2019年春ドラマ(4月〜)

ラジエーションハウス(ドラマ)2話のネタバレと感想|

2019年4月15日の月曜日夜9時からドラマ『ラジエーションハウス』の2話放送されましたね。そこでネタバレと感想を紹介していきます。

猫王さん
猫王さん

ラジエーションハウスの2話のネタバレと感想を紹介するにゃん。

ロボートJr.
ロボートJr.

2話目は健太郎くんの病気を五十嵐唯織(いおり)が解明していくがしゃん。

あくまる
あくまる

とにかく本田翼が可愛すぎるでび〜。本田翼を見るためにラジエーションハウスをみてる人も多いと思うでび〜。

では、ラジエーションハウスの2話のネタバレと感想、見逃した方が今すぐ無料で観れる方法をまとめていきます。

ラジエーションハウス(ドラマ)2話のネタバレ

ラジエーションハウス(ドラマ)2話のネタバレ

小野寺俊夫の離婚届から始まります。妻が息子を連れて家を出、一年になります。離婚に全く応じない小野寺の仕事場まで離婚届が送られてくるのです。

離婚を了承しない小野寺はその紙を破ってゴミ箱に捨ててしまいます。

唯織は不味いお茶を我慢しながら院長先生と話しをしています。話題は唯織が医師免許を活用し、医師として働くのはどうか、と言う内容です。

唯織が医師免許を取得したのは放射線技師としてより的確に画像を見る為だと良い、唯織は今のまま隠し通す事にしています。

ようやく不味いお茶を飲み終え、院長室から退室しようとします。

「あの約束は忘れないで。」と言う意味深な院長先生の言葉を背中で聞き、唯織は部屋を出ていきます。

唯織が検査室に戻ると、小野寺は一人の男の子の足をレントゲン撮影しています。膝の痛みを主訴とした受診でした。レントゲンの結果、医師からは成長痛と診断が下ります。

検査室では女性の患者さんが閉所恐怖症を理由に、愛犬の写ったスマホを検査室に持っていくと言い聞きません。その様子を見ていた唯織は犬こそが杏先生と自身を結んでいた存在だと気が付き、犬を橋渡しにしようと考えます。

ただ、その当時の犬の名前を思い出す事が出来ません。病院の外で繋がれた、患者さんが連れてきていた犬をじっと見つめながら記憶を辿っている内に、その犬が逃げ出してしまいました。

杏先生が病院内を歩いていると、成長痛の診断が出た少年・健太郎と母親・千葉の姿がありました。杏先生はその診断を少年に伝え安心を促します。

杏先生は健太郎と母親を病院から見送ると、丁度犬をつかまえ抱いている唯織が現れます。杏先生に思い出してもらおうと唯織は犬を見せますが、杏先生は犬は嫌いだと一蹴されてしまいます。

犬を連れだしたと勘違いした飼い主の女性は、実は病院の研究費を助成している会社の娘・金田だったのです。それを知ってしまった部長は唯織と広瀬を頭ごなしに注意します。事情を分かっている技師長は全く助ける様子もなく、部長に話しを合わせるばかりです。

部長に言い訳をしても意味がないと知っている技師達は、ほとぼりが冷めるのを待つばかりでした。

病院から帰宅途中の健太郎達親子はバス停でバスを待っています。健太郎の目の前で、次はその母親が倒れてしまったのです。健太郎の母親は病院に運ばれるのです。

母親の姿を見て、小野寺は以前治療していた人だと気が付きます。

声を掛けますが、人違いだと返答されます。

小野寺は納得できない様子で唯織に彼女の過去の治療について話しをします。7年前に副腎皮質がんを患い、治療していたと言うのです。家族の既応を確認すると母親、妹もがんが原因で既に他界していたのです。

もしその既応があるのならば、レントゲンでの検査は不十分だと唯織は語尾を荒げます。足早に帰宅しようとする千葉を制し、既応について問いただします。千葉はその患者で間違いないと返答します。

ただ、今、検査をして治療をするのは、人生を狂わせてしまうと仕事を優先します。

病気を克服し、ようやく正社員になれるチャンスが今だったのです。

それを蹴ってしまう事は今後、健太郎をどうやって養えばいいのかと感情を荒げながら、話します。治療よりも正社員を優先する気持ちを変える事はありません。

検査は試験が終れば受けにくると言い、その場を離れようとします。それを聞いた杏先生も検査する様に言います。

渋る母親ですが、健太郎君も一緒にいた少年にも検査を受ける様に伝えます。

子どもに心配され、渋々承諾した母親の検査が始まります。

検査の結果、明らかな再発所見は見られませんでした。ただ、膵炎を発見し、しばらくの安静が余儀なくされます。母親はそのまま入院となりました。

唯織は健太郎に声をかけます。膝の痛みの様子を聞きます。健太郎は大げさに言っていしまったと謝罪します。唯織も小さい頃に両親が離婚し、大げさに物事を言ってしまう事があったと話します。それでも痛い時には痛いと言っていいよと健太郎に伝えました。

その近くには、先ほど一緒に健太郎の母親の検査を待っていた少年がいました。実は彼が小野寺の息子・ダイキだったのです。

小野寺は休憩がてらタバコを吸いに検査室を出ました。それと入れ違いにダイキを連れて唯織が戻ってきました。

ダイキは学校が休みなのを利用して、母親から頼まれた離婚届けを持ってきたのです。そこに小野寺がいない事を知っても尚、本人に会おうとはせず机に置いておいてほしいと頼むのです。

離婚届を置いてダイキは病院を出ていきます。そこにやっぱり自分で渡す様にと、一人の技師に離婚届を返されてしまいました。

唯織は健太郎のレントゲンを閲覧しながら、気になった事がありました。慌てて席を外し、小野寺にレントゲンをフィルム化する方法を聞きにいきます。

杏先生は千葉の病室に訪れています。千葉は、以前のがん闘病中に旦那に浮気をされ、又離婚をした時もこんな体では子どもを育てる事は出来ないと言われ、大変辛い時期を過ごしました。それから一生懸命働いたのに今、こんな状態になってしまった事に大変落胆しています。

それを病室の影から小野寺が聞いていたのです。

唯織は小野寺にレントゲンをフィルムにする方法を聞き、その部屋で作業をします。小野寺の若い頃には毎日こもって現像をしていたと話すのです。

今ではモニターで直ぐに診る事ができるので、使うことの無い部屋です。小野寺は唯織が健太郎のレントゲン写真を気にしている事に関して、何を考えている?と聞きました。

唯織は健太郎の膝の痛みに関して、リ・フラウメニ症候群かもしれないと疑っていると返答します。母親も、その妹もその家族もがんで他界しています。家族性にがんを多発する遺伝子の疾患を健太郎にも疑っているのです。

ダイキは病院玄関で、父親の姿が見かけたので少し様子を見る事にしました。部長は脳ドックにVIPの患者を入れたと勝手に段取りを変え、他の緊急性のない検査を延期させたと言うのです。

そこに鏑木部長のピッチに電話が入りました。整形の医師がシャーカッセンを唯織が貸してくれと言って、鎮座してると言うクレームの内容でした。又唯織の勝手な行動に部長は激怒します。

そして、管理がなっていないと小野寺を叱責するのです。言いなりになっている父親の姿を見て、ダイキはげんなりしてしまうのです

唯織は健太郎の左右の足のレントゲンを見比べます。

ダイキはこっそり検査室の中に入り、父親と皆の仕事を盗み見ます。唯織はレントゲンで何かを見付けた様子で、MRIを撮りたいと言い始めました。

予定を確認すると、急遽入ったVIPの脳ドックの順番でした。その男性を繰り下げたいと言うのです。

技師の皆は、医師の指示も何もなく、成長痛を診断された男児にお金も時間もかかるMRIは無理だと言い張ります。ただ一人、小野寺は違いました。

体調が悪くなっている母親にちゃんと息子の膝の痛みは病気じゃないと伝えたいじゃないと、検査に賛同します。

ただ、検査の予約は来週までびっしり入っています。

小野寺は何とかすると言って、鏑木部長の所に打診をしにいきました。案の定、一蹴されて部屋から出されてしまいました。せめてフィルムでの診察をと食い下がりますが、不要だと突き返されてしまいます。

それを杏先生は呼びとめました。

戻ってきた小野寺は皆に検査をするように促します。こうして健太郎のMRI検査が始まりました。

杏先生は小野寺に渡されたレントゲンのフィルムを診ています。その後ろで待たされている金田社長から鏑木部長に連絡が入ります。

慌てて金田社長に謝罪し、検査室に行くと健太郎の検査をしている様子に激昂します。

怒っている部長を尻目に、唯織は骨髄の中の病変を診る為に次の検査を開始しようとします。部長は許可した覚えがないと発言すると、その言葉に皆は驚いてしまいます。小野寺は責任なら自分が取ると言いますが、指示もなく検査をした事で懲戒免職だけでは済まされないと鏑木部長は語彙を荒げます。

小野寺も負けてはいません。この少年と母親の未来がかかっているので検査の邪魔をするなと部長に言い切ります。そこに杏先生がフィルムを持って入ってきました。

健太郎の検査の指示を出したのです。フィルムを合わせる事で異常が見つかったと言うのです。

鏑木部長は息を荒げながらも検査室を後にします。

検査を終えた健太郎の診断は骨のがんである、骨肉腫でした。

その事実が母親に告げられます。

検査を終えて、疑問を持った技師が聞きます。骨肉腫は自覚症状に乏しく、見付かった時には手遅れの場合が多いのです。しかし、今回、何故気付く事が出来たのかと言う事です。

唯織は、千葉本人や妹、母親ががんで他界している事実から、リ・フラウメニ症候群を疑ったと話し始めます。

母親はこれからも健太郎ががんに怯えながら生きないといけないのかと懸念します。それに対して、早い段階で見つかった事は幸いだったと話します。杏先生は千葉さんにこれから二人の事を見守るので一緒に頑張りましょうと励まします。

ダイキは父親の仕事をずっと机の下で身を隠しながら聞いていました。技師達は小野寺の机の上に離婚届けがある事に気が付き、ここに息子がいた事を発見します。

杏先生は健太郎に、安易な発言をした事を謝罪します。

小野寺が健太郎と話している時に、息子は小野寺の席で待っていました。検査室に戻ってきた小野寺は息子に気が付きました。ダイキは離婚届を渡し、書いたら持ってきてといいその場を去ります。

検査の度に病気に勝った事、それを自分で褒める事ができる事、又、早期発見を行うと言う形で患者さんを支えていければと唯織は話します。

小野寺は今回の離婚届には破くことなく文字を記載します。それを持ってダイキに会いに行こうとした時に杏先生に呼び止められました。

健太郎の病気を発見する事ができ、感謝の意を表して頭を下げるのでした。

鏑木部長は金田氏とずっと一緒に居た様子です。検査が無くなって良かったと言うのです。技師の一人が金田氏の奥さんの誕生日である事を思い出させてくれたと話します。結果、部長と金田氏の関係は良好のまま別れる事になりました。

小野寺はロビーで待っていたダイキに離婚届を渡します。紙を持って病院を出るダイキですが、そこに記載されていたのは、走り書きの離婚なんてしないと言う内容でした。

それを見て微笑みながら紙を破くダイキの姿がありました。

杏先生は院長先生に技師の存在の大切さを改めて知ったと伝えます。それで気になるのは、唯織の存在です。一体彼は何者なのかと院長先生を問いただします。

院長先生は自身も知らないと返答します。ただ、杏を助けてくれるのは間違いないと院長は伝えます。

小野寺はこれを機に禁煙を考えたみたいです。手にとったタバコをゴミ箱に捨てる姿がありました。

杏先生と唯織は病院の廊下ですれ違います。杏先生は御礼を言い掛けましたが、上手に伝える事ができませんでした。

そこに院長先生が現れます。そして、唯織に彼女の身内の話しをします。父親の体調が悪くなった事、犬を追いかけて兄が亡くなってしまった事、をです。

唯織は気持ち新たに杏先生を支える事にしました。
ただ、その目の前で男性医師が杏先生を食事に誘い、それを快諾する姿があったのです。

ラジエーションハウス(ドラマ)2話の感想

ラジエーションハウスの2話の感想を紹介していきます。

次回は杏先生に恋心を抱いている唯織にライバルが現れます。今の段階では全く杏先生は好意がないので、心配ないのですが、唯織の印象は良くないので恋愛対象外だと思います。

サブの話しの内容も気になります。

次の患者さんは技師のマンモでの異常が発覚するみたいです。医療現場で働いているからこそ分かってしまう病気の重さに乗り越える姿を楽しみにしています。

ラジエーションハウス(ドラマ)2話のネットの反応は?

