【三浦春馬】最後に住んでたマンションの住所はどこ?家賃はいくら?内装は?

三浦春馬が住んでいたマンション女優・俳優
数々の映画やドラマ、舞台でその才能を発揮し続けた三浦春馬さん。2020年7月18日に逝去した後も、三浦春馬さんの人気は衰えることはありません。

死後も遺作となった映画が公開されるなどして、その存在感を改めて示しました。ファンのなかには、三浦春馬さんとの、あまりにも早すぎる別れを受け入れられないという人もいるほどです。

彼が最期に住んでいたマンションというのは、どこにあるのでしょうか。家賃や、内装なども気になりますよね。

太郎
太郎

ここでは、三浦春馬さんが生前最後まで住んでいたマンションについて詳しく紹介します。三浦春馬さんが、どういった風景を見ながら過ごしたのかがわかるかもしれません。

三浦春馬が住んでいたマンションの住所はどこ?【亡くなる直前に住んでいたマンション】

三浦春馬さんが生前暮らしていたマンションをネット検索すると、東京都港区海岸3丁目18-2にある「ピアシティ芝浦ハイツという名前が出てきます。

おそらく住所も間違いはないでしょう。なぜここだと断言できるのかというと、それは三浦春馬さんが亡くなった時に、マンションの外観をメディアが報道したためです。

近隣に住んでいる人なら、すぐにわかります。それに、三浦春馬さんが亡くなったことで、警察がマンションを訪れたり、報道陣が近隣の住人にインタビューしたりしたので、そこから情報が漏れている可能性もあります。

それに、三浦春馬さんが亡くなった後、「ピアシティ芝浦ハイツ」の前には花を手向ける人も大勢いました。そのため、ネットで囁かれている情報に間違いはないと思われます。

港区海岸エリアはどんな雰囲気の地域?落ち着いた雰囲気?

ピアシティ芝浦ハイツ

港区海岸エリアは、海を埋め立てられて作られた地区として知られ、高級住宅街とビジネス街が融合している場所です。

太郎
太郎

華やかさや賑やかさは感じられませんが、落ち着いた静かな暮らしがしたいという人にはピッタリな場所です。

 

部屋番号は!?

部屋番号などは明かされてはいないため、三浦春馬さんがどの部屋に住んでいたかはわかりません。

ですが、窓からは東京湾が見えるそうです。このマンションを選んだのは、サーフィンを趣味とし、海をこよなく愛していた三浦春馬さんらしいチョイスだったのかもしれませんね。

マンションの住所や名前は、ネット上に多く掲載されているため、ファンの人のなかにはぜひ訪れて献花したいという人もいるでしょう。

太郎
太郎

ですが、そこには他の住民も住んでいるということを忘れてはなりません。住民の方への配慮も考えて、安易に訪れたりするのは止めておきましょう。

 

【家賃いくら?】三浦春馬が住んでいたマンションの家賃はいくら?

ベランダで笑っている三浦春馬

出典:オリコンニュース

人気俳優なんだから、かなり高級なマンションに住んでいると考えている人もいるでしょう。

ですが、三浦春馬さんが住んでいた「ピアシティ芝浦ハイツ」の家賃は1LDKで約17万円、2LDKでも約37万円と言われています。

もちろん、家賃は変動することもあるため、三浦春馬さんが家賃にいくら払っていたかはわかりません。ですが、独身だったことを考えると、1LDKに住んでいた可能性が高いです。

1994年に建てられたという建物ですが、外観を見る限りではそう古くは感じません。ですが、芸能人が住むには家賃が安いと思った人もいるのではないでしょうか。確かに、芸能人のなかには家賃が100万円を越えるところに住んでいる人もいますよね。

ですが、「ピアシティ芝浦ハイツ」は、豊富なアクセスが可能で利便性も高い場所にある物件です。そして、何よりも海に近いマンションでもあるのです。

三浦春馬さんは、仕事に通いやすく、大好きな海に近いこのマンションをとても気に入っていたのかもしれませんね。

太郎
太郎

三浦春馬さんが住んでいたマンションを知り、芸能人らしくないと感じる人もいるかもしれません。ですが、そういった庶民的なところもまた、三浦春馬さんの魅力だったのではないかと思います。

 

【内装は?】三浦春馬が住んでいたマンションの内装は?ウォークインクローゼットがある?

ウォークインクローゼット

出典:homes

気になるのは、三浦春馬さんの部屋の内装ですよね。

三浦春馬さんがどの部屋に住んでいたのかがわからないので、正確な間取りはわかりません。また、内装についても詳細はわかりません。

ですが、ウォークインクローゼットがあったという情報もあります。

報道によると、三浦春馬さんはクローゼットの中で首を吊った状態で発見されたということでした。ですが、三浦春馬さんの身長は178センチもあるのです。クローゼットの中で首を吊るなどということは可能なのでしょうか。

 

太郎
太郎

ネットの情報によると、その天井は高く約2・7メートルはあるとのことです。三浦春馬さんは、何を思ってここを最期の場所に選んだのでしょうか。今となっては、その真意は定かではありません。

まとめ

三浦春馬さんが、生前最期に過ごしたマンションは、海が見える素敵な場所にありました。海をこよなく愛していた三浦春馬さん。窓から大海原を眺めることもあったのかもしれません。

三浦春馬さんがどのような気持ちで美しい景色を眺めていたのかは、誰にもわかりません。
ですが、多くの作品の中で三浦春馬さんは生き続けています。その短くも濃い俳優人生は、永遠に語り継がれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました