となりのトトロの見どころや感想は?ネタバレの結末は?印象に残ったシーンも紹介

となりのトトロの公式画像
となりのトトロは、スタジオジブリの長編アニメーション映画です。劇場公開日は1988年4月16日です。

宮崎駿監督作品。 昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジーストーリー。田舎へ引っ越してきた草壁一家。

そのサツキ・メイ姉妹と、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物のトトロとの交流を描く物語です。

太郎
太郎

日本人なら誰もが知る名作アニメですね!

\【無料】この作品の無料配信を探す!/

太郎
太郎

以下、無料期間の最終日までに解約すれば1円もかからずに見放題出来る動画配信サービスを集めてみました。

U-NEXT31日間無料
ABEMA
2週間無料
TSUTAYA DISCAS
30日間無料
Amazonプライム30日間無料
dTV
31日間無料
ロボット
ロボット

無料期間内なら解約しても1円もかからないので気になる映画やドラマ、過去のテレビ番組も無料で見放題が出来ますよ。

映画「となりのトトロ」のあらすじ(ネタバレ含む)

  • 昭和30年代前半の5月の初夏のある日、小学生のサツキと、幼い妹のメイ、父の三人が、入院療養中の母の病院の近くであり、空気のきれいな所で暮らすため農村へ引っ越して来ます。
  • 三人は入院している母の見舞いに行き、母が早く退院していっしょに暮らせることを願います。
  • ある日、メイが家の隣の塚森の中心で、大きなクスノキの根元に開いた深い穴の入り口でドングリを見つけ、拾おうとして穴の中に転がると、穴の底にぽっかり開いた空間にずっと大きな生き物が寝ていて、メイが名前を聞くと生き物は何かつぶやくがそれがメイには”トトロ”と答えたように聞こえます。
  • トトロのお腹の上で眠ったメイは、いつの間にか塚森の中で一人で寝ているところをサツキに発見されます。
  • メイはサツキと父にもトトロを見せようとしますが、トトロがいた場所が見つかりません。
  • 梅雨の季節となった雨の夕暮れ、サツキとメイがバス停で父の帰りを待ち、辺りが暗くなると、大トトロがやって来て二人の隣に立ちます。ずぶぬれのトトロを見かねてサツキが父の傘を貸してあげると、トトロはお礼に木の実が入ったササの葉の包みを渡し、バスの姿をしたネコバスに乗って行ってしまいます。
  • 帰宅した二人は木の実を庭にまいたがなかなか芽が出ません。7月の夜中、二人が目を覚ますとトトロたちが庭を歩き回っています。
  • トトロたちが祈ると庭土から芽が出てそれがあっという間に大木へと育ちます。大トトロは不思議なコマを回すとそれに乗り、中と小トトロ、サツキとメイを抱いて空を飛びます。
  • 翌朝、二人が目覚めると大木は消えていましたが、庭には小さな芽がたくさん出ていました。二人は「夢だけど夢じゃなかった」と大喜びします。
  • やがて夏休みとなった8月のある日、カンタが電報を持って走って来ます。サツキは父と電話で連絡を取り、母が体調を崩してしまったために退院が延びたことを知ります。しかし、そのことをメイに伝えると、メイは「いやだいやだ」とだだをこね、二人は大喧嘩してしまいました。
  • だが、家に戻った直後にサツキはこらえきれずおばあちゃんの前で大泣きしてしまいます。その様子を見ていたメイは日が暮れる中、トウモロコシを抱いたまま一人でどこかへ向かい、そのまま行方不明となってしまいました。
  • 村の人々が総出で探し回るがメイは見つからず、途方にくれたサツキはワラにもすがる思いでトトロに助けを求めに塚森へ行きます。
  • 大トトロは泣き崩れるサツキを見て、泣かないでと言わんばかりに慰め、サツキを連れてクスノキのてっぺんに登り、ネコバスを呼び寄せます。サツキを乗せたネコバスは風のように走り、道に迷って泣いていたメイを無事に見つけることができました。メイは母にトウモロコシを届けようとしていたのだでした。
  • 日が暮れたころ、ネコバスが二人を病院に連れて行くと、そこには元気そうに父と話す母の姿がありました。母は生きていました。
  • その後、サツキとメイはネコバスで家まで送ってもらい、そこでカンタとおばあちゃんと合流すると、四人仲良く家路を歩きます。
  • トトロたちは今夜もクスノキの上で仲良くオカリナを吹いていました。

映画「となりのトトロ」の見どころ

映画の中に登場する不思議な生き物「トトロ」が可愛くて迫力があって見どころです。サツキやメイとトトロとの会話が心温まる物語です。

「ねこバス」が空飛ぶ乗り物で、トトロといっしょに乗って連れて行ってくれるところも面白く見どころです。

映画「となりのトトロ」の感想は?結末&ネタバレ含む

となりのトトロの公式画像

出典:https://eiga.com/movie/21235/

となりのトトロの感想は、トトロは、優しく頼れる生き物で、ふわっとしていて抱きつきたくなるような、悲しい時に側で慰めてくれる、いっしょに居れば楽しいだろうと思えて、現実に居てほしいなと思えます。
結末とネタバレになりますが、サツキはトトロのおかげで迷子になったメイを見つけることができました。母は無事で父も病院に駆けつけていました。風邪だったみたいでほっとしました。

メイは母に届けたかったトウモロコシを持って、トトロとネコバスは2人を乗せて病院に行ってくれます。心配していたおばあちゃんは元気なメイを見て涙を流します。その時、トトロは木の上でオカリナを吹いていました。しばらくして母は帰宅することができました。

結末として2人は大喜びでお母さんを出迎えることができたのです。ここでホッとして安心しました。子供向けかもしれませんが、大人が見ると、心が温かくなる名作ってのは間違いないです。

映画「となりのトトロ」の印象に残ったシーン

  • バス停でトトロが人間みたいに、バス停でサツキとメイと同じように雨の中で待ってる様子が面白く、印象に残りました。
  • ネコバスに乗ってサツキとトトロがメイを探しに行くシーンはトトロ商品のメイン画でも使用されるほど頭に残りました。

映画「となりのトトロ」の総合評価

音楽とともに、トトロが思い出され口ずさみたくなります。公開された時は、トトロが大人気となったのも納得で、こういう生き物がいれば楽しいだろうなと思えて、見る度に癒されます。

ネコバスも子供の頃の夢を叶えた乗り物で、ファンタジー溢れる作品です。ストーリーも感動出来ます。

子供が見るには100点、と言うかぜひ見せたあげたい!

大人でも子供時代に戻れるって意味で80点は取れるのでは!

映画「となりのトトロ」を見るのがおすすめな人

小さな子供から大人まで楽しめます。大人になってから見ると、子供心になって楽しめ、トトロの存在感に見入ることが出来ます。

まとめ

トトロが大きすぎて面白い印象で、メイ達と並んでる姿が不思議な生き物すぎて、感想はこういうペットがいたらいいなと思わせます。

大きくて頼れる、ネコバスで連れて行ってくれたり、子供心をくすぐり癒される映画です。夢がある映画ってこのような映画なのかもしれないですね!

タイトルとURLをコピーしました