ラジエーションハウス2話のを実際に見たネット民の反応を紹介します。

まーちゅ
まーちゅ

ラジエーションハウス第2話では、シングルマザーとして頑張っている親子のお話と、技師長てある小野寺さんが中心のお話でした。

健太郎くんは足が痛いのですが、お母さんに迷惑をかけたくないという思いで隠そうとするところが、なんだか親子愛を感じました。

でもそれが本当は大変な病気に繋がる痛みだったと唯織が気づいて、さすがだなと思いました。

杏の前では挙動不審ですが、医者としてや放射線技師としての力は本当にすごいです!お陰で早期発見につながりましたし、お母さんとの絆も深まって安心です。

それと同時に小野寺さんも、息子さんにいいところを見せることができたようで、離婚せずに済むのかな?と少し期待してしまう終わり方でした(笑)

ペンネーム:まーちゅ(20代・女性)

のぞみ
のぞみ

ラジエーションハウス2話で、放射線科にやってきたひざの痛みを訴える少年・健太郎を成長痛ではなく別の病気ではないかと予測した主人公の技師・五十嵐の観察力はすごいと思いました。

五十嵐に検査をさせるために上司に頭を下げる技師長の小野寺にも心を打たれましたし、五十嵐は周囲の人間にも恵まれているんだと思います。

結局、健太郎は骨肉腫と診断されて放射線科のメンバーは愕然としているように見えましたが、早く見つけてあげることができてよかったと話し合うみんなの姿に頭が下がる思いでした。

健太郎と母親の美佐子にはつらい闘病が待っていますが、放射線科チームや医師の甘春杏など心強い味方がたくさんついていると思います。

彼らを心から応援したいと思いましたし、患者を大切に思う五十嵐ら放射線科のメンバーのこともとても好きになりました。

ペンネーム:のぞみ(40代・女性)

きいママ
きいママ

ラジエーションハウスの第2話は家族関係について深く考えるお話でした。

結婚し子どもを産み、子どもを立派に育てる、ということは当たり前のことでそうでなければならない、と思い込んでしまいがちですが、離婚したり、病気になったり、時に子どもが病気になったりと当たり前に予想していることとは違うことが起こるのが人生。

予想外のことが起こったときに、何を一番大切にしなければいけないのか、目の前のことにとらわれすぎて大事なことを見失わないか、を考えさせられました。

また、遠藤憲一演じる小野寺の今となってはなんの役にも立たない技術をずっとやっていた、というような台詞に、今後さまざまな仕事がその対象になるのだろう、と思うと日々アンテナを張らないと少しのブランクが大きな溝になってしまうのではないかと不安になりました。

ペンネーム:きいママ(30代・女性)

moe6
moe6

ラジエーションハウスの2話では、唯織の天才放射線技師ぶりが更に発揮されていて、見応えがありました。

ラジエーションハウスの技師長始め先輩や同僚技師たちのキャラクターも面白く、それぞれのやり取りに思わず笑ってしまったりしながら観ました。

今回2話では、親子や家族の絆や大切さのような物がテーマになっていましたが、まだ幼い男の子が、母子家庭の母を気遣う言葉や健気な姿に、目が潤んでしまいました。

と同時に母親の強さにも感極まるものを感じ、更に感動してしまいました。

放射線技師として画像に向かっている時の唯織と、それ以外の唯織とのギャップもまた面白く、人間味のある役柄に好感が持て、今後も続けて観ていきたいと思います。

ペンネーム:moe6(40代・男性)

tskkh
tskkh

ラジエーションハウス、2話は、1枚の離婚届けから始まった。離婚して名前の変わった女性が既往歴を書かずにctを撮り、今回のは何もなかったから大丈夫と帰ろうとした。

しかし、放射線技師がその人の前の名前を覚えていてその患者の既往歴が残っていたので悪いとこを発見できた。

そこからガン家系ということもわかり、詳しい検査をして子供のガンもみつかった。

今回の放送で既往歴の大切さを感じた。

また、離婚届けを毎回妻から渡され、破り捨てていた遠藤憲一が最後に何か書いて持ってきた子供に渡し、ついに離婚するのかと思ったら、離婚なんてしねぇよ、バーカと書いてあったとこがすごく微笑ましかった!

忙しくてなかなか家族サービスをでかにい仕事であると思う。

ほれを上手く実際に伝えれない人のためにもドラマって大切だと思った。本当にこのドラマは面白い。

ペンネーム:tskkh(20代・女性)

ラジエーションハウス(ドラマ)3話の展開を予想してみた!

放送後追記します。

ラジエーションハウス3話の展開をみんなに聞いてみた!

ラジエーションハウス3話の展開を僕だけではなく、実際に視聴した方に予想してもらいました!

まーちゅ
まーちゅ

ラジエーションハウス第3話では、女性の病気がメインのお話になりそうです。不安になる気持ちは私もわかるので、感情移入してしまいそう・・・。

裕乃は優しい性格なので患者さんを和ませようとするも、たまきさんに叱られてしまうというのも、ちょっと理不尽でかわいそうだなと。

たまきのキビキビした性格も好きなので、2人がギスギスしないことを祈ってます!

ペンネーム:まーちゅ(20代・女性)

のぞみ
のぞみ

ラジエーションハウス3話では乳がんの不安を抱えた女性が放射線科を訪れ、マンモグラフィ検査では問題はないようでしたが、五十嵐は超音波検査をするように勧めるらしく彼女はどうなってしまうのか気になります。

ストーリーは乳がんについての重い展開になるようですが、放射線科チームの活躍を楽しみに見たいと思います。

ペンネーム:のぞみ(40代・女性)

きいママ
きいママ

ラジエーションハウス第3話は次回予告からすると乳がんのお話。

乳がんと言えば有名人でも亡くなるニュースをよく聞くメジャーなガンでありマンモグラフィーという言葉は耳にすることが多いけれど実際検診を受けたことがない人からするとどのようなものなのか見る機会もないので楽しみです。

検診で引っかかってから、再検査を受けるまでの時間の心の葛藤にも注目したいです。

ペンネーム:きいママ(30代・女性)

moe6
moe6

ラジエーションハウス3話では乳がんが題材になっているようで、女性としては興味もあります。

ラジエーションハウスの女性メンバーの一人も乳がんの疑いをもたれ、検査を受けますが、唯織の技師の腕で別の病気を発見することになるのではないでしょうか。

そしてその唯織の技師としての働きを見ているうちに、杏は気づかないうちに唯織に興味を持ち始めるのでは、と思います。

ペンネーム:moe6(40代・男性)

tskkh
tskkh

二話で本田翼がなぜあんな態度、性格なのかわかった窪田正孝。

窪田正孝の仕事ぶりに、理解をだんだん持ち始めている本田翼。

だんだん二人が気持ちを許し合い、少しずつよい関係になるのではないかと思う。

そしてラジエーションハウス、3話はマンモグラフィの話だ。

女性としてマンモグラフィの大切さを実家させられることになるのではないかと思う。

ペンネーム:tskkh(20代・女性)

ラジエーションハウス2話を見逃した!視聴する方法は?

ラジエーションハウスの2話を見逃してしまった方に朗報です。2つの方法で安全に公式サイトから、しかも無料で視聴することができます。

放送日から1週間以内の場合は「Tver」で視聴することができ、1週間を過ぎてしまったら「FODプレミアム」で視聴することができます。

ラジエーションハウスの2話を無料で視聴する方法は以下のページで詳しく紹介しています。

ラジエーションハウスの1話を無料で視聴する方法

まとめ

ラジエーションハウスの2話のネタバレと感想をまとめました。