「ロッキー」のネタバレや結末は?見どころや感想は?評価評判など口コミも紹介!

映画「ロッキー」
公開日1977年4月16日公開の映画「ロッキー」。

当時、 無名だったシルヴェスター・スタローンを一躍有名にした「ロッキー」は、ボクシング映画の金字塔といってもいい作品です。

無名のボクサーであるロッキーがスター選手のアポロに必死に挑む姿は多くの人に感動を与えました。

 

太郎
太郎

勝利だけが全てではない。この映画は、ボクシングを通じて人生について考えさせてくれる作品です。ここでは、「ロッキー」のネタバレや結末を含めて詳しく解説します。

映画・ドラマ・アニメ作品が!
「U-NEXT」で見れます!
\映画・ドラマ・漫画も断然!U-NEXTがお得♪/

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ロッキー」の簡単なあらすじ

  • 1975年のフィラデルフィア。 落ちぶれたボクサー・ロッキーは、高利貸しの取り立てをしながら毎日をただ自堕落に過ごしていました。
  • そんなロッキーにとって、唯一の 心の拠り所はペットショップに勤めるエイドリアンの存在です。彼女に会いに行く事だけが、ロッキーの心を支えていました。 ぎこちないながらも、2人は徐々に心を通わせ愛を育んでいきました。
  • そんなある日。 ロッキーの元に思いがけない話が舞い込んできました。 それは、世界チャンピオンのアポロから対戦相手として指名されたのです。「イタリアの種 馬」 とまで言われた無名のロッ キーを選ぶ事で話題を集めようとするアポロ。
  • 実力の差から、1度は断ったロッキーですが、 アボロや関係者から説得され出場を決めます。
  • ロッキーは、一から自身を鍛え直 しアポロとの対戦に備える事にしました。そこには、もうかつての落ちぶれたボクサーの姿はありませんでした。

映画「ロッキー」の結末は? ネタバレも含む

映画「ロッキー」の結末やネタバレを含む内容を紹介します。
  • アポロとの試合当日。
    ロッキーは、愛するエイドリアンを控え室に残して会場へと向かいます。観客達の誰もがアポロの勝利を疑いません。
  • 挑発的なアポロに攻められ、 ロッ キーは為す術もありません。です が、僅かな隙をついてロッキーの強烈なパンチがアポロからダウンを奪います。
  • やがて、アポロの表情からは笑みが消え、観客達もその迫力に圧倒されるようになりました。
    会場の盛り上がりに、エイドリアンが駆けつけます。そこには、ボロボロになりながもアポロへパンチを繰り出すロッキーの姿がありました。
  • ロッキーコールが響くなか、今度はアボロが防戦一方になっていきます。試合は判定へともつれ込み、僅差でアポロが勝利をおさめました。
  • ですが、ロッキーにとって大切なものは他にありました。 ロッキーとエイドリアンは、互いの名を呼びながら近づき想いを伝え合うのでした。

結末

結末として、ロッキーは、勝利よりも大切な愛を手にしたのです。

太郎
太郎

素晴らしい結末ですよね!

映画「ロッキー」の見どころ

映画「ロッキー」の見どころを紹介します。

迫力あるボクシングシーン

映画の見どころは、なんといっても迫力あるボクシングシーンです。

まるで本物のボクサーが対戦しているかのような、緊張感と臨場感を観ている者に抱かせます。
ボクシング映画というと、大抵は主人公をかっこよく見せるものです。

ですが、「ロッキー」はそうではありませんでした。最初は、誰もが呆れるようなダラダラとした姿が描かれるのです。だからこそ次第に生き生きとするロッキーの姿が胸を打つのです。

アポロに打たれ、ボロボロになりながらも立ち上がるロッキーの姿は、生きる希望に輝いていました。勝利を諦めないロッキーは、夢は諦めなければ叶うのだと訴えているようです。

 

太郎
太郎

映画を観たというよりも、1人のボクサーの素晴ら しい試を見せてもらったような気持ちになりますよ。

映画「ロッキー」の感想は?印象に残ったセリフやシーンは?

映画「ロッキー」

出典:https://eiga.com/movie/32595/

映画「ロッキー」を見た感想や印象に残ったセリフやシーンを紹介します。

成長するロッキーの姿が感動的

ボクサーとして成長するロッキーの姿が、とても生き生きと描かれていて感動的でした。 最初は自堕落だったロッキーが、次第にボクサーとしての誇りを取り戻して輝いていく姿に胸が熱くなります。

ロッキーとエイドリアンの関係

ロッキーとエイドリアンの関係がとても素敵でした。
エイドリアンがスケートが好きと聞き、早速スケートデートをするロッキー。戦っている時とは違い、とてもチャーミングに映りました。

 

太郎
太郎

ロッキーがボクサーとして輝けたのは、エイドリアンの存在が大きかったからだと思います。

映画「ロッキー」で印象に残ったセリフやシーンは?

アポロとの対戦を控えたロッキー が、エイドリアンに対して本音を吐露するシーンが印象的でし た。

最終ラウンドが終わっても、リングの上に立っていた時にはその辺のゴロツキじゃないって証明できる。そう信じていたロッキー。そこには、今の自分から変 わりたい。抜け出したいという気持ちが溢れていました。
強いチャンピオンと戦える事よりも、人生を変える事ができるかもしれない。
試合後に、「エイドリアンッ」と叫ぶロッキー。

あの一言には、様々な考えが詰まっていたように思われます。とても感動的なシーンでした。

映画「ロッキー」を見た人の感想や評価評判などの口コミは?

映画「ロッキー」を実際に観た人は、どんな感想を持っているのでしょう。ここでは、映画「ロッキー」のロコミについて見てみましょう、

マイナス評価の感想・声

「前半が、ちょっと単調で退屈でした。 後半は盛り上がりますが、それまでが長かったです」
太郎
太郎

最初の方は、ロッキーの自堕落な生活やエイドリアンとのデートなどが描かれているので、ボクシング好きの人には物足りなさを感じたようです。

プラス評価の感想・声

「単なるスポーツ映画かと思って観たら、それだけではありませんでした。人間ドラマとしても、とても見応えがありました」

太郎
太郎

落ちぶれていたロッキーが、次第に立ち直っていく姿に心を揺さぶられた人もいました。

まとめ

ボクシング映画の代表格とも言える「ロッキー」には、ボクサー達 の葛藤や希望が詰まっています。 そして、愛する人への熱い想いを感じる事ができます。

時には、「ロッキー」を観ながら戦う男達の内面を見つめてみるのもいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました