服部樹咲の学歴は?出身はどこ?親や兄弟は?どこのバレエ教室に通ってた?

女優・俳優
映画「ミッドナイトスワン」で、衝撃的なデビューをした服部樹咲さん。孤独を抱えた複雑な役柄を見事に演じた彼女の高い演技力を、多くの人が絶賛しました。

ですが、ほとんどテレビへの出演は少ないことから、プライベートなことは謎に包まれていますよね。

太郎
太郎

そこで、ここでは服部樹咲さんの学歴や出身、親兄弟のこと、どこのバレエ教室に通っていかなどについて詳しく解説します。これから、日本を代表する大女優になるかもしれない服部樹咲さんのことがよくわかります。

 

服部樹咲の学歴は?有名私立か?

服部樹咲さんは、2021年現在は15歳。どんな学歴なのか気になる人もいますよね。

キリッとした聡明な顔立ちからして、有名な私立中学とか、有名大学附属とか、あらゆることを考えてしまいますが、インターネットでは公表されていません。

それは、服部樹咲さんがまだ未成年で、現役の中学生であることへの配慮かと思われます。

 

太郎
太郎

得意な学科は英語だと語る服部樹咲さん。将来は、海外の作品でその姿を見ることがあるかもしれません。さらに学歴で言えば有名大学に通いそうな気がしますね!

服部樹咲出身地は?母親や父親は?兄弟は?

服部樹咲さんは、2006年7月4日に愛知県名古屋市で誕生しました。ご両親は一般の方なので、その情報が公表されることはほとんどありません。

ですが、「ミッドナイトスワン」では、お母さんが映画の撮影中側にいたことは、主演の草なぎ剛さんの口から語られています。

そして、草なぎ剛さんと稲垣吾郎さんの会話から、服部樹咲さんのお母さんが、稲垣吾郎さんと同い年だということもわかります。2021年現在は、48歳となっています。

お父さんのことは、ほとんど語られることがないのですが、おそらくお母さんと同じ40代なのではないかと思われます。

そして、兄弟についても服部樹咲さんが語ることはなく、もしかすると一人っ子という可能性もあります。

また、兄弟や姉妹がいたとしても、一般人なので記載していないのかもしれません。
ミステリアスな雰囲気がある服部樹咲さんのご家族もまた、ミステリアスな存在に感じてしまいますね。

太郎
太郎

メディアへの露出が増えてきたときには、服部樹咲さんの口からご家族のことが語られるかもしれませんね!

服部樹咲はどこのバレエ教室に通っていた?《エリカ?デパルク?NAMUEバレエ学校?》

出典:ウェブザテレビジョン

「ミッドナイトスワン」では、服部樹咲さんの美しいバレエシーンが話題になりました。軽やかに舞う様子からして、長年バレエ教室に通っていたことがわかります。

では、どんなバレエ教室に通っていたのでしょう。

幼稚園のときに、盆踊りを踊る服部樹咲さんを見て、その指先の綺麗さにお母さんはバレエ教室を勧めました。

そして、通いだしたのが名古屋市にある「エリカバレエスタジオ」です。熱田区にあり、ここで服部樹咲さんはバレエの基礎や楽しさを学んでいったのでしょう。

 

そして、服部樹咲さんは東京都品川区にある「デパルクバレエスクール」にも通っていました。更に、その次には神奈川県にある「NAMUEバレエ学校」に通っていました。

 

バレエの受賞歴がすごい!?全国1位も豊富?

服部樹咲さんは、これまで多くの大会で賞を受賞してきました。

「第76回 NAMUE クラッシックバレエコンクール」では、小学校低学年の部で見事1位に輝き、「NBAジュニアバレエコンクール東京2018」では、小学6年部門で1位となりました。

この他にも多くの大会で注目されてきた服部樹咲さん。
2017年と2018年には、ユースアメリカグランプリ日本ファイナルにも進出しています。

もしかすると、女優としてだけではなく、バレエダンサーとしても海外で活躍しているかもしれませんね。

 

太郎
太郎

そして、これまで培ってきたバレエの技術は、服部樹咲さんにとって、まさに女優の扉を開く鍵となったのです。

バレエの実力が「ミッドナイトスワン」のオーディオ合格へ?

「ミッドナイトスワン」のオーディションでは、演技は未経験ながら、服部樹咲さんのそのバレエの実力の高さが評価され、一果の役を勝ち取りました。

「ミッドナイトスワン」で監督をつとめた内田英治監督は、インタビューで「演技経験のない人は最強」と発言したそうです。

一果という役は、親から育児放棄をされ、孤独に耐えながら生きてきた少女です。口数の少ないなか、バレエへとひたむきに努力する姿を、服部樹咲さんはとてもナチュラルに演じていたのです。

「ミッドナイトスワン」で主役を演じた草なぎ剛さんも、服部樹咲さんの存在感や演技力を高く評価しています。

「目の前にいるのはほんとに一果だった」と、新人ながら複雑な役を見事に演じきった服部樹咲さんに賞賛の言葉を述べています。

「第44回日本アカデミー賞新人俳優賞」や、「第30回日本映画批評家大賞」で新人女優賞(小森和子賞)を受賞した背景には、服部樹咲さんの、バレエの滑らかな動きと、初々しい演技の両方が、一果というキャラクターを生き生きと見せたのかもしれません。

まとめ

これから、服部樹咲さんはあらゆるドラマや映画で活躍する女優さんとなるでしょう。

出身地である愛知県を離れ、懸命にバレエや演技を磨く服部樹咲さんの姿は、多くの人にこれからも感動を与え続けることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました