だからしっかり育ってないなどの風評被害までありました。

    人を見た目や過去のことから判断するのはいけないなと思いました。

    ペンネーム:ゆーき(20代・女性)

    yuika0607
    yuika0607

    第1話を観ただけで、今後の流れが見えてきました。

    事件が起こる→拓(坂口健太郎)が事件の調査中に事件と関係なさそうなことに夢中になる→楓(川口春奈)に怒られる→気になっていた点が線になる→実験→無罪確定です。

    第2話もこれに沿ったお話でした。

    パターンは同じだと思っていても、結局最後まで自分で解くことができないので、ついつい観てしまいます。

    今回の実験内容は正しいのだと思いますが、観ていて少し無理があるように思えてしまいました。

    たまたまそこにある鏡とか、反射角度とか、本当かなぁと疑いが出てしまいました。

    話の内容もよくあるパターンだったので、第2話はあまり面白くなかったです。

    ペンネーム:yuika0607(30代・女性)

    ののあ
    ののあ

    昔に不良をやっていて片親だから、という理由だけで強盗犯に仕立て上げられるなんて、本当に理不尽だと思いました。

    それに加えてあの警察の尋問の仕方…前回も酷いものでしたが、実際の警官はあんな事してないように祈るばかりです。

    拓はいつも勝てるかどうか「わかりません」と言いながらも、たくさん調査して実験もして、かなり優秀で凄腕な人なんだと実感しています!

    事務所のみんなも協力的な人ばかりなのが和みます♪楓ちゃんはいまだに実験の事など教えてもらえないうちに話が進んでしまっていますが(笑)

    これからは少しずついっしょに解決していく姿が見れたらいいなと思います!

    ペンネーム:ののあ(20代・女性)

    スナフキン
    スナフキン

    刑事事件って実際にある程度は見込み捜査があるだろうと思う。

    ドラマに限らず過去の類例犯を調べるし、前科者は確実にチェックされる。

    再犯率の高い犯罪の場合、ある意味でそれは仕方がない部分もあるのだろうが、単に警察が楽するための方法論だとしたら職務怠慢だと思う。

    特に防犯ビデオの時間を疑うのは基本。警察の捜査が杜撰すぎますね。

    はっきりしたのは拓(坂口健太郎)が理工学部から法学部へ転科した変わり種ということ。

    なるほど実証にこだわるし、先入観を排除する姿勢は理系らしいところです。

    今後の布石になるだろう殺人事件の記事、どんな事件か気になりますね。

    ペンネーム:スナフキン(50代・男性)

    NANA
    NANA

    限りなく黒に近い容疑者を、逆転で冤罪を証明していく様子がとても爽快でスッキリする終わり方でした。

    まさか、あのへんな太陽を反射する造形物が、無罪を証明するカギになるなんて驚きました。

    また、母子家庭だから育ちが悪いという考え方には、わたしも強い怒りを感じました。

    高校生のころに札付きのワルで補導された経歴があるのは、自分が選択してやってきた行いなので、悪く言われてもしょうがないかなと思うところがありましたが、母子家庭に育つことは子どもは選べないのに、それで決めつけられるのは勝手すぎると思いました。

    少年が釈放されて家へ帰ってきた時、お母さんが「お腹すいたでしょ?座りなさい」というシーンは、家族の愛が溢れていて感動しました。

    ペンネーム:NANA(20代・女性)

    イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)3話の展開を予想してみた!

    イノセンス冤罪弁護士3話の展開の予想を聞いてみました!

    ゆーき
    ゆーき

    2話の終盤では、黒川先生の過去が明らかになったりしていました。

    大学の時は理工学部にいて途中から法学部で弁護士を目指したという過去がわかりました。

    こういったところから黒川先生の過去がどんどん明らかになってくるのではないかと思います。

    父親とのこともありますし、これからたくさん秘密がでてきそうですね。

    今後もこのドラマから目が離せません。

    ペンネーム:ゆーき(20代・女性)

    yuika0607
    yuika0607

    医療ミスでの冤罪となると、病院全体を敵に回すことになるので、今回は助っ人が少なそうです。

    院内のスタッフも買収されそう(家族を人質にされる的な)ですし、たまたま拓(坂口健太郎)が聞き込みの途中で聞き込み関係なく出会った人がキーマンだったり、病院関係者じゃない人がしてくれた証言が事件を解くカギになったりするのではないかと思います。

    ペンネーム:yuika0607(30代・女性)

    ののあ
    ののあ

    医療系のミスを押し付けられた人を守るお話になるようですね。

    内部告発という事で今回の事件は今まで以上に解決するのは難しそうだと思いました。

    何が本当かはわかりませんが、真実をしっかり見抜いて正しい結果になればいいなと思います。

    次はどんな無茶な実験をするのか、というところも楽しみにしています!別府さんに邪魔されませんように‼︎

    ペンネーム:ののあ(20代・女性)

    スナフキン
    スナフキン

    3話は医療過誤に関する事件のようです。

    医療過誤は病院というヒエラルキーの決まった閉ざされた世界で起こることだけに、外部のものがあれこれ調べるのは現実問題としても難しいですからね。

    また別府(杉本哲太)の横やりが入るようですが、拓(坂口健太郎)がどんな情報を集めて、どんな実験で真実を実証してみせるのか楽しみです。

    ペンネーム:スナフキン(50代・男性)

    NANA
    NANA

    医療ミスの冤罪が描かれるということなので、病院内のギスギスした人間関係などが明らかになりそうな気がします。

    医療ミスが発覚したのも、内部告発ということだったので、誰かが容疑者を陥れるためにウソをついたのか、それとももっと大きな事件を隠すために、犠牲として医療ミスの冤罪をでっち上げようとしたのか、この二つのどちらかなんじゃないかなと思います。

    ペンネーム:NANA(20代・女性)

    イノセンス冤罪弁護士
    イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)2話|フル動画を無料で視聴する方法【1月26日放送】ドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の第2話の動画をフルで視聴する方法を紹介していきます。 放送日は2019年1月26日のドラマなのです...

    まとめ

    イノセンス冤罪弁護士の2話のネタバレと感想をまとめてみました!