映画「マスカレード・ホテル」見どころや感想・どこが印象に残る?ネタバレ&結末紹介

マスカレードホテルの公式画像
2019年1月18日公開の「マスカレード・ホテル」。

東野圭吾の小説「マスカレード」シリーズの第1弾「マスカレード・ホテル」を実写化したミステリー作品です。

連続殺人事件の新たな現場であるだろうとされたホテルを舞台に、エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追うお話です。

太郎
太郎

主演はドラマ、映画の『HERO』シリーズや『武士の一分(いちぶん)』などの木村拓哉さんと、そのバディ役は『世界の中心で、愛をさけぶ』などで脚光を浴びた長澤まさみさん。『HERO』シリーズでもメガホンを取った鈴木雅之さんがメガホンを取りました。

\【無料】この作品の無料配信を探す!/

太郎
太郎

以下、無料期間の最終日までに解約すれば1円もかからずに見放題出来る動画配信サービスを集めてみました。

U-NEXT31日間無料
ABEMA
2週間無料
TSUTAYA DISCAS
30日間無料
Amazonプライム30日間無料
dTV
31日間無料
ロボット
ロボット

無料期間内なら解約しても1円もかからないので気になる映画やドラマ、過去のテレビ番組も無料で見放題が出来ますよ。

映画「マスカレード・ホテル」の簡単なあらすじ

  • 現場に不可解な数字の羅列が残された殺人事件が三件発生するところから物語はスタート。
  • 警視庁捜査一課の刑事である新田浩介(木村拓哉さん)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると判断し、潜入捜査をすることに。
  • しかし、犯人の手掛かりはなかなかつかめないでいます。
  • 優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみさん)からホテル従業員としての指導を受けながら、宿泊客を疑い、新田と山岸は度々ぶつかります。
  • 一緒に仕事をしていくうちに、次第に新田と山岸はバディとして犯人を追っていく。

映画「マスカレード・ホテル」の結末は?ネタバレも含む

この先、ネタバレを含みます。
太郎
太郎

この映画の結末は、大どんでん返しの、ずばりあの人が犯人だったんだ!というところです。

片桐は最初から山岸を狙っていた?新田の機転によって事件は解決?

一度泊まりに来たときからすごく怪しい女性がいました。片桐(松たか子)という、目が不自由なことを装う女性で、なにか事あるごとに山岸を呼び出し、いろいろ注文をする片桐に新田はなにか違和感を覚え警戒していました。

最初に泊まりに来た最後に目が不自由であることは嘘で、片桐を試していた、と話しましたが、実はこれは罠でした。

二度目に泊まりに来たときに、山岸は片桐に殺されかけます。昔、片桐は山岸にホテルを追い返されたことにより、元恋人との子どもを流産してしまいました。

逆恨みとも言えるお話ですが、片桐は最初から山岸を狙っていたのです。それに気がついた新田の機転によって、片桐は捕まり、事件は解決、となりました。

映画「マスカレード・ホテル」の見どころ

映画「マスカレード・ホテル」の見どころを紹介します。

豪華なキャストが勢ぞろい!キャストを1人1人確認を!

この映画の見どころは豪華なキャストが勢ぞろいなところ。主演の木村拓哉さん、長澤まさみさんはもちろん、犯人の松たか子さん、他に菜々緒さん、前田敦子さんなど。

それぞれ客として訪れるのですが、みんな一癖二癖もある、誰が犯人でもおかしくないよう疑ってしまう展開。

太郎
太郎

離婚したくて訪れる安野、ストーカー被害に悩まされる高山なども。

映画「マスカレード・ホテル」の感想は?

マスカレードホテルの公式画像

出典:https://eiga.com/movie/87994/gallery/

映画「マスカレード・ホテル」の個人的な感想を紹介します。

最初はぶつかるし、お互いに「何だこいつ」と思っていたのが、信頼関係を築き上げていく様子がすごくいいです。

ホテルマンがこんなにも大変なお仕事であることを、教えてくれたお話であるとも思います。普段、ホテルを利用していても、ホテルマンがこんなにも影で動いていてくれているんだ、という事実を知りませんでした。

山岸みたいなホテルマンがいてくれたら、そのホテルにまた泊まりに行きたくなると思います。
そして、新田を演じる木村拓哉さんも、山岸を演じる長澤まさみさんもカッコいいです。

こんな刑事が、こんなホテルマンが、本当にいてくれたらいいのに、と個人的に思いました。

太郎
太郎

見ていると、止まらないです。惹き込まれます。あの人も怪しそうじゃない?とかそうくるか、とか。そして、新田と山岸がだんだんとバディになっていく様子も見ていてわくわくしてきますよ。

映画「マスカレード・ホテル」で印象に残ったシーンは?

二万円するバスローブを、一度目泊まりに来たときは盗んで、二度目泊まりに来たときはベッドの下に隠すという陰湿なホテルを騙す行為に驚きました。

こんな人、いるんだ……と。このときは新田のファインプレーで事なきを得ました。刑事であるからこそ、気づけた視点だったと思います。

 

太郎
太郎

これは前田敦子さんが好きな人なら思うと思いますが、ドレス姿の前田敦子さんが可愛いですよ。

映画「マスカレード・ホテル」の総合評価

総合的な評価は、星で評価をすると、4.5くらいです。

観ていて飽きない、どんどん惹き込まれていく展開がずっと続きます。

犯人の殺人の動機にも、ドラマがすごくあります。

太郎
太郎

ホテルに泊まりに来る客には全員なになにかがある。そう思って楽しめる映画です。

「マスカレード・ホテル」を見るのがおすすめな人

「マスカレード・ホテル」は映画を普段観ない人にもおすすめできる映画だと思います。

ちょっと、DVD鑑賞しようか!といったときにハズレを引きたくないと思うと思います。そんなときにこの映画はおすすめ。

映画を二時間、ちゃんと座ってみていられる。どんでん返しが好きな人、人を疑うのが好きな人、やっぱりミステリーが好きな人。おすすめです。

まとめ

主演が木村拓哉さん、長澤まさみさんということ、他のキャスト陣もとても豪華なことで、俳優さん目当てに観てみる人もいらっしゃると思います。

でも、この映画は期待を裏切らないのでは?と思います。コメディのような面白さではありませんが、ストーリーがよくできていて、これこそ「面白い」と思える映画だと思います。

次の「マスカレード・ナイト」も観てみたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました