黒島結菜の父親は社長?母親は?兄弟姉妹は?祖父母はパイナップル作っている?

顔に手を当てている黒島結菜
2022年に沖縄の本土復帰50年を記念して制作されたNHK朝ドラ「ちむどんどん」。沖縄出身の黒島結菜さんは、ヒロイン比嘉暢子を演じてます。

「ちむどんどん」では、強い絆で結ばれた家族の姿が描かれていますが、黒島結菜さんの家族はどうでしょうか。

父親は社長という噂がありますが、本当なのでしょうか?母親はどんな人なのか。兄弟はいるのか、かなり気になりますよね。

更に、祖父母はパイナップルを作っているそうですが、どういう事でしょう。

太郎
太郎

ここでは、黒島結菜さんの家族についてスポットライトを当ててみましょう。

 

ちなみに黒島結菜さんのすべての出演作品を見てみたい!って人はVOD動画視聴サービスで調べると出てきますよ!

U-NEXT31日間無料
ABEMA2週間無料
DMM見放題CHライト30日間無料
【TSUTAYA DISCAS】30日間無料
Amazonプライム30日間無料
dTV31日間無料

 

黒島結菜の父親は社長?

ネットでは、黒島結菜さんの父親が社長をしていると噂があります。

これは事実です。

株式会社カラハイというホームページ制作会社を運営

黒島結菜さんの父親である黒島伸悟さんは、沖縄で株式会社カラハイというホームページ制作会社を経営しています。

株式会社カラハイのホームページ

出典:カラハイHP

なんでも、以前はコープおきなわでバイヤーを務めていたという事ですが、その時に培った様々な知識を活かして、2011年に会社を立ち上げました。

そこには、ネットワーク化を進める事により、沖縄の経済を発展させたいという強い意思があったようです。
黒島結菜さんは、度々父親との仲を番組などで発言しています。黒島結菜さんは、父親のジャージを稽古着として着ていた事もあるようです。なんでも、古着っぽくてかわいかったそうです。

そして、父親は黒島結菜さんに大切な事も教えてくれました。それは、「素直、感謝、謙虚、誠意」です。

太郎
太郎

黒島結菜さんの、常に誠実で素直なところは、そんな父親の教えがあったからかもしれませんね。

黒島結菜の母親はどんな人?

黒島結菜さんの母親は、一般人という事もあり、名前など詳しい情報はわかりません。

ですが、とても優しくて、常に黒島結菜さんの事を側で応援してくれる人だという事はわかります。そして、黒島結菜さんの女優としての道を作ってくれたのは、母親だったのです。

母親は女優の道を作ってくれた?

黒島結菜さんの中学時代は、どちらかというと引っ込み思案で、積極性はあまりなかったようです。

母親は、その事をとても心配して「ウィルコム沖縄」のコンテストへの出場を進めてくれました。

そして、黒島結菜さんは「沖縄美少女図鑑賞」を受賞したのです。

もし、黒島結菜さんがこのコンテストに出ていなかったら、今の活躍はなかったかもしれません。

ですが、学業と仕事の両立は想像以上に難しいものでした。「日本大学芸術学部写真学科」に進学した黒島結菜さんは、その両立に悩み芸能界を引退する事まで考えていました。

そんな時にも、母親は沖縄から駆けつけてくれて、黒島結菜さんを支えてくれたそうです。そして、何かあったら帰っておいでと励ましてくれたとの事。黒島結菜さんは、大学を中退するという選択をしました。

 

太郎
太郎

自分の進む道をはっきりと決めたのでしょう。そこには、母親からのアドバイスもあったものと思われます。

黒島結菜さんの学歴については別記事で紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

黒島結菜に兄弟姉妹はいるの?

顔に手を当てている黒島結菜

出典:クランクイン

調べたところ、黒島結菜さんに男の兄弟はいませんでした。ですが、妹が2人います。
つまり姉妹がいるようです。

2人の姉妹の名前は結花と花音

2人の姉妹の名前は結花さんと花音さんです。

なぜ2人の名前がわかるのかというと、それは妹達も注目を浴びる存在だったからです。

結花さんと花音さんは、中学・高校とバドミントン部で活躍し、その腕は大会で優勝するほどのものでした。

黒島結菜の姉妹である結花さんと花音さん

出典:沖縄ニュース番組「THENEWS」

その活躍は地元でも大きく取り上げられたらしく、その可愛らしさも話題になりました。
目元や口元は、黒島結菜さんにそっくりです。美人三姉妹として、きっと地元でも人気があった事でしょう。

 

太郎
太郎

黒島結菜さんも、学生時代はバドミントン部でした。きっと、休日には一緒にバドミントンをする事もあるのかもしれませんね。

黒島結菜の祖父母はパイナップルを作ってる?祖父はマラソン好き?

黒島結菜さんの祖父母について調べると、パイナップルという文字が出てきます。どういう事でしょう。

実は、黒島結菜さんの祖父母は、沖縄県石垣島で「石垣島しまかろいファーム」を経営しています。

そこで、パイナップルを育てています。

かろいとは、沖縄の言葉で「縁起がいい」という意味を持つそうです。そこには、パイナップルを届ける事で、皆にいい事があるようにという真心がこもっているのです。

祖父はマラソン好きでもある?

祖父の黒島進さんは、マラソンが好きで何度も完走しているそうです。

黒島結菜さんの運動神経の良さは、祖父から受け継がれたものかもしれません。
そして、2019年12月1日に行われた「NAHAマラソン」には、黒島結菜さん達と参加。3世帯でマラソンを満喫したようです。

 

太郎
太郎

黒島結菜さんがNHK朝ドラ「ちむどんどん」のヒロインに選ばれた時には、祖父母の元へもお祝いの電話が鳴り続けたそうなので、その喜びは相当なものだったと考えられます。

まとめ

「ちむどんどん」で黒島結菜さんが演じる比嘉暢子は、家族思いの女の子です。

そして、黒島結菜さんもまた、家族をこよなく愛する素敵な女性です。これからも、黒島結菜さんの側には応援してくれる家族の姿がある事でしょう。

タイトルとURLをコピーしました