pataが過去に患った病気は「大腸憩室炎」と「門脈血栓症」!現在の体調は!?

太郎
太郎

 Xジャパンファンなら知っていると思いますが2016年のpataの緊急入院でICU入り!

ロボット
ロボット

知ってますけど!でも詳しくは・・・。

2016年の2月3日にpataはICU(集中治療室)に入った!

2016年の2月3日にpataがICU(集中治療室)に入りました。

病名は「大腸憩室炎」+「門脈血栓症」です。

この病気を発症して事で約1カ月後に予定していたイギリスでのウェンブリー・アリーナ公演を延期しましたね!

ちなみにYOSHIKIが病気中にpataと始めて会話した内容がインタビューで公開されましたが、その内容が衝撃的!

pataは「ウェンブリーに行く」「ウェンブリーで死んでやる」って叫んだらしいですよ!

ロボット
ロボット

pataらしい!

pataが患った大腸憩室炎と門脈血栓症ってどんな病気!?

以下、大腸憩室炎と門脈血栓症。

大腸憩室炎

大腸壁に5~10㎜の袋状のへこみ(憩室=けいしつ)ができた状態みたいですね!

通常は1㎝程度のものがほとんどですが、大きなものでは開口部が2㎝を超えることもあるようです。

この憩室内に細菌が感染すると「大腸憩室炎」が起きるようです。

症状としては、腹痛および憩室部位に限局した圧痛、発熱、吐き気、嘔吐、筋性防御、腫瘤(しゅりゅう)形成などの症状が現れます。

出典:Wikipedia

門脈血栓症

 門脈血栓症は、血栓によって門脈(腸から肝臓につながる静脈)がふさがったり狭くなったりする病気です。 ほとんどの患者は無症状ですが、一部の患者では、腹部への体液の貯留、脾臓の腫大、重度の食道出血がみられます。

出典:Wikipedia

緊急入院と言う事なのでおそらく大腸憩室炎の圧痛、発熱、吐き気、嘔吐、筋性防御、腫瘤(しゅりゅう)形成などの症状などが起きたのではないでしょうかね!憶測ですが・・。

pataの現在の体調はどうなのか?

調べたところ、病後、pataの体調が完全に戻ったとの情報はありません。

しかし、日本での紅に染まった夜などのライブも実施しているので完全とまではいかないまでも、ライブが出来る状態には回復しているのではと思います。

しかし、pataが患った2つの病気は再発も有り得るとの事で体調には常に気を付ける必要があるようですね!

ファンからは病後、常に体調をいたわるエールが送られているようです。

誕生日にpataの体調をいたわるファンの情報まとめ!

ネット上ではファンがpataの誕生日に体調をいたわる言葉を多く見る事が出来ます。

ファンならおめでとう!と同時に体調が気になってしまいますよね!

まとめ

ニコニコ、ホンワリ、なんか、病気しないようなイメージですが、病気を抱えてバンドしているんすよね・・。

Xjapanメンバーはみんな頑張ってます!

今後もメンバーとしてもソロでも活躍に期待!

\【無料】この有名人の出演作品を無料で見る/

太郎
太郎

以下、無料期間の最終日までに解約すれば1円もかからずに見放題出来る動画配信サービスを集めてみました。

U-NEXT31日間無料
ABEMA
2週間無料
TSUTAYA DISCAS
30日間無料
Amazonプライム30日間無料
dTV
31日間無料
ロボット
ロボット
無料期間内なら解約しても1円もかからないので気になる映画やドラマ、テレビ番組なども各サービスをハシゴして130日以上無料で見放題も可能ですよ。
歌手・グループ
スポンサーリンク
\よかったらシェアお願いします!/
この記事を書いた人
太郎

芸能人、有名人、映画ドラマ、テレビ、アニメなどが大好きな太郎です。
フリーライター業もしています。

太郎をフォローする
太郎が知っている話

コメント

タイトルとURLをコピーしました