2019年冬ドラマ

グッドワイフ(ドラマ)4話のネタバレと感想|杏子に関係する子の弁護

杏子さんの過去に関係する人の子どもの弁護。

一番に自分を見放し、苦しんだ杏子さんですが、壮一郎さんも状況が少しずつ変わってきます。

一体、今回の事件はだれが犯人なのか。

杏子さんは一体どんな決断をしていくのかを見ていきたいと思います。

それでは、「グッドワイフ」4話をご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

グッドワイフ(ドラマ)4話のネタバレ

杏子さんは以前の電車事故の解決は壮一郎に仕組まれていた事を把握してしまい、悲しいだけの感情ではすんでいません。

多田さんは別の未来を行けばいいと優しく抱きしめましたが、杏子も多田さんも気まずい雰囲気になってしまいました。

朝飛さんの事を神山先生は評価しているようですが、正々堂々と勝負していればいいのにと思っていると、息子の同級生が法律相談に来ましたが、たばこを吸っていたところ警察に通報されてしまいました。

何とか出来ないのかと相談に来ましたが、補導対象であることに変わりはないのに、彼は自分の母親は杏子さんの旦那・壮一郎さんが逮捕されたときにすぐ杏子さんの事を心配もせずに無視した人。

壮一郎さんと住んでいた家は、もうすでに誰かの手に渡ってしまっていますが、ここに来た時の事を杏子さんは思い出しています。

ですが、今回の事が一番最初に解決しないといけないのですが、事は前代未聞の方向に進んでいってしまいました。

急に警察がやってきて、息子さんをある死亡事件の重要参考人として話を聞きたいと言い連れて行ってしまいましたが、お母さんは何のことなのか一体何が起こっているのかは分かっていません。

今回の事件で傷害致死罪に問われているのは「オギワラショウヘイ」君。

部活の帰りに友人である中村明宏君と一緒にたばこを吸っていた所をマンションの管理人が発見。

急いで逃げたのですが、管理人にけがを負わせたうえに、最悪なことに管理人が亡くなってしまったことが判明しましたが、今回は朝飛さんがメイン弁護士としてつく事になりましたが、クライアントとしてはよいという神山先生の判断です。

今回は脇坂さんが、壮一郎さんの取り調べを行っていますが、同じママ友は何も杏子さんを心配せずに見放す事しかしなかったので、杏子さんは今回の事件に乗り気ではないような感じなのですが、解決する方法はあるのでしょうか。

翔平くんは、肩を壊していた事がわかりましたが、それが原因でぐれたのではないかといわれています。

指紋も足跡も検出されているそうなのですが、明宏君は何も本当に知らないのでしょうか。

友也君は何かを知っているのではないかと思いましたが、沙織さんが自分で防護しているので、自分が攻撃される情報は絶対に流さないような感じがします。

そして、朝飛さんは示談を進めていきたいと言っていますが、杏子さんは示談を進めたくないという意思があります。

最終的に神山先生は、事務所の利益になるように弁護を進めてほしいと言いましたが、これを示談にしてしまうと未来がある少年に前科がついてしまい取り返しの付かない事になってしまいますので、慎重に調べていかないといけない。

壮一郎さんは、佐々木さんとトイレの密会をやめていませんが、佐々木さんはトミオカ精工とイーデンスという会社が関係している所まで突き止め賄賂や告発もさせない状況にしているのではないかという重要な事もつかみましたが、これから先どうやってこれを使うのでしょうか。

起訴が正式に決まってしまった事も壮一郎に伝えられましたが、起訴されれば今後裁判になりますが、杏子は先日の事で怒っているのは事実ですが、夫が裁判になろうと今後の事は自分で考えてほしいと思っていたのに保釈申請をすると弁護士に話されてしまいました。

今後の事もあるので、子供たちにちゃんと話す事にしましたが、杏子さんは壮一郎さんと離婚しようと思いますと話しました。

隼人くんは、お母さんが決めればいいと言っていますが、アヤカちゃんはお父さんの事が大好きなので本当は避けてほしいと思っていたんだと思いますが、二人ともお母さんの事を考えてしょうがないと苦しい決断を聞いてしまいました。

本当に別々の道があるのかもしれないけど、これ以上悲しい思いをしたくもありません。

させたくもないので、夫にも決断してもらわないといけない。

翔平くんのお母さんのところを訪ねて今後どうするのかを聞きに来ましたが、現在の状況では示談しか方法はないと思っているのも確かなのを伝えましたが、子供の未来にかかわる事なので安易に示談にしてほしいというのは違う。

杏子さんは、翔平君は一貫して否認しているので裁判をして勝訴したいと思っていますし、翔平君のお母さんも絶対に信じたいと思っている事もわかりましたのですが、杏子さんは見放されたときの事が心に傷が出来ているので簡単に許す事も信じる事もできなくなってしまっています。

それでもお願いされた以上は杏子さんはやるしかないと思っている。

翔平君を思うお母さんの気持ちはわかるはず。

管理人が転落したところを見ると、打ちどころがよくても悪くても亡くなっていた可能性は多いにある場所で、転落前にもみ合いになった場所にはきちんと証拠もあったみたいです。

朝飛先生は、示談にできなかったことに不満がある顔をしています。

朝飛先生は、法廷に立った事はなく交渉で今までは済んでいたんだけど、そうはいかなくなってしまったので、驚きと緊張をしているみたいですが、杏子さんはあることに気づきました。

朝飛先生にも、その事を伝えましたが自分の力で上に行ける事務所というのを知っていたからこの事務所に来たそうなのですが、朝飛先生にも過去があり、昔の多田先生にも似ているという事なのかもしれませんが、天才なのではなく、焦るなという言葉に余計に感化されたのでしょうか。

でも、朝飛先生は第3回公判でもあがってしまいちゃんと証人尋問が出来ていません。

映像資料を使い検証をしたいと言っていますが、証拠申請をしていないので、認められませんがどうしてそれが必要なのかも明白に答えることが出来ずに真実を突き止める事が出来ませんが明宏君は翔平君が突き落としたところを見たと言いました。

ですが、やはりここは杏子さんが話したほうがしっかりしています。

裁判官は証拠申請に納得し、これからも朝飛先生は杏子さんに尋問をお願いしますと言いましたが、証拠映像を確認していくと、証人が証言した状況時間では犯人の顔が夜間の電気で逆行になり顔ははっきりとは見えていない事が証明されました。

この事も踏まえると翔平君が犯人だと断定して言い切るのは難しい状況であると思います。

明宏君は下にいたのは事実なのかもしれませんが犯人は徹底的にもう一度話す必要があると思います。

ウィンドブレーカーで判断したことを話してしまいましたが、上着だけで判断した事がわかってしまった以上翔平くんが犯人であると断定していう事が出来なくなりましたけど、ほかの野球部員もアリバイも調べないと今後の裁判は負けてしまう可能性があります。

調べていくと嘘をついている野球部員がいたことがわかりました。

その野球部員は宇佐美友也。

家にいたと言っていましたが、外で彼を目撃したという証言があり沙織さんに話を聞きにいかないといけなくなりましたが、正直に友也君が話してくれるとは簡単に思えませんでした。

その一方で、壮一郎さんと多田先生の直接対決も始まってしまいました。

多田先生は、純粋に杏子さんの事を好きで一緒にいたいと思っているのか、壮一郎さんは一体将来の事をどう考えているのかと思いますが、多田先生が最初に発言したのは保釈申請を今すぐに取り下げてほしいとお願いをしに来ました。

杏子さんや朝飛先生は調査を進めていっていますが、今後の事で隼人君のお陰で分かったことがあります。

自治体がしっかりしている事という事は、どういうことなのか。

翔平くんが犯人とされた靴の付着物の成分表を見てわかることがありました。

元々、杏子さんが住んでいた自治体では、雪と予報が出たときには、転倒防止に塩化カルシウムを道路にまくという事がありますが翔平君が殺害現場になったところに落とした靴には塩化カルシウムが付着していない。

という事は、塩化カルシウムが付着している靴を持っていて、なおかつサイズを確認してあっていれば、友也君も犯人候補になります。

友也君も諦めてしまって、お母さんも、驚いていました。

これで、翔平君の控訴が取り下げられ、翔平君のお母さんがまた食事に誘うと言いましたが、信じないと杏子さんは突き放しました。

世の中なんかそんなもので、前に進むと決めたので、今後は自分の過去にはさよならといい前に進む。

杏子さんは本当に強い人なんだと思いました。

そして、壮一郎さんは保釈申請をしていましたが、検察からの圧力により却下されてしまいました。

グッドワイフ(ドラマ)4話の感想

今回の4話では本当に杏子さんが強い女性という事がわかりましたが、今後はどうなるのでしょうか。

5話の予告ではなんと脇坂さんの奥様が離婚したいので離婚協議をしてほしいと杏子の在籍している事務所に来ましたが、杏子さんは敵になる脇坂さんの事をどのようにいうのでしょうか。

夫への執拗な取り調べの事は知りませんが、一度子ども達に対しても脅しととれる、言葉を言われいるので、杏子さんは子供さんが大切なので、いい気分ではないと思います。

でも、過去に決別した杏子さんは今まで以上にもっと強くなれる。

壮一郎さんの本当の姿は未だに見えてきませんが、弁護士さんと検察では少し人柄が違うような感じがします。

分かっているのはどちらも人を相手にして人の罪を調べて裁いていくお仕事という事です。

これからの将来、この人の人生をも左右してしまうので、慎重にならないといけないお仕事で、責任も重大です。

杏子さんは弁護士として裁判にも復帰してから朝飛先生とは全然違うタイプですが、二人が一生懸命に対決して、どちらかが採用されたとしても納得する結果になるのではないでしょうか。

まとめ

グッドワイフ4話のネタバレと感想をまとめました。