堀田茜の大学の学部は?偏差値は?推薦入学なの?ミスコンで準ミス?大学時代は?

堀田茜女優・俳優
ファッションモデルとして、女優として、バラエティタレントとして大活躍の堀田茜(ほったあかね)さん。美人でスタイルがいいのに、ツンとしたところがなく、体当たりロケにも果敢にチャレンジしている姿は、男女問わず高い支持を得ています。

堀田茜さんの大学時代って、どういう感じだったのでしょう。学部は?推薦入学?ミスコンに参加?大学時代は?

 

太郎
太郎

堀田茜さんについて、色々と気になる部分がたくさんあります。詳しく掘り下げてみましょう。

堀田茜の最終学歴は?大学は?学部は?偏差値は?

堀田茜さんが、かなりの才女だということはネットなどでは話題になっています。英語を話せる芸能人はたくさんいますが、なんでも堀田茜さんはフランス語が話せるとのこと。

堀田茜さんは、これまで多くの有名人を輩出してきた立教大学に通っていました。

立教大学

立教大学には、理学部や経営学部など多彩な学部があります。そのなかで堀田茜さんは文学部に入り、フランス語文学を専攻しました。

立教大学文学部フランス文学の偏差値は「60」です。頭いいですよね。

立教大学文学部フランス語学科の偏差値

出典:パスナビ

気になるのは、フランス語の腕前ですよね。どの程度話すことができるのでしょう?堀田茜さんは、「フランス語検定準2級」を持っています。「フランス語検定準2級」というのは、日常生活において読み書きや会話には困らないぐらいの能力です。

つまり、海外旅行に行った時には、1人でショッピングなレジャーを楽しめるぐらい、フランス語を使いこなせます。

バラエティで海外に行くことも多い堀田茜さん。いつか、フランスのロケがあった時には、流暢なフランス語を披露してくれることでしょう。

太郎
太郎

また、女優としても活躍している堀田茜さん。もしかすると、フランス映画などに出演するチャンスも訪れるかもしれません。

 

立教文学部フランス文学へは推薦入学?一般入試?

堀田茜さんは、もしかして推薦で立教大学に入学したのでは?とネットでは囁かれています。

確かに、推薦で入学したという芸能人もいますよね。ですが、堀田茜さんが通っていたカリタス学園には、指定校推薦があります。

指定推薦校というのは、大学が特定の学校に推薦枠を与えているものですが、立教大学はカリタス学園の指定推薦校ではありません。

つまり、堀田茜さんは一般入試により入学している可能性が高いです。

堀田茜さんは、高校生の時から芸能活動はしていましたが、学業を優先し、大学進学を目指しました。予備校に通い、授業の後には友達とカップラーメンを夜食に食べたりしていたそうです。

カリスタ女子高は、日本では珍しいフランス語必須の高校です。堀田茜さんが立教大学を選択したのは、文学部にフランス文学という選択肢があったからかもしれません。

 

太郎
太郎

クイズ番組などで堀田茜さんが活躍しているのは、こうした学生時代の努力のおかげなのではないでしょうか。

 

堀田茜の大学時代は?学業と仕事?

堀田茜

出典:ウェブザテレビジョン

大学生というと、学業だけでなくプライベートも充実しているという、華やかなイメージがありますよね。ですが、堀田茜さんの大学時代は学業と仕事の両立で忙しかったようです。

堀田茜さんが大学に入学したのは、2011年。2013年には、朝の情報番組「ZIP!」にレギュラー出演。更に、ファッション雑誌「Can Can」の専属モデルとしても活躍するようになりました。

 

学業と仕事の両立というのは、決して簡単なことではありませんでした。しかし、堀田茜さんはどれだけ忙しくても、きちんと大学を卒業したかったそうです。

授業や試験の日程をマネージャーに確認し、雑誌の取材に行った後に大学に行き、授業が終わると再び雑誌の撮影に戻るなんて日もあったそうです。

それでも、堀田茜さんは楽しみながら両立していたとのことです。確かに、画面で活躍する堀田茜さんは、いつも笑顔全開で疲れた素振りなどは見せませんでした。

 

太郎
太郎

辛い時にはファンの応援を励みに頑張ったという堀田茜さん。明るい笑顔の裏には、たくさんの努力と苦労があったのです。

大学時代にミスコンに参加?準ミス立教?ミスすっぴん?

堀田茜さんは、仕事と大学で忙しい間にもミスコンに参加したことがあります。

堀田茜さんは、準ミス立教に選ばれています。更に、ミスすっぴんにも選ばれました。

ミスすっぴんという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、これは日本すっぴん協会が、ミス立教やミス東大、ミス慶應のファイナリストたちの美を応援するべく実施しているものです。そして、堀田茜さんは立教大学のミスすっぴん美人に輝いたのです。

これは、年齢や肌の状況、そして肌に対する向き合い方など、肌に関するあらゆることを総合的に考えて選ばれるものです。

太郎
太郎

女性にとって、すっぴんを誉められるということは、とても名誉なことです。堀田茜さんは、忙しい日々のなかでもお肌の手入れを怠らなかったようです。

また、堀田茜さんについての過去記事は以下でも紹介しているので興味があれば合わせてご覧ください。

 

まとめ

堀田茜さんは、仕事よりも学業を優先し、進みたい大学へと入学しました。

そして、忙しい合間にも女性として美への追求を忘れなかった堀田茜さん。準ミス立教やミスすっぴんに選ばれたのは、日々の努力の賜物です。

これからも、堀田茜さんは美しい肌と明るい笑顔で様々な活躍をしていくことでしょう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました