2019年春ドラマ(4月〜)

ラジエーションハウス(ドラマ)3話のネタバレと感想|マンモグラフィーで乳がんをみつける?

2019年4月22日の月曜日夜9時からドラマ『ラジエーションハウス』の3話放送されましたね。そこでネタバレと感想を紹介していきます。

猫王さん
猫王さん

ラジエーションハウスの3話のネタバレと感想を紹介するにゃん。

ロボートJr.
ロボートJr.

3話目は健太郎くんの病気を五十嵐唯織(いおり)が解明していくがしゃん。

あくまる
あくまる

とにかく本田翼が可愛すぎるでび〜。本田翼を見るためにラジエーションハウスをみてる人も多いと思うでび〜。

では、ラジエーションハウスの2話のネタバレと感想、見逃した方が今すぐ無料で観れる方法をまとめていきます。

ラジエーションハウス(ドラマ)3話のネタバレ

ラジエーションハウス(ドラマ)3話のネタバレと感想

カップ麺にお湯を注ぐ所から始まります。3分は昼間の食欲を満たす事ができると同時に、一人の患者さんに医師が費やす事のできる時間と言われています。

杏先生は放射線科医として誇りを持って、勉強会に挑んでいます。ただ、集まった医師は少なく、その殆どが机に突っ伏して寝ているのです。

それでも杏先生はめげる事なく、ドヤ顔で放射線科医の素晴らしさを説くのです。

その姿を唯織は陰ながら格好いい!!と応援しています。

この日、今日子はマンモグラフィを受けに来ていました。彼女の母親は乳がん、祖母は卵巣がんで亡くしています。

それから毎年マンモを受けていました。

検査室からは女性の大きな声が聞こえてきます。想像を絶するほど、乳房を圧迫する検査に痛みを隠しきれません。しっかり写さないと正常な乳腺に隠れてがんを見付ける事が出来ないと広瀬は丁寧に患者に説明します。

その広瀬の頑張りとは反対に、心ここにあらずと言う雰囲気で先輩技師のたまきはパソコンの前に立っています。

杏先生が勉強会を終え、病院内の廊下を歩いています。売店で購入したコーヒーを両手に持って唯織は杏先生に労いの言葉を掛けるタイミングを伺います。

声を掛けようとしたその瞬間、整形外科医の辻村先生が杏先生に話し掛けます。その会話から、二人で食事に行った事実を知り、唯織はショックを受けてしまいます。

そんな唯織の様子を察知した辻村先生は、丁度唯織からは仲睦まじい二人に見える様にボディータッチをしている様に振る舞うのです。

広瀬は今日子が不安がっている事に気が付き、結婚をするという今日子のプライベートの話しを聞きながらその場を和ませようとします。

たまきにはそれが面白くなく、広瀬に取って変わってマンモの検査をやってしまうのです。スタッフの休憩室でたまきは広瀬に注意をします。おしゃべりをする暇があるならもっとてきぱきと検査を行うように!と伝えるのです。

今日子のマンモの写真からはデンスブレストである事が診て取れます。これはしみやそばかすと同じ、身体的特徴の一つです。この状態の方は実に日本女性の半分と言われています。乳腺に覆われていてがん細胞を見付ける事が出来ず、きちんとした診察に至らないのです。

この画像を鏑木部長に確認し、マンモだけでは足りないと頭を過る杏先生ですが、鏑木部長は“この画像からは”病変を見付ける事は出来ないので、所見に異常なしと入力し、診断を送るのです。

たまきは杏先生の所に行って、マンモの画像を見せます。その画像には右胸に腫瘤があると診ます。悪性の可能性も否定出来ず、又圧力が不十分できちんと撮られていないかもしれないと話します。

一度エコーなり再検査をした方がいいと杏先生は答えます。この画像は誰のものかと杏先生に聞かれ、たまきは友人の画像で気になったからと返答します。

たまきは杏先生の机の上を見て、汚いから男が出来ないんだと雑談をその場と後にします。

今日子は医師よりマンモの結果、異常無しと診察を終え、安堵しながら病院を後にします。

唯織が今日子のマンモ検査画像を見付け、既応を確認します。

唯織は走って今日子を追いかけます。今日子はバスを待っていました。彼氏に検査は異常がなかったとラインしています。

バスに乗り込もうとしている今日子にデンスブレストであり、がんが見つかりにくいがかかり易い事実、そして再度エコーを受ける様に伝えます。

検査に異常なしと言われた安堵から落とされる様な事を言われ、逡巡してしまう今日子です。

杏先生が自室に戻るとそこに唯織がいました。唯織は今日子の検査の結果、エコーをさせて欲しいと杏先生に伝えます。デンスブレストの人はマンモだけでは十分な画像が撮れないと説明しますが、杏先生も勿論理解していると言葉を遮ります。

ただ、現状の病院形態では、デンスブレストの方を再検査していたら本当に悪性の患者さんを後回しにしてしまいかねないと杏先生は語尾を荒げます。そう言って扉を閉めてしまいます。

終業時間も過ぎ、たまきは売店で買い物をして検査室に戻ってくると、人形相手にマンモ検査の練習をしている広瀬の姿を見付けます。

広瀬は確かにもたもたしてしまっている自分がいると自覚し、練習してスムーズに検査できる様に努めたいと話します。そんな広瀬の様子を見て、実際の乳房で検査してみる?とたまきは自身の胸を貸す事を申し出ます。

唯織は当直で、椅子に座ったまま物思いにふけっています。

今日子はライターで、その彼氏は同じ会社の後輩です。昔、今日子が取材した教会で式を挙げようと彼氏は恥ずかしがる今日子に内緒で式場の見学予約を入れたと話します。

彼氏は改めて、検査の結果問題が無かった事に安堵します。

広瀬に画像を撮ってもらったたまきは画像を削除してさっさと検査室を後にします。その時、一緒にUSBメモリーも持っていきます。広瀬は自身が撮った写真を確認しますが、そこには既にありませんでした。

不思議に思った広瀬は画像を探し出し、それを見て、違和感を受けるのです。医師ではない広瀬には診断出来ませんが、文献を読み漁りこの画像はもしかしたらがんではないかと考えるのです。

広瀬が出勤すると今日子が先を歩いている事に気が付きます。

広瀬は技師長にたまきの名前を伏せて画像を見せます。顔つきが悪いと見た技師長は直ぐにでもエコーをした方がいいと言います。

ただ、検査の時間から一体だれのものかと不思議に思います。広瀬は慌ててその場を繕います。

唯織は今日子に呼び出されます。デンスブレストの場合にはきちんとした診断が出来ないのに、何故異常なしと記載されているのか?と問います。

デンスブレストの場合、がんが隠れている可能性は否定できないが、その場でがん細胞を診る事ができないと異常なしと記載する慣例がある事を伝えます。

今日子は納得できず、そのデンスブレストに関しても所見に関しても医師が話してくれないと患者は知りようがないと言います。母親ががんで亡くなって、もっと早く検査で知っていれば死ぬ事は無かったのかもしれないと考えています。それから自身も定期的にマンモの検査を受けているが、意味が無かった事なのかと訴えます。

唯織も今の日本の医療に悔しさを感じると言います。そして今の医療では、最終的に自分の命を守る事が出来るのは自分だけだと強く今日子に伝えます。

今日子はエコー検査受ける事を決意します。

唯織は今日子のエコーを始めます。ただ、エコーでもはっきりとした病変は見付ける事が出来ませんでした。

たまきが自身のマンモの画像を眺めているのを技師長が見付けます。たまきは友達の画像だと言い張りますが、時間からたまき自身のものだと気が付きます。

技師長はその友達に今直ぐエコーを受ける様に伝言しろと伝えます。

たまきが検査の為に部屋を整えていると広瀬が入ってきました。そして昨日の画像はもしかして・・・とたまきに言います。

たまきはぶっきらぼうに患者の次は同僚のプライベートに踏み込むのかと一蹴します。それでも広瀬は負けじと検査を受ける様にたまきに伝えます。

今日子は唯織に心を開いています。今まで色んな病院で検査をしてきたが、デンスブレストだと話してくれたのは唯織が初めてだったと言います。そして、何があっても事実を知りたいと言い、それを教えて下さいと唯織に伝えます。

そんな今日子の心の内を、検査室越しに杏先生は耳にします。

乳腺外科の先生が検査室に乗りこんでいました。唯織が勝手に今日子のエコーを行いその結果を電子カルテに送信したのです。

指示無しに検査をした事に医師は怒っています。その上、検査の結果は異常なしと診断されました。医師は鬼の首を取った様に、一人の患者さんを特別扱いしない様にと詰め寄ります。しかし、そこに唯織が更なる検査をしたいと言い寄ってきたのです。

エコーの検査で少し気になった画像が撮れたのです。より鮮明に診る事ができる乳房の造影剤MRIを行う事を希望します。

乳腺外科の医師は画像をつっ返し、こんな物異常だとは言えないと言い切ります。唯織は、患者さんは真実を知りたいのだと食い下がります。患者さんに寄りそう杏先生の気持ちも突き動かされ、一緒に頭を下げます。医師として曖昧な診断をしたくないと言います。

その熱意に押され、今日子は造影剤MRIを施行する事になります。

広瀬は、たまきに10万円払うからエコー検査をさせてほしいと言います。そこに技師長もやってきて、可愛い後輩の為にやらせてあげてと言います。

本を沢山開いて勉強する広瀬に、唯織は「一番不安なのか患者さん本人だ。」と伝えます。

今日子の造影剤MRIと同時にたまきのエコー検査が始まります。

事情を知っている技師長は目隠しをしたり、検査室を移動したりと気が気でありません。

今日子の画像を診ていた杏先生は、そこにがん細胞がある事を診断します。広瀬もたまきの胸にあるのはがん細胞なのではと考えている時に技師長から「エラストモード」への変更を指示されます。

エコーを操作し、自身が読んだ文献とを照らし合わせます。結果、それは悪性ではなく良性の物だと理解するのです。

嬉しそうにたまきに伝えます。たまきもそれを聞いて安堵し涙を流します。

今日子は乳腺外科医から乳がんである事を告げられます。転移はしていないので切除によって治療をする事を告げられます。

今日子は杏先生と唯織により謝罪されます。しかし、反対に今日子は、早期に発見してもらえたことに感謝し、その言葉を伝えます。

ただ、乳房を無くしてしまう事に後ろめたさも感じ、病気を持っている自分が結婚するのは相手として申し訳ないと言います。

その話しを聞いて、たまきは飛びださずにいられません。結婚したいと思える相手である事、知り合えた奇跡を大事にして欲しい、病気に立ち向かう今日子さんを尊敬していると伝えます。

今日子の彼氏は慌てて病院に来た様子です。

今日子を心配し声を掛けるのですが、今日子は彼にがんの診断があった事を伝えます。そして治療として乳房を切除する事を伝えます。引け目を感じている今日子に、彼氏はそんな事同じだと言います。

もしかしたら彼も年を取れば、メタボになるかもしれないし、髪も無くなるかもしれない、見た目が変わるのはお互い様だと言います。そして一緒に帰ろうと今日子と手をとります。

今日子は出版社勤務と言う立場を利用して、デンスブレストの記事を作成します。デンスブレストなのかどうかを医師から聞きだす為に、自ら問う事を推奨します。

そして、杏先生のレポートも異常なしと言う慣例からエコー検査を推奨すると言う内容に変化しました。

唯織はこの記事が嬉しくて杏先生に見せにいきます。嬉しそうに読む杏先生ですが、唯織にはライバル心を抱いており、負けないからとその場を離れます。

そして仲良く整形外科の辻村先生と歩きだしました。

ラジエーションハウス(ドラマ)3話の感想

ラジエーションハウス3話のを実際に見たネット民の反応を紹介します。

ruri
ruri

ラジエーションハウス第3話は、たまきが乳がんの可能性があり、すごく悩んでいたため、ドキドキしてしまいました。

たまきのマンモグラフィーの画像を見た杏は、もう一度再検査するようにと言ったため、たまきが乳がんなのかとても不安になったのが伝わってきました。

たまきが悩んでいたところ、裕乃がいたため、マンモグラフィーの画像を練習替わりに撮ってもらうことができ、超音波検査も裕乃が行うことになり、乳がんではないことが判明してすごく良かったです。

たまきが安心して涙を一粒流したシーンはとても嬉しさが伝わってきた素敵なシーンでした。

たまきがこれからも放射線技師として働くことができて本当に良かったと感じたし、すごく嬉しかったです。

ペンネーム:ruri(20代・女性)

ちょい
ちょい

今回のラジエーションハウス第3話では、女性の視聴者にはぜひ見てもらいたい、女性特有の疾患である乳ガンについての内容でした。

今や有名人、著名人の多くが乳ガンを発症したと発表し検診等を広く進めていて、医療保険等でも数多く扱われるようになりました。

乳ガン健診を自動的に受ける事になる世代、まさに結婚を控えていたり、キャリアを積んでいたり、それぞれの立場の女性から見た健診の重要性と、とてつもない不安とが非常にリアルに描かれています。

また、日本人女性の半分が乳ガンを見つけにくい体質であるという現状、その場合どうすればいいのかと言うところまで教えてくれる、情報提供と喚起という医療ドラマの一歩先を行くドラマだと思いました。

胸の摘出をする事で命が助かるという診断を受けた患者の旦那さんの言葉、見た目がいずれ変わるのは僕も一緒だというセリフは心にグッと来ました。

きっと乳ガン患者の方で、結婚を諦めた人や女性としての自信を無くした人も居ると思います。そんな人にこんな優しい言葉がかけられたなら、少しだけでも気持ちが楽になるのではと思い、3話で1番心に残る言葉でした。

部下をさりげなく思いやる技師長の優しさも、頼もしくグッと来ました。

ペンネーム:ちょい(20代・女性)

あや
あや

ラジエーションハウス3話のお話は2話の最後で唯織(窪田正孝)は整形外科医の辻村(鈴木伸之)が杏(本田翼)に食事を誘っているところを見てショックを受けているところはライバルが登場して初恋の相手がとられてしまうし、仕事があまりやる気なくなるのかなと思いました。

同じ頃祐乃(広瀬アリス)はマンモグラフィ検査に苦戦中でした、このところはまだわからないことだらけだけど勉強の第一歩だなと思いました。

今回やってきた患者さんは結婚を控えた女性編集者、患者さんはお母さんもおばあさんもガンに罹患(りかん)していることで毎年検査に受けていました、不安そうな感じだった祐乃は和ませようと話かけましたが、それを見ていたたまき(山口紗弥加)はそれを聞いて祐乃を注意してしまいした。

このところは集中して仕事をしてほしいし、患者さんがもっと不安になるんじゃあないかなと思いました。

ペンネーム:あや(30代・女性)

じんべい
じんべい

ラジエーションハウスの3話ですが、女性にとっては深刻な乳ガンについての話でした。

マンモグラフィ検査による診断が、実は曖昧なものだなんて初めて知りました。だったら最初から必ずエコー検査とセットで診断するべきですよね。

検査医療の重要性が訴えられている時代なのに、それはちょっと怠慢です。

こういう事を多くの人に知ってもらうだけでも、意味がある内容だなと思いました。五十嵐(窪田正孝)の信念と執念がなければ、未来ある若い女性の将来がすべて閉ざされてしまうところでした。

医師である前に同じ若い女性として杏(本田翼)が疑問を抱きつつも、その信念を持たなかったことは残念です。

たまき(山口紗弥加)の方はとりあえずよかったですが、技師長小野寺(遠藤憲一)はさりげなく格好いいですねえ。なかなか考えさせられるいい内容のドラマでした。

ペンネーム:じんべい(50代・男性)

さくら
さくら

ラジエーションハウス第3話、冒頭、一人の女性・今日子(内山理名)がマンモグラフィの検査を受けに来ます。

広瀬(広瀬アリス)とたまき(山口紗弥加)が担当しますが、一見何事もなさそうなその結果に、ただ一人唯織(窪田正孝)だけが食いつきました。

その家族の既往歴からも、見過ごせないものを感じた唯織の直感、リアルにこんな放射線科の技師、そして医師がいてくれたら、永らえる命は必ずあるはず、と思いましたが、残念ながら、この甘春総合病院のような対応、経費削減のポリシーは珍しくないんだろうなあ、とも。

毎年マンモグラフィを受信していても、見逃される乳がんはあるんだろう、という怖さ。

そして今日子やはるかの心の動きに自分の身に置き換えた時にドキッとする”不安”。

それでも、すべての病気が”その時に見つかって良かった”と思える、そんな希望の持てる物語の構成はとても好感が持てます。

見つからないよりは、見つかった方が良いはず。

フィクションですが、多くの病院に存在するリアルな”ラジエーションハウス”の面々の活躍に、光が当たってくれることを願って毎週見ています。

ペンネーム:さくら(50代・女性)

ラジエーションハウス(ドラマ)4話の展開を予想してみた!

次回は広瀬の学生時代の出来事と整形受診しにきた女性との話しになります。

ずっと右肩の痛みを抱いている美月は原因が分からず、様子観察を言われています。そんな彼女と広瀬自身の過去を被らせてしまう内容です。

杏先生から唯織はライバル宣言をされていますが、夜のベンチで肩を並べて座るシーンがあります。こんな健気に杏先生を慕う、唯織の事を早く思い出してほしいなと思います。

ラジエーションハウス(ドラマ)4話の展開を聞いてみた!

ruri
ruri

ラジエーションハウス第4話は、バンドで活躍したいと思っている美月が肩の異変を訴えるところがとても気になるところだと感じました。

画像診断の結果、異状はないようだったので、美月は本当に大丈夫なのか、また唯織が病気を早期発見することができるのではないかと期待しているところになっているので、唯織の活躍に期待しています。

ペンネーム:ruri(20代・女性)

ちょい
ちょい

次回のラジエーションハウス第4話は、夢に向かう若者の前に立ちはだかる病魔のようです。

本筋としは夢を諦めなければならない結果を覆せるような展開を期待していますが、3話で主人公伊織と甘春先生の距離がほんの少し近づき、辻村先生の伊織に対するライバル視が強まったような演出があったのでこの3人の関係性がまた進む事にも期待しています。

そして技師長の頼もしくも優しいキャラクターが2話からだんだんとしっかり出て来たので、個人的に1番好きで注目しています。

他の技師たちのキャラクターがより際立ってくる展開も楽しみです。

ペンネーム:ちょい(20代・女性)

あや
あや

ラジエーションハウス4話はバントのギター担当している女子大学生が右肩を負傷して診察していた時偶然祐乃とぶつかってしまいその時にスマホの画面からある曲が出てきます。

女子大学生が元気づけて聞いていた曲と祐乃が高校時代バスケの全国大会を目指していた時に聞いていた曲が偶然にも一緒になっていたことでどんな展開になっていくがが楽しみの1つだと思います。

ペンネーム:あや(30代・女性)

じんべい
じんべい

ラジエーションハウスの4話は、予告編だとよくわかりませんでしたが、杏の友人と広瀬(広瀬アリス)がたまたま知り合う大学生とが、同じ病の疑いがあるという展開になりそうです。

放射線技師に限らず、コメディカルスタッフがどこまで患者や病変に関わっていいのかは難しい問題です。

もちろん医療行為は医師の指示のもとで行われなければなりませんが、心に寄り添うのは医療行為なのかどうか、あるいは医師に意見を言ってはいけないのかなど、本質的な問題に踏み込みそうな気配です。

ペンネーム:じんべい(50代・男性)

さくら
さくら

ラジエーションハウス第4話、広瀬の過去と、大学生のロックミュージシャン・美月の今が交錯します。

肩を傷めて来院した美月は、プロの道を諦めながらも大切なラストライブをやり遂げたい、と願っているのです。

そんな二人の間を、ひとつの曲が結びつけます。

広瀬の学生時代の苦い思い出と、今思い悩んでいる美月の体に起こった異変…彼女の未来を勝ち取るために、ラジエーションハウスの面々は奮闘し、そして唯織の天才的なひらめきが大きなヒントになっていくのです。

ペンネーム:さくら(50代・女性)

ラジエーションハウス3話を見逃した!視聴する方法は?

ラジエーションハウスの3話を見逃してしまった方に朗報です。2つの方法で安全に公式サイトから、しかも無料で視聴することができます。

放送日から1週間以内の場合は「Tver」で視聴することができ、1週間を過ぎてしまったら「FODプレミアム」で視聴することができます。

ラジエーションハウスの3話を無料で視聴する方法は以下のページで詳しく紹介しています。

ラジエーションハウスの1話を無料で視聴する方法

まとめ

ラジエーションハウスの3話のネタバレと感想をまとめました。