岡山天音の出身中学は?高校や大学は行ってる?中卒?これまでの経歴は?

壁に寄っている岡山天音
吉高由里子さん主演のTBS系ドラマ「最愛」では、意味深な登場の仕方をして視聴者を惑わす刑事役を好演した岡山天音さん。

そのインパクトは大きく、黒幕なのではと考察された程です。

様々な作品で強烈な印象を残す俳優として知られる岡山天音さんですが、学歴についてはあまり触れられることはありませんよね。どんな中学生活を送っていたのでしょう。高校や大学には進学したのでしょうか。

太郎
太郎

そこで、岡山天音さんの出身中学や高校、更には大学と調べてみましょう。これまでの経歴を辿れば、思わぬ過去が見つかるかもしれませんよ。

 

また、岡山天音さんの出演作品については動画視聴サービスで見る事が出来ますよ。

U-NEXT31日間無料
ABEMA2週間無料
DMM見放題chライト30日間無料
【TSUTAYA DISCAS】30日間無料
Amazonプライム30日間無料
dTV31日間無料

岡山天音の出身中学は?中学生活は?

岡山天音さんは、出身地は東京都国立市です。
出身中学は国立市の公立中学校出身の可能性があります。

ですが、国立市には国立第一中学校や第二中学校、第三中学校など様々な市立中学校があります。

岡山天音さんが、一体どこの中学校に通っていたのかは公開していないようです。それに、岡山天音さん自身、あまり中学には通っていなかったそうです。

学校が好きではなかった?

幼少期よりあまり学校が好きではなかったという岡山天音さん。その理由は、子供独特の純粋な感性によるものが大きかったようです。

岡山天音さんによると、朝起きて夕方までいられるのが不思議でならなかったとのこと。幼かった岡山天音さんにとって、学校へ通うというのはとても不思議なことだったのかもしれません。

また、親が物心ついた時から離婚していた事も関係しているのかもしれません。岡山天音さんの家族については別記事で紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

バスケやダンスをしていた?

中学1年生の時にはバスケ部に入っていたということがわかりました。学校生活のなかにも、バスケという楽しみがあったことは、岡山天音さんにとって、とても大切だったのでしょう。

更に、小学校から中学校にかけてはダンスを習っていたこともあるそうです。発表会やイベントにも参加していたことから、その腕はなかなかのものだったと推測できます。

太郎
太郎

もしかすると、岡山天音さんはこの頃から人前で何かを表現することに興味を持ったのかもしれませんね。

2020年。岡山天音さんは、主演映画「踊ってミタ」でダンスを披露しています。練習を行い、複雑なダンスを見事踊り切ったのは、かつて習っていたことが大きく影響しているのかもしれません。

普段の岡山天音さんからダンスを連想する人は少なかったため、そのあまりのうまさに驚いた人も多いかもしれませんね。

太郎
太郎

これからも、岡山天音さんが作品の中でダンスを披露するということがあるかもしれませんね。

岡山天音の高校や大学は?進学してない?中卒?

壁に寄っている岡山天音

出典:ビューティーマガジン

岡山天音さんの出身高校や大学を調べてみても、名前が出てくることはありません。

どうやら、岡山天音さんは進学はしなかったようなのです。なぜ、高校や大学に進学しなかったのかは定かではありません。

しかし、元々学校生活に対して疑問を感じていた岡山天音さん。もしかしたら、進学しなかったのはそのためかもしれません。

太郎
太郎

中学時代には引きこもりのような生活をしていたという岡山天音さん。もしかしたら、進学しなかったのはそういった生活も関係しているのかもしれませんね。

芸能人のなかには、中卒で活躍している人は意外と多いのです。俳優の小栗旬さんや山田孝之さん、それに藤原竜也さんも中卒で活躍しています。

なぜ芸能人に中卒の人が多いのかというと、それは既に芸能の仕事をしている人が多かったからではないでしょうか。

デビュー以来、ドラマや映画の仕事が立て続けに来た岡山天音さん。若くして俳優活動を始めたことが、進学を躊躇させたのかもしれません。おそらく、岡山天音さんは自分の将来を既に決めていたのでしょう。

その感情豊かな演技力は業界でも高く評価され、2017年には高崎映画祭で最優秀新進俳優賞を、2018年にはASIAN FILM FESTIVALで最優秀男優賞を受賞しています。

太郎
太郎

岡山天音さんは、自分が進む道を確実に歩み続けているのです。

岡山天音の経歴は?

岡山天音さんは、いつから俳優業をしているのでしょう。その経歴が気になるところです。

岡山天音さんがデビューしたのは、2009年のことでした。NHKの人気番組「中学生日記」のオーディションに見事合格。そして、「中学生日記シリーズ 転校生(1)〜少年は天の音を聴く〜」で主演。役名の岡山天音をそのまま芸名にしました。

株式会社ユマニテに所属し、数々のドラマや映画に多数出演。ジワジワと知名度を上げていきました。

フジテレビ系の人気番組「痛快TVスカッとジャパン」や、NHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演し国民的俳優と成長しました。

 

太郎
太郎

また、人気のCM「三太郎シリーズ」ではコミカルな一休ちゃんをしたり、キリンビール「一番搾り」ではナチュラルな表情を見せるなどして、幅広い世代に受け入れられていますね。

 

まとめ

子供の頃から学校に通うことに疑問を感じていた岡山天音さん。

中卒という道を選択したのは、俳優として生きることを若くして決めたからかもしれません。自分の進路を決断するのは、かなりの勇気がいることです。

岡山天音さんは、これからも自身が決めた俳優の道をまっすぐ進み続けることでしょう。そして、多くの人達に感動を与えてくれるに違いありません。

 

タイトルとURLをコピーしました