YOSHIKI(本名:林佳樹)の生い立ち?父の自殺を乗り越えた少年時代?

歌手・グループ
太郎
太郎

YOSHIKIはとても魅力的に見えて、生まれてからも裕福な生活をしていたように思っている人も多いのではないでしょうか!

しかし、YOSHIKIには壮絶な過去があり、今のYOSHIKIがあるのです!

YOSHIKIの情報
本名林佳樹(はやし よしき)
生年月日1965年11月20日
生まれた場所千葉県館山市
兄弟2人兄弟の長男として生まれる
親の職業老舗の呉服屋
持病喘息(幼少期)
小学校千葉県館山市立北条小学校
中学校千葉県館山市立第三中学校
高校千葉県立安房高校

1965年に千葉県の館山市に生まれました。
親は老舗の呉服屋を営んでいたそうですね!

YOSHIKIは2人兄弟の長男として生まれました。

太郎
太郎

弟がいたの?と思う人もいると思いますが、YOSHIKIの弟は実は俳優をやっていたので知っている人も多いのではないでしょうか!

YOSHIKIは幼い頃は身体が弱く喘息を患っていました。現在のイメージとはちょっと違いますよね!
そんな病弱なYOSHIKIが小さい頃から好きだったのが父のジャズピアノです!
YOSHIKIの父親は音楽が好きでジャズピアノを趣味で弾いていたようです。

 

ロボット
ロボット

小学生でのYOSHIKIのピアノの腕前は楽譜を見ながら弾いたら父よりも上手かったとの逸話もあるほど!小さいながらに父親よりもより高い音楽の才能が芽吹いていたのかもしれませんね!

衝撃的!YOSHIKIが10歳の時に父親が自殺!


とても悲しい出来事ですが、YOSHIKIが10歳の時、小学生と言う幼さで父親を亡くしました。
その父親の死因は自殺でした・・。

母親は当然ですが、YOSHIKIに父親の死は伝えたものの、自殺とは伝えていなかったようです。
YOSHIKIが父親の死が自殺と分かったのは中学生になってからです・・・。

中学時代に親戚に家へ母親と訪れた時に父親の話になり、その話の流れから「父親の死は自殺と分かった」ようです!

xJapanが目覚める!?アメリカのロックバンド「キッス(KISS)」の音楽に衝撃を受ける!


出典:rockhall.com
YOSHIKIがロックバンドに目覚めるきっかけになったのは、父の死から立ち直る為にも母親が当時11歳だったYOSHIKIをロックバンド「KISS」のライブの連れて行った事でした!

そこで今まで父親が残したジャズピアノがメインだったYOSHIKIはドラムに目覚め始めるのです!
そしてすぐにドラムを買ってもらい11歳でドラムを始めました。

それから3年後の中学2年生の時(当時14歳)でダブル・バスドラムと言われる現在のYOSHIKIのドラムスタイルが確立しました。

YOSHIKIの母親もロックバンド「KISS」のライブに行くなんて、母親はロック気質なところもあるのでしょうかね!父親はピアノ系、母親はドラム系でYOSHIKIはその両方に興味を受け継いだのかも知れませんね!
キッス(KISS)とはアメリカ合衆国出身のロック・バンドグループです。
YOSHIKIが最初にはまったロックバンドです。
今でもキッス(KISS)の音楽商品やグッズなどは人気が高いですね!
大手通販で購入する事が出来ます。

YOSHIKIとTOSHIがついに中学時代にバンド「DAINAMAITE」結成!


TOSHIとは実は幼馴染で小さい頃からの付き合いでした。
そんなTOSHIを交えて初めて結成したのが「DAINAMAITE」です!

その後、バンドメンバーの入れ替えを重ねて「NOISE」に、そして「X」に、最後は世界を目指して「XJAPAN」へと変わっていきました!

 

太郎
太郎

その後は世界中で人気が高い世界のXJAPANになり、現在に至っています!

まとめ

今後さらなる活動がある事に期待しています!

やっぱりYOSHIKI!すごい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました