2019年冬ドラマ

後妻業(ドラマ)7話のネタバレと感想|朋美と司郎は二人の関係にある決断を

「後妻業」は山場に来ましたが、恋愛模様が少しずつ進んできました。

そして、朋美さんと司郎さんは二人の関係にある決断をします。

小夜子さんは、柏木さんへの想いにやっと気づき始めますが、舟山という男性からプロポーズを受けます。

それでは、「後妻業」7話ご紹介していきたいと思います。

後妻業の7話のネタバレ

朋美さんからの提案に対して、柏木さんはどう行動するのかは分かりませんが、朋美さんの提案は受け入れませんでした。

小夜子さんに負けたくないというのは驚きですが、関わらない事をきちんと忠告しています。

笹島さんが亡くなっていたという事も分かり、驚きましたが、今回の事件はこれだけでは済みませんし、本多さんは朋美さんの事が心配になって家まで来てしまいましたが、笹島さんが亡くなったことを朋美さんも聞かされました。

事故死又は、自殺という事ですが、練炭が焚かれていたと言われていますが、今回は小夜子さんが関係していないのかもしれませんが、一体だとしたら誰が笹島さんの事を殺害したのでしょうか。

公正証書は書いていたとしても、正式に手続きを踏んでいたという訳ではないので、今回はもしかすると他の人が笹島さんの事を殺害したのかもしれません。

本多さんは、もう行動に出るしかないという事を朋美さんと話していますが、法廷に出されてしまうと怖いのは柏木さんと小夜子だといいますが、ここまで何かしら対策があったので、今回も対策があるのかもしれません。

朋美さんはそこまでした小夜子の事を追い詰めたいのかは驚きですが、どうして小夜子の事を目の敵にしたのかは夫の浮気から始まったのかもしれません。

本多さんは、父親の遺産を取り戻すことに専念しろと言いに来ましたが、笹島さんの事件は殺人で捜査を始めるという事が分かりました。

本多さんと、朋美さんは小夜子を呼び出しましたが、小夜子さんは自分の調子を取り戻したいので、ビールを飲み始めましたが、朋美さんと二人が凄く掛け合っていますが、本多さんが怒り始めました。

笹島さんが亡くなったことは小夜子さんも分かっている様子なのですが、練炭による一酸化炭素中毒という事を聞いて、驚いている様子でしたが、柏木さんに会いに行く前にICレコーダーにすべて録音してくるように言われました。

遺留分を返せば、この写真はばらまかないと本多さんに言われましたが、お金を取られるのだけは、いやだという事ですが、柏木さんもこの録音を聞いてどう対策をしていくのでしょうか。

張り合うという事ではなく、小夜子さんは船山さんという男の人を本気で好きになっている可能性があると柏木さんは思っているみたいなのですが、柏木さんは怒っている感じがします。

本気で好きになったのかもしれないと小夜子さんも驚いていますが、柏木さんは怒り心頭で、自分の所に帰ってきてほしいと心から思っているなら、はっきり言えばいいのにどうしてなのでしょうか。

朋美さんに話がしたいと柏木さんが電話をかけましたが、朋美さんが大阪に行くと話をしました。

そして、朋美さん一人で来るようにと念を押しましたが、本多さんに朋美さんは電話をしましたが、本多さんには一人で行くので来ないでほしいと話しました。

柏木さんの所に行くと小夜子さんも居ましたが、今回の話は笹島さんの公正証書の署名がないので、何もこの遺言書は有効ではありませんので、笹島さんの事を殺す動機がありません。

笹島さんは、断りの手紙と一緒に送り返してきたみたいですが、小夜子さんはどうしてもその事を話さなかったというのが驚きでしたが、今回は後妻業がうまくいかなかったみたいです。

後悔してきた事を小夜子さんに話しているうちに、小夜子さんももうあきらめないといけないのかもしれないと思っていると感じたのかもしれませんし、笹島さんも死にたいとずっと思っていたみたいです。

なので、自殺なのかもしれませんと朋美さんに話しましたが、リフォームも笹島さんの願いではなかったみたいです。

子供達が希望するので、リフォームしてほしいと話をしてきたことも分かり、驚きましたが、こんなに家族にまで見逃されてしまうと心苦しいですし、寂しい笹島さんの最期だったという事です。

笹島さんを殺害したのは、家政婦さんだったみたいです。

ずっと殺害する機会を狙っていたので、タイミングですが、練炭殺人をしたのは小夜子さんではないけど、楽にしてあげたいとは思った事はあると話しました。

朋美さんは意気消沈して家に帰ると、司郎さんが話がしたいと待っていましたが、何の話なんでしょうか。

浮気相手と旅行に行っている間に、話をして離婚するように促したのではないでしょうか。

朋美さんは嫌な予感しかしていないみたいですが、柏木さんは東京に一泊で行くみたいです。

司郎さんは、えみりちゃんの事は単なるきっかけにしか過ぎないので、離婚したいと話しています。

数年間は、何かいつもと違う感じがしていたと話、子供を作ろうとした事がきっかけになっているのかもしれないのですが、離婚届を書く必要もないので、二人は話し合いで別れる事を決心しました。

だけど、仕事はどうしていくのかは分かりませんが、司郎さんは、頭を下げて謝っています。

朋美さんは、仕事の事はゆっくり後々から考えられるので、時間をおこうと話していますが、その一方で小夜子さんは舟山さんとデートを楽しんでいます。

ですが、小夜子は結婚する事は考えていますかという質問を舟山さんが話してきたことを、柏木さんに話すと今は聞きたくないと怒っている様子ですが、小夜子さんも柏木さんの態度が気になって仕方ないみたいです。

ここまでとんとん拍子に進んでいったので不思議ですが、本当に舟山さんは小夜子さんの事が好きなのかもわかりません。

朋美さんは、本多さんに一緒にお酒を飲まないかと誘っていますが、断られてしまい一人で事務所で考えないといけなくなってしまいましたが、恋愛模様も少しずつ進んできました。

そして、柏木さんはひろしさんに会っていましたが、お小遣いという額ではないです。

まじめに働けというのは、驚きですが、小夜子さん母親だという事をひろしさんは知っていました。

仕事がしにくいという事ではなくて、ひろしさんが悲しんでしまう仕事かもしれないし、自分の存在が迷惑になる可能性があるかもしれないので、離れていた方が息子のためと思っているのではないでしょうか。

ひろしさんが、帰った後に朋美さんが東京のホテルのバーに一人で呑みに来ていましたが、柏木さんが目撃して声をかけました。

朋美さんに一緒に飲もうかと声をかけましたが、小夜子さんは舟山さんがいない間に柏木さんの事が気になって仕方がありません。

舟山さんが帰ってくると、凄く惚れている感じで対応していますが、今日はずっと一緒にいたいと舟山さんに言われました。

朋美さんは、凄く酔っていますが、柏木さんが朋美さんの事をどう思っているのでしょうか。

泣きたい日は誰にでもありますが、こんな関係を本多さんが見たらどう思うのかは分かりませんが、本多さんはもっと早く来た方がよかったと思います。

舟山さんと一緒に小夜子さんもホテルに入っていきましたが、本当に二人はすれ違ったままになってしまうのでしょうか。

後妻業の7話の感想

柏木さんは、どうしても小夜子さんのそばにいたいと思っていたのかもしれないと最後まで見て思いました。

ひろしさんは、どうしてお母さんだと思ったのかは分かりませんが、でもそれに気付いていても小夜子さんには何も言えないひろしさんの心も考えると苦しかったです。

そして、朋美さんは司郎さんとの関係を終わらせる事になってしまったけど、何度も考えて出した決断だったと思います。

朋美さんは、本多さんに助けを求めたけど、会えないと言われてしまった。

それがすごく苦しくて一人で呑みに来たけど、柏木さんが一緒にいてくれた事が嬉しかったのかな?!

柏木さんがそっけない態度をとるので、舟山さんと関係を持ってしまった小夜子さんは寂しかったのかな。

苦しいと思いながらも、本多さんも柏木さんと酔いつぶれてしまった朋美さんが一緒にいるところを見てしまって勘違いしてると思います。

うまくいきかけたと思ったらすれ違ってしまうのは悲しい。

だけど、次回予告が凄く怖かったです。

8話では、小夜子さんが舟山さんともめたのかは分かりませんが、暴力を振るわれて傷だらけになっていて、そこに柏木さんが来ていました。

一体どんな展開になるのかは分かりませんが、見逃せない回になりそうです。

まとめ

後妻業の7話のネタバレと感想をまとめました。