宮崎美子の本名は?美の秘訣はボルタリング?バレーボール?卓球?ベビメタ好きって本当?

女優・俳優
デビュー当時、大胆なビキニ姿を披露して話題を呼んだ宮崎美子さんは、60代を過ぎて尚、その美ボディを保っています。ドラマなどでは、穏やかで優しい母親を演じたり、クイズでは数々の難読漢字を読み解き、その才女ぶりを発揮しています。

ですが、その素顔は実に意外なものでした。
宮崎美子さんって本名でしょうか?趣味はボルダリング?バレーボールや卓球が得意なの?ベビメタが好きって本当?

太郎
太郎

そこで、宮崎美子さんの謎を一気に掘り下げてみましょう。

また、宮崎美子さんについての過去記事も以下にありますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

以下、当記事「宮崎美子さんって本名でしょうか?趣味はボルダリング?バレーボールや卓球が得意なの?ベビメタが好きって本当?」について記載しています。

 

宮崎美子って本名なの?昔は宮崎淑子の芸名もあった?

宮崎美子さんという名前は、まるで芸名のように感じますよね。

実は、宮崎美子さんの名前は本名なのです。

ですが、ファンの方のなかには漢字が違うのでは?と気がついた人がいますよね。実は、1991年に宮崎淑子と改名をしました。

しかし、2000年には再び本名の宮崎美子に戻したのです。

太郎
太郎

なぜ1度漢字を変えたのかはわかりませんが、やはり本名の宮崎美子さんの方が似合ってますよね。

 

宮崎美子の美の秘訣はボルタリング?バレーボール?それとも卓球?

出典:オリコンニュース

ネットでは、宮崎美子さんがボルタリングを趣味にしていると話題になりました。ですが、これまで宮崎美子さんと運動というのはあまり結び付かなかったイメージがあります。

調べてみたところ、確かに宮崎美子さんはボルタリングを趣味にしていました。
その証拠に、宮崎美子さんはある時にその事を自ら告白しています。
第7回プラチナエイジ授賞式に出席し、ベストプラチナエイジスト賞の女性部門を受賞した宮崎美子さん。この時には、なんと25年前から着ているというワンピース姿で現れました。そして、美の秘けつについて聞かれた宮崎美子さんは、毎年新しいことに挑戦していることを話したのです。

62歳となったこの年には、ボルタリングに挑戦したそうです。そして、その様子はYouTubeにもアップされていて、かなりのハイレベルなコースにもチャレンジしています。

常に新しいことに対して果敢にチャレンジしている宮崎美子さん。美しさの秘密は、このチャレンジ精神にあるのかもしれません。

健康の為に始めたスポーツのクイズにも?

そして、宮崎美子さんのボルダリングはクイズ問題にもなったのです。

テレビ朝日の「グッドモーニング」内でおこなわれている、クイズ「エンタメ検定」。ここで、宮崎美子さんが健康のために始めたスポーツは?という問題が出ました。

選択肢にはバレーボールや卓球と並んでボルタリングがありました。このなかから選ぶというと、きっと多くの人はバレーボールか卓球と連想するでしょう。

太郎
太郎

ボルタリングというのは、かなり意表をついていました。
宮崎美子さんのボルダリングへの挑戦は、クイズになってしまうぐらい驚きだったのです。

 

宮崎美子はベビメタ好き?

ネットでは、宮崎美子さんがは ベビメタ好きと言われています。ベビメタとは、2010年に結成されたユニットで、メタルとアイドルが融合した斬新なものでした。

その魅力は、高い歌唱力と曲の魅力です。単に可愛い女の子がメタルバンドをしているというわけではありません。

その人気は、アイドルファンやメタルファンを虜にして、これまでアイドルやメタルに興味がなかったという人からも支持されています。

 

太郎
太郎

ですが、宮崎美子さんのイメージとヘビメタというのはいまいち合わない気がしますよね。ですが、調べたところこの噂は本当でした。

2020年12月19日にテレビ朝日で放送された音楽番組「LINE MUSIC presents生投票 決めるミュージックSHOW」で、宮崎美子さんのヘビメタ好きが明らかになりました。楽屋での宮崎美子さんが、なんとBABYMETALの「META!メタ太郎」を口ずさんでいるのです。

なんと、宮崎美子さんはBABYMETALの魅力にすっかりはまってしまい、東京ドームのライブにまで行ったことがあるそうです。

宮崎美子のBABYMETAL(ベビメタ)神曲1位は「紅月-アカツキ-」?

宮崎美子さんは、自身が思うBABYMETALの神曲を発表したのですが、その選曲がすごいんです。
なんと、1位に選んだのはかなりコアなファンでしか知らない「紅月-アカツキ-」だったのです。この曲はアイドル感がほとんど感じられず、ドラマティックでありながら、その哀愁を帯びたメロディと歌詞が多くのファンを虜にしました。

宮崎美子さんも、この曲に特別なものを見つけたのかもしれません。
BABYMETALが2020年の第71回NHK紅白歌合戦に初出場した際には、宮崎美子さんが偶然にも審査員をしていました。

太郎
太郎

宮崎美子さんは、その嬉しさを本人に直接伝えることができました。

まとめ

ボルタリングやベビメタなど、宮崎美子さんの趣味は、多くの人が、宮崎美子さんに対するイメージを覆すことになったのではないでしょうか。

ですが、宮崎美子さんが常に若々しい考えを持っているのは、常にこうした新しい物を柔軟に生活に取り入れているからではないでしょうか。

これからも、宮崎美子さんは新しい分野に挑戦し続けるのではないでしょうか。そして、周囲をあっと驚かせてくれることでしょう。

宮崎美子さんの過去記事については以下でも紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました