「借りぐらしのアリエッティ」ネタバレ・結末は?見どころや感想は?評価評判など口コミ紹介

借りぐらしのアリエッティ
2010年7月17日公開のスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画「借りぐらしのアリエッティ」。

監督は本作が初監督作品となる米林宏昌が務めます。メアリー・ノートンの著書「床下の小人たち」を原作として、翻案、脚色された作品です。

太郎
太郎

人間の屋敷で物を借りながら隠れ暮らす小人の一家や、小人の少女アリエッティと人間の少年翔の交流を描きます。

映画・ドラマ・アニメ作品が!
「U-NEXT」で見れます!
\映画・ドラマ・漫画も断然!U-NEXTがお得♪/

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「借りぐらしのアリエッティ」の簡単なあらすじ

  • 14歳の小人の少女アリエッティは両親と3人、人間に見られてはいけないというルールで、郊外にある古い屋敷の床下で人間の生活品を借りながら密かに慎ましく暮らしていました。
  • 彼女が初めての借りを夜に控えたある日、人間の少年の翔が療養のため静かなこの屋敷へやって来ました。
  • その夜の借りで翔に見つかり、角砂糖も逃げる時にうっかり取り逃がしてしまいます。
  • 一度、翔の出方をみることにした父のポッドと彼女でしたが、母と大叔母から小人の話をよく聞かされていた翔は3人との接触を試みるようになります。
  • アリエッティは独断で動き、家族の安全のため、自分達小人と関わらないように頼みます。そこへイタズラ者のカラスが乱入して、この騒動で家政婦のハルは翔を怪しむようになります。
  • その夜、翔は部屋の寝室にあるドールハウスは、翔の曽祖父がこの屋敷に住んでいる小人達への贈り物として造らせた物だと知ります。
  • 一方、引越し先を探しに行っていたポッドはスピラーの助けにより無事帰り、スピラーから引越し先やアリエッティ達以外にも小人達が無事でいるとの知らせを聞きます。
  • ポッドは、生き延びるために家人に見つかったこの家から去る決意を語ります。その時彼女らの家は揺れ、歪み、見慣れたキッチンは剥がれ、換わりにドールハウスのキッチンが降って来ました。
  • 全て翔の善意によるものでしたが、結果として引越しは確定的となってしまいます。
  • 別れを告げるため、庭で休む翔の前に隠れることなく現れたアリエッティ。そんな彼女に憎まれ口を叩いてしまう翔でしたが、守りたかったがための自分の行いが結果として彼女の住居を壊してしまったことをお詫びします。さらに自分は心臓の病で手術を受ける予定で、きっと死ぬのだろうと彼女に告げます。
  • その時、翔の動向をうかがっていたハルはついに小人の住居を発見し、アリエッティの母のホミリーを捕獲すると、瓶の中に閉じ込めてしまいます。
  • 部屋に戻った翔はハルによって知らぬ間に閉じ込められてしまいますが、そこへ現れたアリエッティにホミリーがいなくなったことを告げられます。
  • 悲しむアリエッティに、翔は共にホミリーを探すことを提案します。

映画「借りぐらしのアリエッティ」の結末は?ネタバレも含む

以下、映画「借りぐらしのアリエッティ」のネタバレや結末を一部含んでいます。

部屋から脱出して台所へ来た2人は、ホミリーを救出することに成功します。
その日の夜、アリエッティと両親はスピラーとの待ち合わせ場所である川へ向かいます。明け方、飼い猫のニーヤの知らせでアリエッティが川にいることを知った翔は、川へと急ごます。

一方、ようやく川に到着したアリエッティ達は、スピラーと共に船代わりのやかんに荷物を積み始めます。

そしてアリエッティは、そこへ現れた翔に別れを告げると、引っ越し先を目指して川を下って行きました。

映画「借りぐらしのアリエッティ」の見どころ

屋敷の床下で暮らす小人のアリエッティと家族の設定が面白く見どころになります。

少年の翔にアリエッティ達の住みかを知られてしまい、引っ越しをしてしまうことになります。翔の善意でドールハウスを置こうとしますが、アリエッティの住みかが壊されてしまいます。

家政婦のハルに小人の住みかを発見され、アリエッティの母のホミリーが捕まえられて、瓶の中に閉じ込めてしまいます。

太郎
太郎

アリエッティの家族が引っ越しする夜に翔とお別れをして去って行きますよ。

映画「借りぐらしのアリエッティ」の感想は?

もし、小人がいてたらという空想が広がっていく物語です。

床下で暮らすアリエッティと家族の物語ですが、人間に見つかってしまったので引っ越しをしなければいけなくなりました。翔の善意でドールハウスを置こうとしたのに、アリエッティ達の部屋が壊されてしまいました。翔も重い病気という可哀想な設定です。

家政婦のハルに見つかってしまい、母のホミリーが捕まえられて、瓶の中に閉じ込められた時は、ハラハラしました。

太郎
太郎

無事救出できた時は安堵でいっぱいでした。最後のお別れは切なく、アリエッティ達はやかんの船で引っ越し先へと去ってしまいますが、人間と小人の関わり合うシーンが、とても面白い映画です。

映画「借りぐらしのアリエッティ」で印象に残ったシーンは?

映画「借りぐらしのアリエッティ」で印象に残ったシーンを紹介。

床下で暮らす小人の部屋

床下で暮らす小人の部屋が印象に残りました。

小さな中でも、きちんと暮らせるようになっています。家政婦のハルが怪しんで、いつ見つかるかと思いながらドキドキしながら見てしまいます。

母のホミリーが瓶に閉じ込められてしまうシーン

ついに見つかってしまい、母のホミリーが瓶に閉じ込められてしまうシーンも印象的です。

やはり、最後のお別れのシーンは切ないです。アリエッティとの最後のお別れに翔が間に合ってよかったと思いました。

映画「借りぐらしのアリエッティ」を見た人の感想や評価評判口コミは?

借りぐらしのアリエッティ

出典:https://eiga.com/movie/55169/

実際に映画「借りぐらしのアリエッティ」を見た人の感想や声、評価評判などの口コミです。

マイナス評価の口コミ

不快なキャラをそのまま不快に描いてどうすんだって言うのがあって納得した。
ジブリ作品は不快なだけのキャラって出ないイメージだから安心して見れたけど、アリエッティは心配と不安な気持ちが大きくなりすぎてもやっとしてしまうんだ。

プラス評価の口コミ

『借りぐらしのアリエッティ』リアルとファンタジーが融け合ったこの世界観が好き。「かり」は「狩り」ではなく「借り」。翔とアリエッティが心を通わせていく過程にじんわり。ジブリの中で上位に入る!また好きな作品が増えた。

まとめ

小人のアリエッティが、とても小さく可愛かったです。

もしかすると、どこかでこんな風に小人が暮らしているかも知れないと思える物語です。角砂糖が好きなのかと思ったり、人間に見つかったら引っ越さなければいけないというルールなど、小人の目線でも見れてとても可愛く面白い作品だと思います。

まだ見た事ない!って人はぜひ無料視聴やDVDレンタルなどでご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました