六角慎司は再婚してる?妻はどんな人?子供は何人?息子?娘?兄弟はいるの?

女優・俳優
「警視庁ゼロ係」や「逃げるは恥だが役に立つ」など話題のドラマに度々出演している六角慎司さん。1度見たら、その個性的な役柄に釘付けになってしまいますよね。

ネットでは、六角慎司さんが再婚したと噂になっていますが、本当でしょうか。妻はどんな人なのでしょう。子供は何人?兄弟はいるの?など様々な疑問について解決したいと思います。

 

太郎
太郎

これまで、ドラマや映画のパイプレーヤーとしてしか知らなかったという人も、六角慎司さんの新たな魅力に気がつくのではないでしょうか。

六角慎司は再婚したの?そもそも離婚してない?六角精児と勘違い?

ネットで調べていると、再婚という文字が出てきます。六角慎司さんは、いつ再婚されたのでしょう。ですが、調べていくとある真実にたどりつきます。

そもそも、六角慎司さんは離婚していません。

つまり、再婚もしていないのです。

では、なぜ再婚などと書かれるのでしょう。その答えは、名前にあります。
六角慎司さんは、その名前が同じく俳優の六角精児さんと間違えられるのです。六角精児さんといえば、3回の離婚歴があり、元妻の1人と4回目の結婚をしています。

 

太郎
太郎

六角慎司さんと六角精児さん。パッと見では、一瞬どちらかわからなくなります。そのため、六角慎司さんがあたかも再婚されたかのような誤解が生じするのです。

 

六角慎司の妻はどんな人?劇団悪運ダイヤ所属の女優?子供はいる?

六角慎司さんは、2003年に女優さんと結婚されています。「劇団悪運ダイヤ」に所属していた人で、名前や詳しい馴れ初めまでは公表されていません。

ですが、奥さんが在籍していたというこの「劇団悪運ダイヤ」は、元々は六角慎司さんが在籍していた明治大学の劇団サークル「騒動舎」が母体となっています。

もしかすると、六角慎司さんと奥さんの出会いには劇団が大きく関わっているかもしれません。
ですが、六角慎司さんというと、2019年に放送された「アウト×デラックス」に出演した際に、「四六時中恐縮している俳優」として紹介されました。

太郎
太郎

コーヒー店やラーメン店でも恐縮しまくりなんだとか。きっと奥さんに声をかける時にも恐縮したのではないでしょうか。

結婚後は、SNSで奥さんとのやり取りが度々投稿されています。その文面から見ると、奥さんとの仲は良好に感じます。

奥さんも女優だということから、時には六角慎司さんが出演されているドラマなどについて、話すこともあるかもしれません。また子供もいるようです。

六角慎司の子供は何人?娘?息子?

六角慎司さんの子供については、ほとんど詳細がわかりません。

ですが、六角慎司さんの 過去のSNSには、こんな1文が投稿されています。

『娘のクリスマスプレゼントのリサーチを嫁がしたそうです』

つまり、六角慎司さんには娘さんがいるのです。

太郎
太郎

きっと、クリスマスには娘さんが喜ぶものをプレゼントしたことでしょう。もしかしたら、六角慎司さんと奥さんの血を受け継いで、演劇に目覚めるかもしれません。

 

六角慎司に兄弟はいるの?六角精児とは無関係?

出典:ウェブザテレビジョン

六角慎司さんには兄弟はいるのでしょうか?

一部では、俳優の六角精児さんと兄弟という噂もあります。確かに、六角という名字はかなり珍しいものです。兄弟でもおかしくはありません。

ですが、残念ながら2人は兄弟ではありません。

六角慎司さんは本名のままで活躍されています。ですが、六角精児さんに関しては本名ではありません。六角精児さんの本名は山地克明さんといいます。

それに、東京出身の六角慎司さんとは違い、六角精児さんは兵庫県出身です。このことからも、六角慎司さんと六角精児さんは兄弟ではないといえます。

太郎
太郎

実際に兄弟や姉妹かいるかどうかまでは、残念ながらわかりませんでした。両親や兄弟の有無に関しては、ほとんど公表されていないのです。おそらく、一般人であるためだと考えられます。

 

まとめ

六角慎司さんが再婚したというのは、単に勘違いです。六角慎司さんには離婚歴がないため、再婚なんてあり得ません。
おそらく、離婚と再婚を繰り返している俳優の六角精児さんと名前が似ているために誤解されたのでしょう。

そして、妻となったのは劇団で女優をしている女性でした。5年も交際しての結婚ですので、きっと慎重に決めたのでしょう。娘さんもいるようで、たまにSNSなどで、家族の仲睦まじい様子が垣間見えます。

そして、巷で噂になっている六角精児さんとの兄弟説ですが、こちらは完全なるガセです。
名字がたまたま同じという理由だけで、2人は赤の他人です。

バイプレーヤーとして、あらゆるドラマや映画で見かける六角慎司さん。
かつて、明治大学で演劇サークル「ジョビジョバ」を結成。六角慎司さんは、劇団ではアントニオ猪木のモノマネをするなどして笑いをとっていました。「ジョビジョバ」は、大学ホールの動員記録を塗り替えるほどの人気劇団でした。

2002年から活動は休止状態でしたが、2017年から再起動しています。活動休止をしてから、メンバーはそれそれの道で活躍してきました。
六角慎司さんは、これからもあらゆるメディアで活躍し、私たちを楽しませてくれることでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました