杉本哲太はお酒で失敗?つっぱりだった?ケンカが強い?字が汚い?コントをした事ある?

女優・俳優
NHK大河ドラマに出演したり、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などでレギュラーを務めた経験もあるベテラン俳優の杉本哲太さん。
太郎
太郎

杉本哲太さんはお酒で失敗?つっぱりだった?ケンカが強い?字が汚い?コントした事がある?って疑問の声がネット上に多く記載されていたので調査してみました。

また、杉本哲太さんについての過去記事も以下で紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

以下は杉本哲太さんのお酒で失敗やケンカが強くつっぱりだった過去、字が汚いと言われる噂やコントした過去などについて紹介しています。

杉本哲太はお酒で失敗したエピソードがある?

杉本哲太さんはお酒で失敗したエピソードがいくつかあります。

自転車泥棒してしまった?

一番大きな失敗としては、哲太さんが40歳の時にお酒で酔っぱらってしまい、乗り捨てられた自転車を勝手に乗って帰ってしまったということで、警察に事情聴取されてしまったそうです。

深夜に路上を自転車でフラフラ走行していたのでしょう。職務質問を受け、防犯登録から別の持ち主がいることが発覚しました。持ち去ろうとする意志があった、と本人も認めているようです。

太郎
太郎

これは若い時の感覚でやってしまったのだろうと推測できます。当時でも名前が知れている有名な俳優さんだったのですが、少しばつが悪い出来事でしたね。

 

朝ドラ打ち上げ後に路上で寝ていた?バッグとサンダルなくなる?

また、これも何年か前の話ですが「あまちゃん」という朝ドラの打ち上げの際に飲みすぎてしまったようで、気づいたら路上で寝ていたそうです。

そして、バッグとサンダルの片方を失くしてしまったのでした。後に近所の方から連絡があり見つかったようです。

 

杉本哲太は昔はつっぱりだった?路上でケンカして横浜銀蝿メンバーが仲裁?

杉本哲太さんは昔つっぱりだったという噂があります。

もともと芸能界に入るきっかけとなったエピソードが、哲太さんが路上でケンカ中に横浜銀蝿のメンバーが偶然通りかかり、仲裁に入ってくれたことからということです。

当時、横浜銀蝿は仲間を募集していたようで、哲太さんはそれを知っていました。なので、仲間に入れてください、と頼んでそこから芸能界入りしたのだとか。

デビュー以前から路上でケンカをするような感じですから、つっぱりだったことは間違いないですが、デビューしてからも横浜銀蝿の弟分ということで、グリースというバンドを組んでリーゼントで歌っていましたので、つっぱりのイメージは強いです。

しかし、今思い出すと「あんな歌はもう歌いたくない」そうです。確かに、若いころにかっこいいと思っていたスタイルも何十年も経つと少し恥ずかしくなってしまうことはあります。

太郎
太郎

哲太さんは今は、ミュージシャンの面影がないような名俳優として活躍なされていますよね。

そもそもケンカが強かったのか?元SMAPのリーダー中居も知っていた?

杉本哲太さんはケンカが強かったのでしょうか?

特に伝説的なエピソードがあるわけではないのですが身長180センチと体格に恵まれていますし、若いころはケンカに明け暮れていたという情報がありますので、強いということになるでしょう。

哲太さんにはお兄さんがいらっしゃって、お兄さんも有名なつっぱりだったようで、杉本兄弟にはかかわるな、という噂が流れていたそうです。

太郎
太郎

また、元SMAPのリーダー中居さんも若いころから噂で杉本哲太さんの名前を知っていたようで、ある番組で哲太さんの事を怖い人と紹介していましたよ!

杉本哲太は字が汚い?

出典:テレ東プラス

杉本哲太さんは字が汚いという噂があります。

ある明石家さんまさんと共演するバラエティ番組で、哲太さんが字が下手なことが悩みだということで、ペン字を練習する放送会がありました。

サインの画像を見たのですが、特に汚いとは感じませんでした。色紙に丁寧に文字が書かれていたので、他の方のサインと比べてもかなりキレイな印象でした。

ですが本人が悩んでいるということで、理想はもっと高いところにあるのだなと感じます。たまに、字がきれいでそれで仕事が出来そうな方いらっしゃいますね。そのくらいの理想をお持ちなのかもしれません。

太郎
太郎

あっと驚かれるくらいの字が書きたいのかもしれません。もしくは他に悩みがなかったのかも知れませんね。

杉本哲太は中尾明慶とコントをした?

これは2021年の3月18日に放送された「千鳥のクセがスゴいネタGP」の中で、ドラマの番宣もかねて、杉本哲太さんと中尾明慶さんがニューヨークというコンビのコントに挑戦した過去がありました。

 

お二人ともネタ番組でコントをするというのは初めてだったようですが、役作りの一環としてひげを伸ばしてみたり、リハーサルを行うなど結構な意気込みだったようです。

お二人とも演じることに関してはプロなので、あまり抵抗がなかったのかもしれません。杉本さんは間が命だと思い、中尾さんと稽古がしたかったが、スケジュールが合わず、本番前に稽古することになってしまった、とコメントされていました。

太郎
太郎

番宣のコントにおいても本気で取り組んでいらっしゃったのが印象的でした。

まとめ

今は、昔のつっぱりのイメージやミュージシャンのイメージが全くないくらいのベテラン俳優という感じがします。

それでも、芸能界に入ったときは歌を歌っていたので、何かのきっかけがなければそのまま歌手でいたのかもしれないですね。

本当に不思議な感じがします。ミュージシャン時代を知らない私にとっては昔のやんちゃなイメージもまったくありませんでした。昔から俳優を目指してどこかの劇団で下積みをしてきた実力派俳優という感じがしていました。
また、お酒で失敗が多いところも少しお茶目ですね。あまり多いと困ってしまいますが、本人のイメージは真面目な感じがしたので、そこもとてもギャップがありました。すごく面白い方だと思いますよ。

また、杉本哲太さんの過去記事もありますので興味があれば合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました